iPhoneの画面左上に突然表示される青い矢印(紙飛行機)マークって何?消す方法はある?

iPhoneを使っていると、突然、画面左上に青い矢印(紙飛行機)マークが表示されることがありますよね。実はこれ、位置情報(GPS)サービスがオンになっているときに出現します。マップや天気予報アプリを使用するときなら当然なのですが、知らないアプリで勝手に使われていると、自分の位置情報が他人に特定されてしまわないか心配になりますよね。そこで今回は、この青い矢印を消す方法を紹介しましょう。

青い矢印マークって何? どうして表示されるの?

iPhoneでは、iOS 15から位置情報(GPS)サービスが起動されたとき、画面上部に青い矢印(紙飛行機)マークが表示されるようになりました。

マップや天気予報などのアプリでは、この位置情報サービスを使うことで、より高度な機能が使えますが、なかには関係ないアプリが勝手に位置情報を取得している場合もあります。

これでは、他人が自分の現在地を知ることができるので、少々不安になりますよね。そのようなときは、いったいどうすればいいのでしょうか?



iPhoneのアプリが位置情報(GPS)サービスを使い始めると、画面左上に青い矢印(紙飛行機)マークが表示されます。これを表示させない方法はあるのでしょうか?

(広告の後にも続きます)

青い矢印(紙飛行機)マークを表示させない方法

そもそも、青い矢印(紙飛行機)マークは、アプリが起動されたことを知らせるものなので、少し時間が経つと自動的に消えるようになっています。

もし、時間が経っても消えない場合は、位置情報を使用しているアプリを個別に終了することで表示されなくなるのです。

今後も矢印マークを表示させたくない場合は、個別にアプリの位置情報サービスをオフ(許可しない)にしましょう。

アプリの位置情報をオフにするには、iPhoneの設定から「プライバシーとセキュリティ」→「位置情報サービス」画面を開き、各アプリの位置情報サービスをオフにすればOKです。

青い矢印を表示させなくする手順



まず、iPhoneの設定から「プライバシーとセキュリティ」を開きます(左写真)。次に「位置情報サービス」をタップしましょう(右写真)



アプリの一覧から位置情報が「使用中のみ」または「常に」になっているアプリを選択します(左写真)。許可の項目で「しない」にチェックを入れればOKです(右写真)