釣り用のライトは釣りに使うだけでなく、アウトドアや非常時でも役立つアイテムです。ですが10000ルーメンの明るさや最強のものなど性能もさまざまで種類も多いので、選ぶのに迷ってしまいますよね。今回は、釣り用ライトの選び方や人気おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

(広告の後にも続きます)

釣り用ライトは夜釣りを安全にするために必須!

釣り用のライトは、快適に夜釣りをおこなうためには必須といえるほどのアイテムです。またひとつ持っていれば釣りだけではなく、キャンプなどのアウトドアや思わぬ災害時での停電などでも活躍してくれます。

 

釣り用ライトには充電式と電池式の給電方法があり、ヘッドライト・ランタン・ネック・チェストなどの種類も豊富です。明るさが50ルーメン前後のものから10000ルーメン以上の最強なモデルまであるので、選ぶのに迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、釣り用ライトの選び方や人気おすすめ商品をショッピングサイトから厳選してご紹介します。ランキングは、種類・明るさ・防水機能などを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

釣り用ライトの選び方

釣り用ライトの種類や給電方式などの選び方をご紹介します。各ポイントを把握してぜひ購入の参考にしてください。

種類で選ぶ

釣り用ライトの種類を紹介します。ライトは形によって使用すべき状況が変わるので、それぞれの特徴をおさえて選び方の参考にしてください。

両手を自由に使いたいなら「ヘッドライト」がおすすめ

ヘッドライトは、使用中に両手が自由に使えるのがメリットです。ランタンと比較すると照射範囲はどうしても狭くなりますが、頭の向きを変えるだけで照らす場所を変更できるのも嬉しいポイントです。

 

明るさも手元の確認ができるものから、遠くまで明かりを向けられるものまでさまざまです。ヘッドライトには光源の角度を調節できるものや、手の動きだけで点灯・消灯をおこなえる便利なセンサー機能などもあります。


電池式の場合、光量の大きなものは乾電池を多く使用するので重くなり長時間の装着には向いていません。また低価格で販売されているヘッドライトは、光量も小さく足場に明かりが届かないようなものもあるため慎重に選びましょう。

しっかり安全を確保するなら「ランタン」がおすすめ

ランタンタイプは360度方向で照らせるので、しっかりと足場の安全を確保したい方におすすめです。波止場などはほかの釣り人のロッドやクーラーボックスなどが置かれており、足を取られてしまう危険も少なくありません。


広い範囲を照らすランタンがあれば常夜灯のない場所でも、転倒の危険を避けられます。ランタンは使用時に片手がふさがるので、一定の場所にとどまって行う餌でのウキ釣りなどに用いるのが最適です。場所を頻繁に変えるような夜釣りには向いていません。

手元を照らすなら「ネック・チェストライト」がおすすめ

ネックライトの大きな特徴は、その名の通り首から掛けられる手軽さがあります。首下の位置にライトがくるため、ベイエリアなど街灯が多いエリアで手元だけを照らしたいシーンで重宝します。


装着も首にぶら下げるだけですのでネックレス感覚で持ち歩けます。手元だけを照らしたい場合はネックライト、真っ暗なフィールドを歩き回るような釣りであれば周りを照らしやすいヘッドライトタイプを選びましょう。

給電方法で選ぶ

電源を確保するための方法には、電池式と充電式の2パターンがあります。それぞれのメリットを把握して選び方の参考にしてください。

連続して長く使うなら「電池式」がおすすめ

電池式は電池を交換して連続で使用できるので、連続釣行が可能になるのが大きなメリットです。充電時間も必要なくすぐに使えますが、電池交換するたびにコストがかかのがデメリットとして挙げられるので、選ぶ際は考慮しておきましょう。

コストを抑えるなら「充電式」がおすすめ

充電式のライトは、購入後に電池交換のコストがかからないのがメリットです。しかし使用後は充電時間が必要になるので連続使用ができず、充電をするためのコンセントなどの電源が必要になります。

 

またランタンの中には、災害時に備えてソーラー式や手回し充電ができるものも販売されています。電源がなくても充電できるものは、緊急なときに安心なので併せてチェックしておきましょう。

