昨年末、GⅠレース6連勝を誇り最強馬とも言われたイクイノックスの引退に驚かれた競馬ファンも多いでしょう。毎年たくさんのドラマを見せてくれる競馬も必ず「引退」します。そんな引退した馬がどうなるかご存知でしょうか?

 

『ボス猫メトとメイショウドトウ』(佐々木祥恵・著/辰巳出版・刊)は、引退馬が穏やかに余生を過ごせる北海道の牧場ノーザンレイクでの日々が記録されたフォトブック。この牧場のスタッフ、そして競馬ライターとしても活躍されている佐々木祥恵さんの文章が沁みます……。今回は、かわいい写真にほっこりしながら引退馬についてもじっくり考えたくなる『ボス猫メトとメイショウドトウ』をご紹介します。

 

牧場を開場した3日目に現れた、ボス猫のメト

『ボス猫メトとメイショウドトウ』の表紙から馬と猫の仲の良さが伝わってくるのですが、なんとこのメトさん、突然この牧場に現れたネコだったそう。

 

突然現れたその猫は、堂々と厩舎の廊下を闊歩して、私の目を真っ直ぐ見据えて大きな声で鳴いた。まるで仲間に入れてくれと訴えているようだった。去勢されていたので、以前は飼い猫だったのかも知れない。

(『ボス猫メトとメイショウドトウ』より引用)

 

運命的な出会いから、メトという名前がつき、馬や人間と仲良く過ごすようになったのだとか。メトはSNSでも大人気で、昨年には猫雑誌「猫びより」にも掲載されるほど! 『ボス猫メトとメイショウドトウ』の中でも、堂々とした態度が本当にかわいく、放牧地の中をお散歩したり、馬の背中に乗ったり、夜の厩舎を巡回したり、馬に猫吸いされたり(笑)、微笑ましい姿がたくさん掲載されています。

 

写真を見ていると引退馬に会いたいな〜なんて思ってくるのですが、馬はとっても臆病な性質のため、しっかりとルールを守って見学することが大切です。「競走馬のふるさと案内所」というウェブサイトにも詳しく詳細が書かれてあるので、よ〜く確認した上でお邪魔するようにしましょうね!

 

(広告の後にも続きます)

引退馬が穏やかに暮らす牧場、そして馬を看取るお仕事

たくさんの写真が掲載されている『ボス猫メトとメイショウドトウ』ですが、写真とともに佐々木さんの文章が綴られています。その中で、とっても驚いた文章がありました。

 

引退後、メイショウドトウやタッチノネガイ、アシゲチャンのように余生を送れる馬もいるが、多くは食肉用として屠畜に回る。乗馬として働けなった馬もほぼ同様の道を辿る。

(『ボス猫メトとメイショウドトウ』より引用)

 

牧場で穏やかな日々を過ごしたり、種牡馬として後世に遺伝子を残したりできる馬はほんの一部。その多くが肥育場に送られ馬肉になるのです。「え、お肉になるの!?」と私の中でいろんな感情が巡ってしまいました。

 

まだ整理ができていないくらいなのですが、まずはこの事実を知ることができてよかったと思います。良い・悪いということではなく、余生を過ごせる馬を一頭でも増やしたい、引退馬たちのことも知ってほしい、と自分なりに考える時間ができたからです。

 

ノーザンレイクにいる馬たちは、さまざまな事情からこの牧場にたどり着いています。ただし共通しているのは、この牧場で看取ってもらえるということ。レースで力を振り絞り、5〜6歳という若さで引退、種牝馬や繁殖牝馬として頑張った後、25〜30年ほどでその生涯を終える馬。同じ命あるものとして、生涯をともに過ごせる場が増えてほしい、支援していきたいと強く感じました。