投資信託とETF(上場投資信託)の違いとは?どちらがおすすめかも紹介

将来への備えとして、投資信託やETFを活用して資産運用をすることを検討している方も多いのではないでしょうか。投資信託とETFの違いがわかりにくく、どちらで運用すべきか悩むことも多いでしょう。

投資信託とETFは、それぞれの特徴を踏まえたうえで購入することをおすすめします。今回の記事では投資信託とETFの違いについて、詳しく紹介します。

投資信託とは

投資信託とは、投資家から集めた資金を一つの大きな資金としてまとめ、投資のプロがその資金で運用を行い、運用成果として生まれた利益を投資家に分配する金融商品のことです。

投資信託には実に多くの種類があり、運用対象も同じではありません。日経平均株価やTOPIXのような株価に連動するインデックス型の商品もあれば、特定の地域やテーマに投資するアクティブ型と呼ばれる商品もあります。

投資信託の価額は基準価額と呼ばれ、毎日変動しています。しかし、株価のようにリアルタイムで変動するわけではありません。

基準価額は1日に1回算出され、売却によって利益を出すことも可能です。また商品によっては運用で得た利益を、分配金というかたちで投資家に還元します。

投資信託のメリット

投資信託のメリットには、次のようなものがあります。

  • 少額から投資できる
  • 積立がしやすい
  • 銀行・証券会社で気軽に購入できる
  • 種類が豊富にある

投資信託のメリットの1つが、少額からでも投資できる点です。証券会社などでは100円からでも購入可能なため、気軽に購入しやすいでしょう。

銀行や証券会社では、積立型の投資信託もあります。2024年1月から始まる新NISA制度の、つみたて投資枠を活用すれば運用益を非課税にできるため、さらにお得に運用できるでしょう。

また銀行の窓口でも広く取り扱っているため、投資初心者の方でも相談しながら投資を始められます。投資信託には多くの種類がある点もメリットで、自分の投資方針やリスク許容度に見合った商品を選べます。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリットには、次のようなものがあります。

  • 手数料・信託報酬が高い
  • リアルタイムで取引できない
  • ファンドの種類が多くわかりにくい

投資信託は購入する際に購入手数料がかかり、保有している間は信託報酬という手数料がかかります。ETFも同じように手数料は必要ですが、投資信託のほうがコストは高めです。

そのため表面の利回りだけでなく、コストを踏まえた実質の利回りで比較するようにしましょう。

また投資信託は、株のようにリアルタイムでの取引はできません。基準価額は、1日1回しか算出されないためです。

種類が多く自分に合ったファンドが選べることがメリットですが、種類が多すぎてわかりにくい場合もあります。購入する際には、商品ごとの特性や手数料を理解して購入するようにしましょう。

(広告の後にも続きます)

ETF(上場投資信託)とは

ETFとは上場投資信託ともいわれる金融商品で、投資信託の1つです。Exchange Traded Fundの略で取引所(Exchange)で、取引される(Traded)、投資信託(Fund)という意味を持ちます。株式と同じように取引所に上場している投資信託、と考えればわかりやすいでしょう。

日経平均株価やTOPIXなどのベンチマークに連動するように運用されており、投資信託でいうインデックスファンドに近い運用方針といえるでしょう。連動する指数は株式だけでなく、債券やリート、コモディティ(商品)などさまざまです。投資信託と違って価格がリアルタイムで反映されるため、株のように1日に何度も売買できます。

ETFのメリット

ETFのメリットには、次のようなものがあります。

  • 投資コストが低い
  • リアルタイムで取引できる
  • 「指値注文」や「信用取引」ができる

投資信託に比べると、運用にかかるコストが低い点がETFのメリットです。信託報酬などの運用管理費用は保有期間中ずっとかかるため、利回りと同じくらい重要です。また株と同じように、リアルタイムで取引できることもメリットといえるでしょう。

常に価格が動いているため、1日のうちに利益確定することもでき、株と同じように指値注文が可能です。

指値とは、「〇円になったら買いたい」というようにあらかじめ価格を指定して注文を出す方法で、常に相場を見ておく必要がありません。同様にレバレッジをかけた信用取引も行えるため、高いリターンを狙うこともできるでしょう。

ETFのデメリット

ETFのデメリットには、次のようなものがあります。

  • 自動で再投資ができない
  • 自動積立ができない
  • 市場が混乱していると売却できない場合がある

投資信託と違い、ETFの分配金は自動で再投資ができません。分配金は再投資することで複利効果で運用益が大きくなるため、おすすめの運用手法です。投資信託は自動で再投資ができますが、ETFでは手動で行う必要があります。

新NISAのつみたて投資枠(旧つみたてNISA)にも、一部の商品では対応していません。積立で購入したい場合も、手動で行う必要があるでしょう。

またETFは株式と同じように、買いたい人と売りたい人がいて売買が成立します。そのため市場が混乱しているタイミングでは、売却しにくい可能性があります。