機能で選ぶ

釣り用のライトには便利な機能が備わった商品も多くあります。欲しいと思う機能をチェックして選び方の参考にしてください。

魚を逃げにくくするなら「明るさ調節機能」がおすすめ

釣り用ライトの多くは強・弱・点滅などの点灯パターンがあり、明るさを調節できます。強い光はほかの釣り人の迷惑になったり魚が逃げてしまったりする原因にもなるため、明るさが調節できるものを選びましょう。

 

点灯パターンが多いものが良いように思いがちですが、スイッチを押す回数が増えるので使い勝手が悪くなるのでよく考えて選びましょう。また明るさを細かく調整できて、点灯・消灯を切り替えても調節された光の強さを記憶できるモデルもあります。

急な雨や悪天候でも安心して使うなら「防水機能」がおすすめ

釣りをしている最中に天候が悪くなってしまうケースもあるので、少なくとも防滴機能が備わったライトを選びましょう。防塵や防水性を表す規格はIEC(国際電気標準会議)が定めており、IP○○などと表記されています。

 

〇〇の数値が大きいほど防塵・防水性が高くなるので、購入時に確認しましょう。万が一に備えて防水性の高いライトを選ぶのは大切ですが、高い防水性能を必要とするほどの雨の場合は危険が伴うため、釣りを中止して引き上げるようにしましょう。

照らす場所を変えたいなら「角度調整機能」がおすすめ

釣り用ライトの中には、角度調整機能が付いているモデルも登場しています。角度調整機能があると、ライトを照らす位置を調整できるのでさらに使いやすくなります。手元・足元・海面などの照らす位置を変えられるのでとても便利です。


ただし釣り用のヘッドライトタイプだと、下向きにした角度を変えられないものもあるので考慮しておきましょう。もし角度調整機能を基準に釣り用ライトを選ぶ際は、どのように角度を変えられるのかチェックしておきましょう。

効率よく釣るなら「フォーカス機能」がおすすめ

釣り用ライトに、フォーカス機能があればさらに釣りが快適になります。獲物に対するラインの方向を見たり、獲物を引き寄せるために穂先を照らしたりするときに便利な機能です。効率のいい釣りをしたい方におすすめです。


フォーカス機能と自分の感覚を合わせれば、さらに釣りを楽しめます。フォーカス機能は中級者~上級者向けの機能になりますが、慣れればとても心強いのでおすすめです。

快適性を求めるなら「センサー機能」がおすすめ

釣り用ライトの中には、センサー機能が搭載されているタイプもあります。センサー機能があると、手の動きだけで点灯と消灯が行えるのでとても便利です。より快適に釣りを楽しみたいときに役立ちます。

 

ただしセンサー機能を使うと、その分消費電量が上がる場合があります。センサー機能を頻繁に使っていると、電源の残量が減るのが早くなるので慎重に扱いましょう。

手元や足元を照らすなら「明るさ45ルーメン」を確認

釣り用ライトの明るさは、ルーメンの単位で表され数値が大きいほど明るくなります。手元や足元を確認する場合は、45ルーメン程度のもので十分です。また遠くの足場などを確認したい場合は、懐中電灯と同様の200ルーメン程度あるものがおすすめです。

 

釣り用ライトは明るいほど良いものではなく、光量の強いものだとほかの釣り人の目が眩んでしまいトラブルにつながる可能性もありますので慎重に取り扱いましょう。

より遠くまで照射するなら「明るさ10000ルーメン」をチェック

釣り用ライトの中には高輝度LEDライトを搭載し、10000ルーメン以上の明るさで500メートルほどの遠くまで照射できるモデルもあります。夜釣りでのラインの確認はもちろん、災害による停電時の活動や暗がりでの作業などに便利です。

夜釣りに使うなら「赤光色ライト」をチェック

ライトの色も白色・黄白色など多様ですが、周囲を照らしたり足場を見やすくしたりするには白色が安全です。夜釣りに適した色としては、白色ライトのほかにも赤光ライトがあると便利です。

 

赤光ライトは、魚からは見えにくい色なのがメリットです。海面を見たいけれど直接白色ライトで照らしたくない場合に活躍してくれます。使い分けができるヘッドライトの機能を搭載していると、臨機応変に対応しやすくなります。

