子どもを叱って最後に「わかった?」と聞いたら意味不明過ぎる返答だった話に爆笑 「うちもこんな感じ」

 子どもの行動はいつでも予想できないもの。そんな子育てにまつわるツイートを、イラストと共にご紹介する企画「育児あるある」。今回は岩橋真平(@i_sp)さんが子どもを叱ったときに返ってきた言葉です。

何だその言葉は……?

息子(3)をしっかりめに怒る機会があり、しっかりめに怒った後に「こうこうこういう理由でこういう事をしてはいけないよ。分かった?」と聞くと涙を目に浮かべながらこちらをまっすぐ見て、小さい声で「パイナポー」と言った

(岩橋真平さんのツイートより)

 ある日、3歳の息子さんをしっかりと叱った岩橋さん。その後、叱った理由について説明します。その厳しさに涙を浮かる息子さん。かわいそうですが、厳しさも時には必要ですね。

 そして最後に石橋さんは、「分かった?」と叱られた理由が理解できたか問いただしました。すると子どもはこちらを真っすぐ見て、小さい声でこう言ったのです。「パイナポー」。なんて???

 ツイートを見た人からは「緊迫した空気を緩ませたいって思ってしまったですね」「ありますよね」といった息子さんをフォローするツイートに加え、「昼食中にお説教してわかったか聞いたら、『かつどん…!!』と力強く言った娘(当時2歳)もいます」などと、同じように何とも不思議な反応をしたお子さんの話も出ていました。子どもを叱るのも大変ですね……。

ネットの反応