イベント盛りだくさん! 「はんのう Yellow Week」 初の「Luup」実証実験も

 西武鉄道とAkinaiは、飯能市後援のもと、2月23日から、まちイベント「はんのう Yellow Week~早春の飯能をめぐる10日間~」を実施する。3月2日10時~15時に同市内の西武鉄道社有地で、フードやドリンクを含む約30店舗が参加するマルシェ「はんのーとマルシェ2024」を開催する。

●将来的な移住促進を目的に



 飯能エリアへの移住促進を目的に2021年6月に開始した「はんのーと」プロジェクトの一環として、「飯能まち歩きマップの配布・スタンプラリー」「はんのーとマルシェ」「電動マイクロモビリティ『Luup』実証実験」を実施する。観光施設や複数のイベントをマップやスタンプラリー、多様なモビリティでつなぐことで、エリア全体の回遊性の向上や、まちの魅力をより知る機会をつくり、将来的な移住促進を目指す。

 電動マイクロモビリティ「Luup」実証実験は、西武鉄道を含む4社による鉄道横断型社会実装コンソーシアム「JTOS」でのluup共創の一環として、飯能市内で初めて電動マイクロモビリティ「Luup」(電動アシスト自転車・電動キックボード)のポートを設置する。実証実験の期間は2月23日~3月24日。ポートの設置場所は後日、「はんのーと」のウェブサイトで公開する。

 「はんのーとマルシェ」は、2023年3月開催時と同じ会場で開催する。アクセスは西武池袋線「飯能駅」北口から徒歩約8分、西武池袋線・JR八高線「東飯能」駅から徒歩約7分。

 散策コースを複数紹介する「飯能まち歩きマップ」は、市内と西武鉄道の各駅(一部駅を除く)などで2月中旬から配布する。「はんのう Yellow Week」スタンプラリーの対象イベントは「くるくる飯能マルシェ」「はんのーとマルシェ」「ナマステ飯能カレー祭り」「飯能あけぼの市(骨董市)」の四つ。イベント会場以外の対象スポットは「西武飯能ペペ」「メッツァ」「OH!!!」「フカダヤ(飯能銀座商店街)」の四つ。またイベント期間中、年代物の貴重なお雛様を展示する「飯能ひな飾り展」を「店蔵絹甚」ほか市内各所で開催する。

 スタンプラリーでは、2月20日から10日間のイベント期間中、各イベント会場に設置されるスタンプを「飯能まち歩きマップ」で三つ以上集めると、名栗温泉「大松閣」で利用できるクーポン券や「ムーミンバレーパーク関連グッズ3000円相当」「プラレール 西武鉄道9000系(イエロー)」などが抽選で当たる。なお、スタンプは各施設やイベント会場で500円以上購入すると獲得できる。