常に点灯させるなら「連続点灯時間」を確認

ライトごとに連続点灯時間は変わるので、自分がどの程度の時間を使用するか考えて選びましょう。長時間点灯する必要があれば、連続点灯時間をチェックしてください。それでも不安な場合は、予備の電池やバッテリーを用意しておきましょう。

携帯する負担を軽くするなら「重さ」をチェック

釣り用のライトを選ぶ際には、重量も大切なポイントです。特にヘッドライトを選ぶのであれば、できるだけ軽量なものを選びましょう。ヘッドライトが重すぎると、頭部に負担が掛かって首や肩が凝るなどの負荷がかかってしまいます。

充実した機能を求めるなら「最強」のモデルを確認

釣り用のライトに、充実した機能や優れたコスパを求めるなら最強のモデルを選びましょう。釣り用として必要な、十分な明るさ・便利な機能・使い勝手の良さ・連続使用時間・軽さなどの機能と価格のバランスが良いモデルをおすすめします。

ヘッドライトタイプの人気おすすめ商品6選

災害時にも便利な取り外しできるゼクサスシリーズライト

専用充電池のZR-02は、本体からの取り外し自在で直接充電が可能です。スマホをはじめさまざまな機器の充電ができるので、災害時にもモバイルバッテリーとして使えます。明るさの調整のためのディミングメモリー機能も備わっています。

 

電球色の2色LEDが搭載されていて、手元の作業に便利です。約830ルーメンの明るさがあり、100%の明るさで6時間程使えて点灯時間は十分あります。

種類 ヘッドライト 電源 ZR-02 リチウムイオン充電池
明るさ 約830ルーメン 明るさ調節機能
連続点灯時間 約6時間 防水機能
サイズ W57.0×H52.0×D4.07mm 重量 約114g

口コミを紹介

GENTOS(ジェントス)

LEDヘッドライト USB充電式 NR-004R

コスパの良い広範囲を照らせるライト

PX6防水と6つの点灯モードに対応した低価格なヘッドライトです。低価格ながら手を触れずに点灯と消灯が可能なジェスチャーセンシング機能を搭載しています。例えば釣った魚を持ったままでも、ライトを点灯させるような使い方もできます。

 

暗所での移動にはヘッドライトが便利です。備えておけば、突然の停電・震災・避難などの非常時の際も照明を手軽に確保できます

種類 ヘッドライト 電源 専用充電池
明るさ 20~120 明るさ調節機能 エコ・ミッド・ハイ
連続点灯時間 2.5時間 防水機能 IP64
サイズ 約幅73.5×奥行31.3×高さ27mm 重量 約46g

口コミを紹介

充電式のCOBヘッドランプを探して、GENTOSに辿り着きました。
結論から言うと、安定のGENTOS、品質にも操作にも全く不満が無いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロもすすめるLEDヘッドライト

LitomのLEDヘッドライトは、ハイ・ミドル・ローの3つのモードを搭載したモデルです。遠くを確認するなら168ルーメンのハイモード、長時間の釣りなら120時間連続使用が可能なローモードなどのさまざまなシーンに対応できます。

 

またジェスチャーセンシング機能によって手を振るだけで点灯と消灯ができるので、手がふさがっていたり汚れていたりしても使いやすいのも魅力です。

種類 ヘッドライト 電源 電池式(単4乾電池×3本)
明るさ 最大168ルーメン 明るさ調節機能 ハイ・ミドル・ロー
連続点灯時間 30〜120時間 防水機能 IPX6
サイズ 48×62×37mm 重量 74g(電池含む)

口コミを紹介

Ledlenser(レッドレンザー)

H8R LEDヘッドライト USB充電式

ドイツ生まれの多機能と快適さを併せ持つライト

最大600ルーメンの明るさは、3段階に調節が可能です。手元から遠くまで、必要なところを必要な明るさで照らせます。IP54の防水・防塵性能を備えていて、少々の雨なら問題なく使えるのも魅力です。

 

