静岡・伊東市の大室山で春の風物詩「山焼き」を開催

 静岡県伊東市は2月11日に、大室山において「第45回 大室山 山焼大会」を開催する。

●700年余りの歴史を持つ伝統行事



 大室山は、お椀をふせたようなシルエットが特徴的な伊東市のシンボルであり、噴火口を散策する「お鉢巡り」では、富士山・伊豆七島・相模灘などの素晴らしい眺望を楽しめる。

 大室山の山焼大会は、山の保全を目的として始められた行事であり、700年あまりの歴史を経て現在では伊東の春の風物詩として定着している。点火後は、山麓から標高580mの山頂まで真っ赤な炎が駆け上がり、桜の里からは山肌を真っ黒に焼き尽くす景色を見ることができる。

 当日は、9時15分からお鉢焼きが始まり、その様子は山頂にて見学可能ながら、安全確保のために人員制限(今回は600名限定)と遊歩道の規制が行われる。正午には全山焼きが始まり、一般の人も松明で山に火をつけることができる(先着順、有料)。また、10時40分からは式典・神事が行われる。

 当日の7時から整理券の配布・販売を予定しており、1家族2本まで、計70本限定の販売となる。1本あたりの価格は1000円。

 なお、開催の可否は当日の6時30分までに決定され、延期となった場合は2月18日が代替の開催日となる。