4人に1人は冬でも「シャワー派」、積水ハウスの「入浴調査」

 積水ハウスは1月25日に、同社の研究機関である住生活研究所が、全国の20~60代の男女500人を対象に実施した「入浴に関する調査(2023)」の結果を発表した。同調査は23年11月10~13日の期間に行われている。

●「冬バテ」の認知度はわずか23.4%



 調査対象者に、寒暖差などによる自律神経の乱れによって冬に心身の不調を感じる「冬バテ」という言葉を知っているかを尋ねたところ、「知っている」という回答は23.4%に留まった。

 一方で、「冬バテ」にあたるような、冬における心身の不調を経験したことがあるかを尋ねた質問では、「不調を感じたことがある」という回答が71.0%に達している。

 冬における心身の不調を「経験したことがある」と答えた人に、具体的な内容を尋ねたところ(複数回答)、「肌が乾燥する」(44.5%)がもっとも多く、「身体が冷える」(37.2%)、「身体がだるい」(33.2%)、「眠気がとれない」(31.0%)、「下痢・便秘」(31.0%)が3割超でそれに続いた。また、「気持ちが晴れない」「イライラする」といった症状も、3割近くが経験している。あわせて、冬に感じた心身の不調件数をみると、7割超の人が複数の不調を抱えていた。

(広告の後にも続きます)

●身体の温め効果を実感するのは「入浴をする」



 冬の体調管理として行っていることを尋ねた質問への回答と、冬の体調管理対策の効果実感率をあわせてみると、冬の体調管理として行っていることで5位にランクインした「入浴をする(湯船につかる)」が、効果実感率73.5%となりもっとも高い。

 また、「厚着やあったかグッズ(靴下、マフラーなど)を使う」(効果実感率70.2%)、「ストーブ・ヒーターを使う」(効果実感率69.3%)といった、身体を温める対策に効果を感じている人が多い。