電池残量が少なくなったときに点灯して教えてくれるアラームや、赤い後部認識灯など、かゆいところに手が届く多機能さも見逃せないポイントです。釣り用ライトとして、選んで損はないヘッドライトです。

種類 ヘッドライト 電源 専用充電池
明るさ 600ルーメン 明るさ調節機能 3段階
連続点灯時間 約10時間 防水機能 IP54
サイズ W69×H37×D44(ヘッド部) 重量 約158g

口コミを紹介

夜間のランニング用に明るくて広角なライトが欲しくて購入しました。とにかく明るいですね。登山でも使おうと思いますので、後はバッテリーの駆動時間が心配ですが、現時点でとても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

多機能で赤色LEDにも対応した人気ヘッドライト

N-FORCEのLEDヘッドライトは、1,000ルーメンの強モードでも14時間の連続使用が可能です。夜中ずっと釣りをしていても、充電が切れる心配はありません。LED最大手のCREE社製のライトが採用されていて、白飛びせず見やすいです。

 

強・中・弱・点滅に加え、赤色LEDの強・点滅を加えた6つの点灯パターンを搭載しています。しかもセンシングモードで手を使わずに切り替えができます。手間がかからず手軽に扱える点は、釣り用としてとても魅力的です。

種類 ヘッドライト 電源 電池式(単3電池×3本)
明るさ 最大1,000ルーメン 明るさ調節機能 強・中・弱・点滅(白色LED)/強・点滅(赤色LED)
連続点灯時間 14時間 防水機能 IP67
サイズ 71×45×38.5mm(ヘッド部)・77×61.5×32mm(電池ボックス部) 重量 130g

口コミを紹介

スイッチがわかりやすい。明るく、前も後ろも光って便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10000ルーメン超の明るさを誇る最強モデル

12,000ルーメンの最大輝度を誇り、照射距離が約500メートルの最強モデルです。4つのモードによる調節ができ、場面に応じや使い分けができます。ジェスチャーセンシング機能で、手を触れずにオンオフを切り替えられるので便利です。

 

IPX4の防水機能搭載で、釣りをしていて水に濡れても大丈夫です。さらに過充電と過放電の保護機能がついているので、安全に使用できます。厳しい環境でも安全に使えるライトを探している方におすすめです。

種類 ヘッドライト 電源 充電池式(USB)
明るさ 最大12,000ルーメン 明るさ調節機能 ロー・ミッド・ハイ・SOS信号機能
連続点灯時間 約4〜10時間 防水機能 IPX4
サイズ 130×120×110mm 重量 340.01g

口コミを紹介

明るくて使い勝手良さそうです。90度調整も可能、自分好きな角度を調整できます。この金額で、この内容なら満足です。ヘッドライト購入考えてる方にはおすすめします。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヘッドライトタイプのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 電源 明るさ 明るさ調節機能 連続点灯時間 防水機能 サイズ 重量
LEDヘッドライト USB充電式

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

10000ルーメン超の明るさを誇る最強モデル

ヘッドライト 充電池式(USB) 最大12,000ルーメン ロー・ミッド・ハイ・SOS信号機能 約4〜10時間 IPX4 130×120×110mm 340.01g
ヘッドライト

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

多機能で赤色LEDにも対応した人気ヘッドライト

ヘッドライト 電池式(単3電池×3本) 最大1,000ルーメン 強・中・弱・点滅(白色LED)/強・点滅(赤色LED) 14時間 IP67 71×45×38.5mm(ヘッド部)・77×61.5×32mm(電池ボックス部) 130g
H8R LEDヘッドライト USB充電式

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ドイツ生まれの多機能と快適さを併せ持つライト

ヘッドライト 専用充電池 600ルーメン 3段階 約10時間 IP54 W69×H37×D44(ヘッド部) 約158g
LEDヘッドライト HP3A-S1

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

プロもすすめるLEDヘッドライト

ヘッドライト 電池式(単4乾電池×3本) 最大168ルーメン ハイ・ミドル・ロー 30〜120時間 IPX6 48×62×37mm 74g(電池含む)
LEDヘッドライト USB充電式 NR-004R

