ファーウェイ、腰や足に装着するランニング向け小型計測センサー「S-TAG」

ファーウェイは、同社初の小型計測センサー「HUAWEI S-TAG」を6月14日より発売。予約受付を本日5月24日より開始する。価格はオープンだが、税込9,680円前後での実売が予想される。

「HUAWEI S-TAG」は、ディスプレイのない丸型デザインの小型計測センサー。シューズもしくは腰に装着して、本機とHUAWEIヘルスケアアプリをペアリングすることで、ランニングデータなどを詳細に計測することができる。

また、ランニング専用モデル「HUAWEI WATCH GT Runner」をはじめとする、同社スマートウォッチと組み合わせにも対応。ランニング時の手・足・胴体からより多角的なモニタリングが可能となり、13項目のランニングフォーム指標などを取得することができる。

加えて、ランニング能力の向上をサポートするシステム「HUAWEI TruSport」を併用することで、よりスマートなランニング計画やフォーム分析を提供するという。

ランニング以外にもサイクリングに使用も可能。加速度、ジャイロ、地磁気の9軸センサーから様々な路面状況をリアルタイムでモニタリングできるほか、シューズに装着することで「ケイデンス(rpm 毎分の回転数)」測定もサポートする。

S-TAG本体は約7.5gの小型・軽量デザインを採用し、IP68規格の防水・防塵性能にも準拠する。連続使用時間はランニング時で最大30日、サイクリング時で最大36時間。専用の装着クリップには、それぞれ足部用と腰部用の2種を同梱する。