「70歳定年義務化」を見据えたいま、ミドルシニア世代の意識とは?【ニュースまとめ】

2021年(令和3年)4月に施行された「改正高年齢者雇用安定法」により、“70歳まで就業機会を確保する”との努力義務が企業に課されるようになった。「人生100年時代」という考えが広がり、65歳以上の就労者は増え続けている。また、本人が希望すれば「70歳定年」も実現することが可能であるなど、社会におけるシニア世代の受け皿が徐々に整えられている中で、企業のシニア活用は今後どうなっていくのだろうか? 本記事では、HRプロで取り上げたニュースをピックアップして紹介する。

「70代以降も働きたい」と考えるミドルシニアの割合は?

株式会社リクルートマネジメントソリューションズは2023年12月、「一般社員の会社・職場・仕事に関する意識調査」の中から、「70代以降に働くこと」についての結果を発表した。調査期間は2023年7月14日~16日で、回答者はミドルシニア世代の40~59歳の一般社員、主任・係長クラスの正社員(3,708名)となる。

調査結果によると、「何歳まで働きたいか?」と尋ねたところ、「70歳以上」と答えたのは全体の14.2%だった。最多となったのは「60~69歳」(49.4%)で約半数と、「70代以降も働きたい」と考えるビジネスパーソンはまだまだそれほど多くないという実態が伺えた。

●ニュースを読む:70代以降も働きたい人は“14.2%”。「モチベーション・リソース」がシニア世代の労働意欲に】

(広告の後にも続きます)

<65歳までの雇用義務化スタート>シニア世代のキャリアプラン/ライフプラン意識とは

次に、株式会社シーオーメディカルが50歳~65歳のシニア世代を対象に実施した、「仕事の意識に関するアンケート」の結果を紹介する。同社が「50歳以降の仕事に求めていること」を聞いたところ、1位は「やりがいが感じられる仕事」(45%)、2位は「プライベートな時間が確保できる仕事」(44%)、3位は「自分のスキルを活かせる仕事」(30%)となった。一方で、「給与の額」は26%と4位に留まった。

同調査では、他にも「50歳以降のシニア世代のうち約6割が『仕事のモチベーションの低下』を実感している」との結果も出ており、若手に限らずシニアも働く上での「やりがい」を重視しているとわかる。

●ニュースを読む:シニア社員の約6割が「仕事のモチベーション低下」を実感。一方、“副業”や“越境学習”への意欲を持つ人も