2月6日(現地時間)に、Blueskyという分散型SNSが招待制を廃止すると発表されました。

これにより、Blueskyは世界中のすべての人が参加できるようになりました。

Blueskyは、旧TwitterであるXに匹敵する大規模なSNSに成長する可能性があります。

今回の「家電小ネタ帳」ではBlueskyについて解説し、その特徴や登録方法について説明します。

Blueskyは、Xの共同創業者であるジャック・ドーシー氏らが立ち上げた新しいSNSで、文字による交流が主体です。

既に300万人以上のユーザーが利用しています。Blueskyは、Xとは異なり、1つの団体が管理するのではなく、多数の個人やグループが運営する分散型SNSです。

これにより、ユーザーはXと同じような体験をしながらも、よりオープンで透明性のあるネットワークでコミュニケーションを取ることができると期待されています。

機能としては、Xと同様に、文字や画像の投稿を通じて世界中のユーザーと交流することができます。

記事本編ではBlueskyの登録方法を画像付きで解説しています。

興味のある方はぜひ「家電小ネタ帳」を御覧ください。