AirTagの半額以下!Anker Eufyは「iPhoneを探す」で使えるのか検証してみた!

財布や鍵などをよく失くす人は、Apple「AirTag(エアタグ)」がオススメ。これは“紛失防止タグ”などと呼ばれるもので、置き忘れや紛失時に現在地を確認できるお役立ちグッズです。しかし、価格は1個約5,000円するので手軽に購入できません。そこで筆者が目を付けたのがAnkerの「Eufy(ユーフィ)」です。こちらはiPhoneを探すに対応しながらAirTagの半額! そこで今回は、実際に筆者がAnker Eufyを購入してiPhoneで使ってみました。これでもうAirTagはいらないかも……。

Anker EufyならiPhoneを探す対応なのに半額で買える!

AppleのAirTagは“紛失防止タグ”あるいは“スマートトラッカー”などとも呼ばれる小型デバイスです。

あらかじめ、AirTagを自分のiPhoneを探すアプリでペアリングしておき、自分の財布やバッグなどに入れたり、鍵やスマホにつないでおきます。

すると、アナタがAirTagから10m以上離れたときにiPhoneに通知が届くほか、Bluetoothが途切れると、iPhoneを探すアプリから現在地を確認することができるのです。

●Apple「AirTag」は→こちら(Amazon)



AppleのAirTagは、大切なものを失くさないようにするための便利グッズです。しかし、価格は1個5,000円近くするので手軽に買えるわけではありません(筆者撮影)

このように便利なAirTagですが、Apple公式サイトの価格は4,980円、Amazonでも4,779円ほどします(24年2月現在)。これでは、なかなか手軽に購入できませんよね。

そこで今回は、AirTagと同じような機能を持つ紛失防止トラッカー「Anker Eufy Security SmartTrack Link」(以下Anker Eufy)を紹介します。

Anker Eufy(ユーフィ)はAndroidスマホはもちろんiPhoneでも利用可能で「iPhoneを探す」機能に対応しているのが大きなポイント。

本体サイズは約37×37×6mmで重さは約10gと小型軽量。AirTagより一回り大きい感じがしますが、キーホルダー用の穴が開いているので、こちらのほうが使いやすいかもしれません。

●Anker「Anker Eufy (ユーフィ) Security SmartTrack Link(紛失防止トラッカー)」は→こちら(Amazon)



こちらがAmazonで購入したAnker Eufyです。iPhoneでも利用可能で価格は2,392年とAirTagの半額以下で買えます(筆者撮影)



Anker Eufyは、AirTagより一回り大きいのですが、薄型で軽く、キーホールダー用のホールも用意されているので、意外と使いやすいでしょう(筆者撮影)

しかも、Anker Eufyは2,392円(24年2月現在)と、AirTagの半額ほどで購入できるのです。

ちなみに、Ankerといえば、高品質なモバイルバッテリーやACアダプタ、USBケーブルなどを販売するメーカーとして有名です。

Amazonでありがちな怪しい中華製品ではありませんので、きっとEufyも問題なく機能するでしょう。

というわけで、このあと実際にAnker Eufyの設定方法やiPhoneと連携して使う方法をじっくり紹介します。

【目次】

1.公式アプリ「eufy Security」のアカウントに登録する方法

2.公式アプリ「eufy Security」でAnker Eufyをペアリングする方法

3.公式アプリ「eufy Security」でAnker Eufyを使う方法

4.iPhoneを探す機能でAnker Eufyを使う方法

5.まとめ

(広告の後にも続きます)

公式アプリ「eufy Security」のアカウントに登録する方法

それではAnker Eufyを実際に使ってみましょう。最初に公式アプリを利用した使用方法を紹介します。

Anker Eufyを使うには、まず専用アプリの「eufy Security」をApp Storeからダウンロードしましょう。

アプリを起動したら、初回はメールアドレスとパスワードでアカウント登録。次に、メールに届いた認証コードを入力して送信すればOKです。

再度、eufy Securityを起動したら、ログイン画面で登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインすればアプリの準備は完了です。

●eufy Security(iPhone)は→こちら

●eufy Security(Android)は→こちら

eufy Securityのアカウントを登録する手順



まず、eufy Securityを起動したら、初回は「アカウント登録」をタップ(左写真)。次に検索欄で「JAPAN」と入力して国名を指定します(右写真)



「Japan(+81)」と表示されたら「確認」を押しましょう(左写真)。メールアドレスとパスワードを入力後、プライベートポリシーに同意して「アカウント登録」をタップします(右写真)



メールで認証コードが届いたら、それを入力して「送信」を押しましょう(左写真)。これで登録が完了したので、eufy Securityでログインします(右写真)



接続等の許可やプライベートポリシーなどに同意しましょう(左写真)。なお、iPhoneではFace IDでのログインも利用可能ですので、設定しておくと便利ですよ(右写真)