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コスパの良い広範囲を照らせるライト

ヘッドライト 専用充電池 20~120 エコ・ミッド・ハイ 2.5時間 IP64 約幅73.5×奥行31.3×高さ27mm 約46g
ZX-R370

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

災害時にも便利な取り外しできるゼクサスシリーズライト

ヘッドライト ZR-02 リチウムイオン充電池 約830ルーメン 約6時間 W57.0×H52.0×D4.07mm 約114g

ランタンタイプの人気おすすめ商品6選

レトロデザインがおしゃれなアウトドア置き型ライト

ブリキ材を使用したレトロなデザインのLEDランタンです。やさしく暖かみのある光が特徴で、おしゃれな雰囲気で釣りを楽しめます。光量は無段階に調節できるので、微妙に明るさを調整したいときなどにとても便利です。

 

乾電池式で、最大約100時間の連続使用が可能です。ランタンタイプなので、おなじ場所にじっくりとどまって釣りをする場合におすすめです。

種類 ランタン 電源 電池式(単1形電池×2本)
明るさ 明るさ調節機能 ダイヤル式無段階調節
連続点灯時間 約100時間 防水機能
サイズ 160×270×115mm 重量 365g

口コミを紹介

本物の石油ランプが好きな方が見ても、良い作りだと思います。
軽いですがしっかりとした作りで、安っぽいこともなく、本物そっくりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

時間を楽しむための光が優しいランタン

最小照度で50時間の連続使用が可能なので、じっくり釣りを楽しむ際のお供に持って行きたいランタンタイプのライトです。ダイヤルで光を調節できるので明るさに応じて暖色から温白色まで変化し、釣りの時間をさらに楽しく彩ってくれます。

種類 ランタン 電源 充電式
明るさ 明るさ調節機能 ダイヤル式調節
連続点灯時間 3〜50時間 防水機能 IP54
サイズ 110×103×248mm 重量 約630g

口コミを紹介

部屋のインテリア用に購入しました。ベッドサイドで寝る前に心地よい明るさに調整でき、デザイン性にも優れ気に入っています。想像よりコンパクトなサイズ感で使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

折り畳み&軽量で幅広い用途に使える

VantozonのLEDランタンの特徴は、USB充電と乾電池の2つの給電方式を備えている点です。電池を用意しておけば、充電が切れてしまったときも安心です。また充電と電池を併用すれば、ランタンとしては最大約12時間の連続使用が可能です。

 

懐中電灯モードも搭載しているので、シーンに合わせた使い方が可能です。広範囲を照らしたいならランタンとして、ピンポイントで照らしたいなら懐中電灯として使用できます。

種類 ランタン 電源 充電/電池式(USB/単3形電池×3本)
明るさ 明るさ調節機能 ランタン・懐中電灯・SOS
明るさ調節機能 約12〜48時間 防水機能 IPX4
サイズ 135×85mm(折りたたみ時)・約135×85mm(使用時) 重量 約230g

口コミを紹介

軽いのに十分な明るさ。USBで充電ができ、単3電池が使えるのも便利。懐中電灯としても使えます。赤色LEDの点滅は、SOSを求めるメッセージになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトサイズなのに255時間も連続使用できる

BeszingのLEDランタンは5200mAh超大容量リチウムバッテリーを内蔵しているのでで、255時間の連続使用が可能です。明るさも無段階での調節が可能なので、魚を逃したくないときは暗くするなどシーンに合わせて使えます。

 

 サイズは手のひらほどのコンパクトなので、持ち運びやすいランタンを探している方におすすめです。またIPX5防水と防塵の仕様は、かわいらしい見た目に反してタフな点も釣り向きといえます。

種類 ランタン 電源 充電式(USB)
明るさ 明るさ調節機能 無段階調節
連続点灯時間 255時間 防水機能 IPX5
サイズ 80x80x85mm 重量 約184g

口コミを紹介

結論から言って、バツグンの性能です。光の色と雰囲気は、暖かい暖色系を求めてたので、ニーズにマッチしてます。確かに白熱灯の電球色と並べて比べれば、ledの方が白く感じますが、十分暖かい色です。

