アクロニス、能登半島地震被災地に復旧用無償ライセンスを提供

 アクロニス・ジャパンは、能登半島地震による被災者や被災地の早期復旧を支援するため、法人向けOSデプロイメント/ディスクイメージング/キッティングツール「Acronis Snap Deploy」のデプロイメントライセンス無償提供プログラムを開始した。

●申請期限は2024年末まで



 Acronis Snap Deployは、数百台のサーバーやPCを同時にプロビジョニング、高速デプロイし、作業時間と負担を軽減する企業向け製品。デプロイメントライセンスは、任意のコンピュータに対して1回のデプロイを行うことができる。例えば、100台のコンピュータにシステムを1回デプロイするには、100デプロイメントライセンスが必要。また、ライセンス発行日から1年間の保守サービス付きライセンスとなる。

 無償提供プログラムの対象は、新潟県、富山県、石川県、福井県のいずれかに所在する企業、自治体などとなる。提供されるライセンスの使用は、能登半島地震の復旧目的に限定されている。申請期限は2024年末までとなっている。