アップル「WWDC23」は日本時間6/6スタート。「今年後半登場のエキサイティングなアップデート」など初披露

アップルは、開発者向け会議「WWDC23」を現地時間の6月5日(日本時間:6月6日)より開催する。

今回のWWDCでは特にキャッチコピーが用意されておらず、ティザーにはプログラミング言語Swiftのロゴらしきシルエットのみが確認できる。

日本時間の6月6日午前2時よりスタートする基調講演では「今年後半にAppleプラットフォームに登場するエキサイティングなアップデートの初披露」などが行われるという。

WWDCでは例年、その年のアップル製品に搭載される次期iOSやiPadOSなどが発表される。今回はiOS 17/iPadOS 17/macOS 14/watchOS 10/tvOS 17などの発表に期待が集まる。またハードの発表が行われたこともあり、新型Macbook AirやAR/VRヘッドセットが登場するのではという噂もある。

本公演はApple Developerアプリケーション、Apple TVアプリケーション、YouTubeで視聴可能で、終了後にはオンデマンド再生も行われる。

WWDC23は日本時間の6月10日までオンラインで実施。基調講演のほかにもAppleプラットフォーム全体にわたる新しいツール、テクノロジー、進化についてより深く掘り下げられる「Platforms State of the Union」など、アプリ開発者に向けた様々なイベントが開催される予定だ。