出典:https://www.amazon.co.jp

アウトドアにも防災にも役立つ1000ルーメンの爆光ランタン

ジェントスのLEDランタンです。明るさは最大1,000ルーメンで、最大照射距離も約38mなので足場を明るく照らしてくれます。白色・昼白色・暖色から光を選択でき、さらに明るさも無段階で調節可能です。

 

最大で240時間の連続での使用が可能なので、長時間利用する場合でも安心です。キャンドルモードも搭載されていて、炎のような光の中でじっくり釣りを楽しめます。

種類 ランタン 電源 電池式(単1形電池×3本)
明るさ 1,000〜50ルーメン 明るさ調節機能
連続点灯時間 約95〜220時間 防水機能 IP64
サイズ 93.6×185mm 重量 約430g

口コミを紹介

明るい!明るい!以前に購入した、Hilander製の1100ルーメンとは、雲泥の差。価格もこちらの方が安いし、電池交換のし易さも問題無し。

出典:https://www.amazon.co.jp

5パターンの充電方式から選んで使える

こちらのランタンの特徴は、電池でも充電でも使える点です。しかも充電方法は、ソーラー充電・手回し充電・車載充電・USBケーブル充電の4方式を搭載しています。車中で充電したり手回しで対応したり、いつでもどこでも給電できます。

 

150ルーメンのHighモードと45ルーメンのLowモードを、シーンに合わせて切り替えるのも可能です。携帯を充電するためのバッテリーとしても使えるので、緊急なときでも頼りになります。

種類 ランタン 電源 電池(単4電池×3本)/充電式(ソーラー充電・手回し充電・車載充電・USBケーブル充電)
明るさ 150/45ルーメン 明るさ調節機能 High・Low
連続点灯時間 約48時間(フル充電時)・約30時間(乾電池使用時) 防水機能
サイズ 25×12×125mm 重量 約600g

口コミを紹介

この商品で部屋やテントで使う為に早速使用してみました。
雰囲気や灯りが凄く優しくとても使い易かったです。
充電で試したり手動での充電は出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ランタンタイプのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 電源 明るさ 明るさ調節機能 連続点灯時間 防水機能 サイズ 重量
LEDランタン

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

5パターンの充電方式から選んで使える

ランタン 電池(単4電池×3本)/充電式(ソーラー充電・手回し充電・車載充電・USBケーブル充電) 150/45ルーメン High・Low 約48時間(フル充電時)・約30時間(乾電池使用時) 25×12×125mm 約600g
LED ランタン EX-109D

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アウトドアにも防災にも役立つ1000ルーメンの爆光ランタン

ランタン 電池式(単1形電池×3本) 1,000〜50ルーメン 約95〜220時間 IP64 93.6×185mm 約430g
LEDランタン 充電式

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトサイズなのに255時間も連続使用できる

ランタン 充電式(USB) 無段階調節 255時間 IPX5 80x80x85mm 約184g
LEDランタン

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

折り畳み&軽量で幅広い用途に使える

ランタン 充電/電池式(USB/単3形電池×3本) ランタン・懐中電灯・SOS IPX4 135×85mm(折りたたみ時)・約135×85mm(使用時) 約230g
ザ・ランタン ブラック LED L02A-BK

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

時間を楽しむための光が優しいランタン

ランタン 充電式 ダイヤル式調節 3〜50時間 IP54 110×103×248mm 約630g
ランタン BOL001-SV

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

レトロデザインがおしゃれなアウトドア置き型ライト

ランタン 電池式(単1形電池×2本) ダイヤル式無段階調節 約100時間 160×270×115mm 365g

ネック・チェストライトの人気おすすめ商品3選

超軽量で防水機能もあるシンプルデザイン

洗練されたシンプルなデザインと、わずか40gという超軽量サイズが目を引くネックライトです。小雨程度なら使用可能な防水性能IPX1と、夜釣りには十分な連続15時間照射が可能となっています。

 

電池にはコイン形のリチウム電池CR2032を採用しているため、付け心地が良く首への負担が大幅に軽減されます。

種類 ネックライト 電源 パナソニックコイン形リチウム電池
明るさ 明るさ調節機能
連続点灯時間 15時間 防水機能 IPX1
サイズ 約幅30mm×奥行26mm×高さ50mm 重量 40g

