「ドイツに勝ったら自転車で山口から東京まで帰ってやるよ」→1150キロの旅決定(4年ぶり2度目) 絶望の長距離走に挑む意気込みを聞いた

 FIFAワールドカップカタール2022の日本対ドイツ戦を前に、あるTwitterユーザーが「ドイツに勝ったら自転車で山口から東京まで帰ってやるよ」と宣言。その後、日本代表が劇的な勝利を収めたことで、約1150キロの長い旅が決定しました。……あれ、なんか4年前のロシア大会でも似たようなことがあったような……?

 既視感があるのはもっともなことで、発言の主は4年前に「日本代表が勝ったら自転車で東京から山口行ってやるよ」と宣言したるい(14世)さん(@B747_300SR)。当時格上のコロンビアには勝てないだろうと悲観的になっての発言でしたが、日本代表は下馬評を覆し2-1で勝利。るいさんは公約通り、本当に壮絶な旅へ挑むはめになり、数々の苦難を乗り越えて東京-山口間を踏破しました。

 そして時は流れ、カタール大会が到来し、日本代表は11月23日の初戦で強豪ドイツと当たります。るいさんはまたもや「流石にあの頃のコロンビアと違って今のドイツは強いので本当に勝てるわけない」と、4年前の出来事を脳裏にちらつかせながらも、諦め気味なツイートを投稿していました。

 その流れでつい投稿してしまったのが、くだんの「山口から東京へ帰ってやるよ」宣言。その結果は試合当日の大盛り上がりで皆さんご存じの通り、日本代表が2-1でドイツに逆転勝利。その瞬間、るいさんは「う、う、うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああ、嘘だあああああああああああああああああ、まま、またあれをやらないといけないの」と、またもや1150キロを走らねばならなくなった己の運命に絶望するのでした。今度は復路です。

 宣言のツイートは広く拡散され、「勝っちゃったよ」「おめでとうございます」「ありがとうございます! おかげで勝てました」などと話題になり、23万件以上の“いいね”を獲得。「今回もがんばってください」と多くの励ましに囲まれて、るいさんは「まじであの自転車旅のとき地獄だったから繰り返したくない……」と、軽率な発言を悔やんでいる様子です。

 編集部はるいさんに、現在の心境と旅の予定について聞きました。

―― 日本代表が勝った瞬間の心境を教えてください

るい さすがにこのドイツ相手には勝てないと思っていたので、衝撃を感じたと同時に、前回の旅の悪夢がよみがえってきて激しい絶望感に襲われました……。

―― 出発はいつごろを予定していますか

るい 学生だった前回と違ってもう社会人なので、まず時間を作らなければなりません。詳細は未定ですが、1年以内に期間を見つけて実行したいと考えております。

―― 旅への意気込みを聞かせてください

るい 前回に続いて復路を走ることとなってしまいましたが、経験を生かして何とかがんばっていきたいと思っております。必ずや完走します!

協力・画像提供:るい(14世)さん(@B747_300SR

挑戦決定までの経緯

※日本代表の勝利後

4年前の流れ(簡易版)