ロイホ、「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキが品薄状態に ロイホは「皆さまの思いを受け止める」とコメント

 先日、チェーン店のメニューを一流料理人がジャッジしていくTBSの人気番組「ジョブチューン」で「不合格」となった、ロイヤルホスト(以下、ロイホ)のパンケーキが売り切れになっていると話題です。編集部では、実際の状況についてロイホに尋ねました。

 番組で審査員を務めたシェフ7人のうち、6人が不合格判定を下すと、Twitterではロイホファンの不満が爆発。味を変えないでほしいと願う声から、番組の打ち切りを求める厳しい声まで、多くの批判的な意見が投稿されていました。

番組の告知ツイート

 番組の放送後、ロイホでは渦中のパンケーキが品薄となる事態に。注文殺到は番組の影響とみられ、Twitterでも売り切れを報告するツイートが多く見られます。

 番組での評価とは裏腹の展開ですが、実際の状況はどうなのか? 編集部は、ロイホに取材しました。

 

―― 現在は品薄状態なのでしょうか?

ロイホ:一部店舗におきまして一時的に品薄状態(売り切れ)となったことは事実でございます。

―― 品薄解消の予定はどうなっていますか?

ロイホ:一時的に出数予測を上回るご注文状況となった店舗がございましたが、現在は店舗ごとに原材料の仕入れ数を調整し、販売体制を整えております。

―― 番組後の反響について、コメントがありましたらお願いします。

ロイホ:少し当惑していますが、皆さまのロイヤルホストの伝統や味に対する想いのようなものを受け止めて、これからも美味しい料理とホスピタリティのあるサービスを提供してまいりたいと考えています。

 また、パンケーキを求めてご来店をいただきました多くのお客様への感謝とともに、お召し上がりいただけなかったお客様には誠に申し訳なく感じております。

 

 ロイホのパンケーキを擁護したい場合は、行き過ぎた誹謗中傷や審査員の店舗への荒らし行為ではなく、パンケーキの購入やレビューを通じて気持ちを伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

番組の告知ツイート