日本コカ・コーラ社、新社長にムラット・オズゲル氏、ホルヘ・ガルドゥニョ社長はザ コカ・コーラカンパニーのチーフカスタマー&コマーシャルオフィサーに就任

日本コカ・コーラは2月22日、4月1日付けで代表取締役社長にムラット・オズゲルが就任することを発表した。これまで社長を務めてきたホルヘ・ガルドゥニョ氏は、2月1日付でザ コカ・コーラ カンパニー チーフカスタマー&コマーシャルオフィサーに就任している。

オズゲル新社長は現在、ザ コカ・コーラ カンパニー所有のボトリングオペレーションを監督するボトリング・インベストメント・グループ(BIG)のプレジデント。独立したボトリング業務のさらなる成長機会を引き出すため、5カ国で再フランチャイズ化を率いてきたという。同氏は、ミドル・イースト工科大学で工業工学の理学士号を取得。コカ・コーラに入社以前は、プロクター&ギャンブルでいくつかの役職を務めたという。2003年にボトラーのCoca-Cola Icecekで働き始めた時からコカ・コーラ システムの一員となり、現在の拠点であるドバイから中国、中東、そして母国のトルコまで、世界各地のコカ・コーラで働いてきたとしている。

オズゲル新社長のコメントは次の通り。「新しい旅立ちの機会を大いに楽しみにしております。私は、日本と韓国の豊かな文化の織り成す風景を敬い、それぞれのユニークなダイナミズムの重要性を認識しています。キャリアを通じて、私はコラボレーションの力を強く信じ、その変革の可能性とローカルインサイトの重要性を認識してきました。尊敬、誠実さ、包括性を築くという、私たちの共有価値への確固たるコミットメントを持って、私はこの役割を全うします」。

なお、ガルドゥニョ氏は2017年7月から日本コカ・コーラの社長に就任。6年9か月ぶりの交代となる。