池田大作の死は、創価学会にとっていかなる意味をもつことになるのか。師弟関係の重要性を強調してきた学会が突入する「師なき時代」

「師弟不二」とは聞き慣れない言葉だが、創価学会員ならば誰もが知る言葉だという。師匠と弟子が同じ思いで信仰に励む姿を表しており、創価学会の師弟関係の重要さを説いている。だが、組織の中であまりにも偉大になり過ぎ、一番弟子がいなかった池田大作亡き後、学会では同じ役割をこなせる人物がいないという。学会が迎えている危機を『完全版 創価学会』より一部抜粋し、紹介する。

#1
#2


想定されなかった後継者


では、池田大作の死は、創価学会にとっていかなる意味をもつことになるのだろうか。

それは、組織を実際に率いている実務的なリーダーの喪失ではない。したがって、組織の運営が即座に立ち行かなくなったり、支障を来たすということはないであろう。布教活動に直接の影響が出ることもない。

後継者争いが起こることも考えにくい。名誉会長という職は池田のために作られたもので、一代限りである可能性が高い。今後、他の人間が受け継ぐとは思えない。「池田大作先生」という呼び方も同じで、今後、創価学会に新しい「先生」が生まれる可能性はほとんどない。

国際組織であるSGIでは、最期まで会長の地位に留まったものの、国内の創価学会の組織とは異なり、会長が実際的な役割を果たしていなかったので、ここでも後継者争いは起こり得ない。

SGI会長については、長男の博正が継ぐ可能性も考えられるが、博正にカリスマ性はほとんどなく、海外の会員たちが、新しい会長を崇拝の対象にすることはないだろう。

後継者争いが起こらないということは、池田に後継者がいないという意味でもある。そこには学会の構造的な問題が関係している。

創価学会では、何よりも師弟の関係が重視されてきた。「師弟不二」という特有の表現で、師と弟子とが分かち難く結びついていることが強調されてきた。ここで言う師とは、戸田城聖にとっての牧口常三郎であり、池田大作にとっての戸田である。

会則にも、創価学会の信仰は、師から弟子へという形で、初代の牧口から戸田、そして池田へと三代の会長に受け継がれてきたと明記されている。

池田が三代会長の座を退いたとき、四代会長になったのは北条浩で、北条の急逝の後には、秋谷栄之助が四半世紀のあいだ会長を務めた。そして、2006年には六代目となる原田稔に受け継がれている。

だが、四代目以降の会長は、三代目までとは根本的に性格が違う。北条から後の会長は、実務を総括することを役割としており、宗教的な指導者というわけではない。宗教的な面は、名誉会長としての池田が担ってきたからである。北条以降の会長は先生と呼ばれることはない。

そもそも、会則で牧口から池田までの師弟不二の精神が強調されているように、池田の後にカリスマ的な指導者があらわれることを、創価学会は想定していない。





天皇家なら、天皇という地位は血筋で継承されていく。だが、創価学会では、継承は師弟関係を通してなされるものの、池田には、後を託せるだけの一番弟子がいない。そこが、牧口や戸田と池田の異なる点である。博正が後継者になれない理由のひとつは、彼にとって池田は父親であり、師ではないからである。

伝統芸能の家では、実の親が師になることはある。だが、博正は一度も池田のことを自分の師とは呼んでいない。池田の死を伝えるビデオメッセージでは、最初池田のことを「池田先生」と呼んだが、後の部分では「父」と呼んでいた。

池田の生前、父親の代わりに海外に出向き、授賞式に出席したり、スピーチをすることもあったが、それはあくまで代理としてで、彼は「名代」にすぎないのだ。


(広告の後にも続きます)

消え行くバブル


師弟関係の重要性を強調してきた創価学会は、池田亡き後、師なき時代に突入する。組織としては、今度は個々の会員が師となり、新たに弟子を育てていくべきだというキャンペーンをはるかもしれないが、それが功を奏するとは思えない。創価学会における師とは、卓越した指導力を発揮するカリスマ的な存在であり、誰もがなれるものではないからである。

しかも、創価学会では霊の観念が希薄である。霊の祟りという観念もなければ、先祖の霊を信仰の対象とすることもない。その点で、霊となった池田が会員たちを見守り、霊界から指導しているといった体制を作ることも難しい。

生前にすでに組織をあげて池田の神格化を推し進めてきたことが、学会の存続にとっては、かえってあだになる可能性もある。池田の存在が実像を離れてはるかに肥大化されていっただけに、その不在は取り返しのつかない事態を生むかもしれない。

そして、神格化が実は虚像化であり、相当に水増しされたものであることが明らかになれば、池田に対する会員たちの関心自体失せていく。すでにその兆候は、生前にあらわれていた。

『新・人間革命』など池田の晩年の著作は、会員の数に見合った部数が売れなくなっていた。『人間革命』に比較して、その内容が単調で物語性に欠けているせいもあるが、すでに池田の著作ならなんでも買うという会員は少なくなっていた。夫人の『香峯子抄』はミリオンセラーになったが、晩年の池田の著作がミリオンセラーになることはなかった。

戸田が偉大な指導者として崇められてきたのは、池田の小説『人間革命』があってのことである。池田が戸田を師として崇めることで、戸田の地位は高まった。もしそれがなければ、戸田は、最終的には必ずしも成功を得られなかった実業家であり、酒を飲まなければ演説もできない気弱な指導者にすぎなかったともいえる。

池田の死後も、精一杯神格化されたその評価を維持するためには、池田を評価し続ける人間が必要である。それができるのは、池田から全幅の信頼を寄せられた一番弟子以外にはあり得ない。その一番弟子が存在しない以上、池田への評価は徐々に下がっていかざるを得ない。

池田の死後、創価学会の会員は、そして創価学会の組織は、池田の存在がいかに大きなものであったのかを改めて認識することになるだろう。





だが、そのときには風船のようにふくらんだ池田の偉大さは、すでに消えかかっている。池田という存在は、実はバブルだったのではないか。創価学会の組織が虚像化によって懸命にふくらまし、池田自身がそれを演じることで保たれてきたバブルは、その死を境に、消滅しようとしているのである。

写真/shutterstock


#1 カリスマ池田大作の栄光と挫折
#2 池田大作が演じ続けた虚像