「もう子どもじゃないんだからイイコイイコしないで!」 怒る子が直後に最高に子どもらしいことを言い出した話がかわいい

 子育てはいつも予想外。そんな子育てにまつわる「あるある」なツイートを、イラストとともにご紹介する企画「育児あるある」。今回は子ども扱いしないでと怒る、とあるお子さんのお話です。そうはいいつつも、背中はさすってほしいらしく……?

「トントンは!?」

昨夜、寝かしつけの絵本を読み終わり電気を消して頭をなでていたら「もう子どもじゃないんだからイイコイイコしないで!」と怒られた。一抹の寂しさを覚えつつも、言う通りに手を離す。しばらくしてから「トントンは!?トントンはするでしょうが」とキレててかわいかった。トントンしたら寝た

(くたまるさんのツイートより)

 今回のツイート主、くたまる(@chapikof)さんは5歳と2歳になる姉妹を子育て中のお父さん。あるとき子どもを寝かしつけるため絵本を朗読し、電気を消して頭をなでていたところ「もう子どもじゃないんだから、イイコイイコしないで!」となでることを拒否されてしまったそうです。少し寂しさを覚えつつも言う通りに手を離したところ、今度は「(背中を)トントンは? トントンはするでしょうが!」とキレられたとのこと。言われた通りに背中をさすると、そのまま眠ってしまいました。

 この話に対しネット上では、「かわいいしかない」「ずっと怒ってて笑ってしまいました」といった声の他、「トントンあるあるね」「子育てをしていたときのあれこれを思い出して泣きそうになってしまった」といったかつて子育てをしていた人たちからの共感の声も寄せられています。

 「いつまでできるか分かりませんが、ずっと(子どもの背中を)トントンしていたいですね」とも語るくたまるさん。子ども扱いしていい時期は意外と短いのかもしれませんが、やっぱり親にとって子どもはいつまでも子ども。いまのうちにいっぱい背中をトントンしてあげてくださいね……!