口コミを紹介

停電時は本当に真っ暗になるので、移動時の安全などをかんがえて、両手が開くタイプのライトを探していて見つけました。安くて信頼できるメーカーで、機能的にも問題が無く良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの良く着脱も簡単なネックライト

乾電池タイプのシンプルなBNL-03は、最大168ルーメンという明るい発光(High)に加え、Mid・Low・SOSを含む4つの点滅パターンを搭載しています。ベルトには取り外しが便利なバックルを採用しているので、着脱も容易です。

種類 ネックライト 電源 単4アルカリ電池 X 3本
明るさ 最大168ルーメン 明るさ調節機能 High、Mid、Low、SOS
連続点灯時間 防水機能 IPX6
サイズ 約62 x 37 x 48mm 重量 67g

口コミを紹介

電池式で交換も簡単で使いやすくジェスチャー機能がとても便利!魚やワームを触った汚れた手で触らなくても、ライトのオンオフの切り替えが出来るので釣りには最適だと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

さらなる進化を遂げた高機能な胸に掲げるライト

充電式リチウム電池を採用し、約15%の軽量化と長時間の使用でもパワーアップした光が特徴のチェストライトです。釣り用ライトに必要な、機動力・長時間使用・明るさの3つが揃っているのでおすすめします。

種類 ネック・チェストライト 電源 リチウムイオンポリマー電池
明るさ 最大600ルーメン 明るさ調節機能
連続点灯時間 4時間 防水機能
サイズ 約173×50×87mm 重量 約170g

口コミを紹介

釣り好きの友人から勧めらて購入しました。ヘッドライトは長時間使うと、どぉしても締め付けられて痒くなったり圧迫感が気になって来てたのですが首から下げるタイプで、とても軽くて、良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ネック・チェストライトのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 種類 電源 明るさ 明るさ調節機能 連続点灯時間 防水機能 サイズ 重量
充電式チェストライト YF-201-R

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

さらなる進化を遂げた高機能な胸に掲げるライト

ネック・チェストライト リチウムイオンポリマー電池 最大600ルーメン 4時間 約173×50×87mm 約170g
ネックライト BNL-03 BLACK

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コスパの良く着脱も簡単なネックライト

ネックライト 単4アルカリ電池 X 3本 最大168ルーメン High、Mid、Low、SOS IPX6 約62 x 37 x 48mm 67g
LEDネックライト BF-AF10P-R

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

超軽量で防水機能もあるシンプルデザイン

ネックライト パナソニックコイン形リチウム電池 15時間 IPX1 約幅30mm×奥行26mm×高さ50mm 40g

通販サイトの最新売れ筋商品もチェック!

各通販サイトの売れ筋商品もぜひ参考にしてみてください。

※各ショッピングサイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

ライトで海面を照らすのはおすすめできない

夜釣りの際はライト類で海面を照らすのは良くないと言われています。常に一定の明るさで照らす場合と違って、点滅する光や移動する光によって魚に警戒心を与えてしまうと言われています。

 

特にヘチ釣りや電気ウキなどで竿下を静かに釣るような場合は、ライトの扱いは慎重にする必要があります。仕掛けの交換やエサ付けなども手間を惜しまずに海に背を向けて、ヘッドライトの光が海面に当たらないようにしましょう。


ただしルアー釣りや投げ釣りなどの、遠投して釣る場合はそこまで気にする必要はありません。ライトで海面を照らして海水の濁り具合や波の状況などを見る場合は、手元を照らすよりも強力なヘッドライトが必要になります。

そのほかの釣り関連用品はこちらをチェック

ここまで釣り用ライトの人気おすすめ商品をご紹介しましたが、ほかの釣り関連用品も同時にチェックしておきましょう。以下の記事では、釣り用品の人気おすすめ商品をご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

今回は、釣り用ライトの種類・明るさ・防水機能などの選び方やおすすめ商品をご紹介してきました。釣り用ライトがあれば夜釣りなども快適になります。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

本コンテンツはAmazon・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋人気商品 (2022年10月20日) やレビューをもとに作成しております。