「ギネスビール」期間限定ストア 渋谷パルコ「ComMunE」にオープン、“チルピクニック”テーマに「これからの新しいChillな空間」提案

ディアジオ ジャパンは5月12日から24日まで、「ギネスビールと楽しむこれからの新しいChillな空間」を提案する期間限定ストアを、渋谷パルコ「ComMunE」にオープンしている。

5月11日には内覧会を開催。同空間をプロデュースした嶌村吉祥丸氏と西山萌氏が説明した。

期間限定ストアは2023年3月に始動したプロジェクト「ギネスラボ」の一環。音楽やアート、ファッションなどさまざまなジャンルで活躍する人気クリエイターとコラボレーションし、オリジナル作品を制作することで、ギネスビールと楽しむ新しいChillな空間を創作した。


「ギネスビール」期間限定ストアイメージ

ディアジオ ジャパンは「近年は、特徴やこだわりあるビールが、本質的に価値あるものを楽しみたいという若年層の支持を得ている。若い世代にギネスを楽しんでもらうため、これからの新しい飲みの空間を提案する試み」という。

嶌村氏は、「チルピクニックをテーマに、目的なしに時間を過ごせる場所を創った。クリエイターに協力を仰ぎ、バランスの良い空間ができたと思う。身近な仲間や家族と、自分だけの豊かな時間を見つけてほしい」と説明。西山氏は「空間デザイン含め7名のクリエイターが、チルピクニックをテーマに、ギネスビールらしい空間を考えた。ギネスビールは待つことも要素のひとつ。待つ時間は決して無駄ではなく、自分の意識に気づく時間にしてほしい」と話した。

オリジナル作品は、パルコの公式サイト「ONLINE PARCO」で5月17日から販売。会場ではギネスビール(600円)のほか、大人のピクニックを楽しめるサンドイッチやサブメニューをバスケットに入れて提供する。

〈酒類飲料日報2023年5月15日付〉