■I.米国株式市場

(広告の後にも続きます)

●1.NYダウの推移

 1)2/19、祝日「プレジデント・デー」で休場

【前回は】相場展望2月19日号 米国株: エヌビディアの決算発表2/21に注目、相場の流れに転機か 日本株: 史上最高値に接近しただけに、米エヌビディア決算次第

 2)2/20、NYダウ▲64ドル安、38,563ドル(日経新聞より抜粋
  ・NYダウは続落、主要株価指数が高値圏にあるなか、主力株に利益確定売りが出た。半面、市場予想を上回る決算を発表した小売のウォルマートが上昇し、NYダウ下支えした。

  ・NYダウは先週末に下げたものの、最高値近辺でも動きが続いた。米連邦準備理事会(FRB)による早期利下げ観測が後退し、買いの勢いは鈍かった。2/21には半導体のエヌビディアが決算を発表する。当面の投資家心理を大きく左右する可能性があるとして様子見の投資家も多かった。

  ・エヌビディアはNYダウの構成銘柄ではないが、▲4%下げて米株相場の重荷となった。株価は好決算への期待から前週末時点で前年末比+5割弱上昇していた。市場では「過去には期待が大きすぎて決算発表後に材料出尽くしの売りが出たこともあった」として先行きに慎重な見方があった。

  ・一方、個別に好材料の出た銘柄への買いは相場を支えた。ウォルマートは2023年11月~2024年1月期決算が市場予想を上回り、株価は+3%上昇した。米政府による大型補助金への期待が広がった半導体のインテルも上げた。

  ・アナリストが投資判断を引下げた建機のキャタピラーが下落した。IT(情報技術)のIBMと映画・娯楽のディズニーも下げた。飲料のコカ・コーラやドラッグストアのウォルグリーンズは上昇した。

  ・ハイテク株比率が高いナスダック総合指数は続落した。電気自動車のテスラやネット通販のアマゾンが下落した。

 3)2/21、NYダウ+48ドル高、38,612ドル(日経新聞より抜粋
  ・NYダウは3営業日ぶりに反発した。主力株を中心に売りが出て安く推移する時間が長かったが、取引終了にかけて上昇に転じた。この数日の下げを好機と見た買いが次第に優勢となった。

  ・米経済の軟着陸(ソフトランディング)や米企業の業績改善を期待する見方は根強い。最近の株式相場の調整が押し目と見た買いにつながった。

  ・人工知能(AI)用の半導体で注目を集めるエヌビディアは下げて終わった。しかし、取引終了後に発表した2023年11月~2024年1月期決算が市場予想を上回る内容だったため、株価は時間外取引で約+1割急伸した。

  ・朝方は持ち高調整の売りが先行した。午後に公表された1/30~31開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨で、米連邦準備理事会(FRB)が早期に利下げに慎重な姿勢を示したとの受け止から、NYダウは一時▲220ドルあまり下げる場面があった。

  ・FOMCの議事要旨では、ほとんどの参加者が政策スタンスの緩和を急ぎ過ぎだとリスクに言及した。インフレ率が+2%まで持続的に低下しているかを判断する上で、今後発表のデータを注意深く見極める重要性を強調していた。

  ・市場では、「FRBが利下げに慎重になっていることが再認識され、株式相場の重荷となった」との見方があった。

  ・NYダウの構成銘柄ではないが、取引終了後に決算を発表する半導体のエヌビディアが▲3%安で終えた。決算の内容次第では目先の材料が出尽くしたとみる売りが出るとの警戒があった。他の半導体やハイテク株にも買いを控える雰囲気が広がり、NYダウ構成銘柄では半導体のインテルが下げた。

  ・個別銘柄では、スポーツ用品のナイキと化学のダウが上げた。建機のキャタピラーも買われた。半面、NYダウの構成銘柄から除外が決まったドラッグストアのウォルグリーンズが下げた。映画・娯楽のディズニーも安かった。

  ・ハイテク株比率が高いナスダック総合指数は3日続落した。半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)などが下げた。一方、NYダウへの採用が決まったネット通販のアマゾンは買われた。