ゲームに限らずフィットネスなどのコンテンツも充実しているVRの世界。体の動作をともなっての利用が多いこともあり、大きくて重いヘッドセットだと長時間の着用では疲れてしまうことも。存分に楽しむためにも、なるべく軽量なものを選びたいですよね。

PICOより10月7日発売予定のVRヘッドセット「PICO 4」(128GB:4万9000円、256GB:5万9400円)は、同社のVRヘッドセット史上最軽量を実現。薄く小型のレンズの採用で筐体の厚みも抑え、4K相当の高画質も兼ね備えたオールインワンVRヘッドセットです。

ストラップを含まない本体重量はPICO史上最軽量となる295gを実現。この軽さ、そして薄さを実現すべく、内部には薄く小型なパンケーキレンズを実装。筐体の厚みを最薄部で35.8mmに抑えています。軽量なだけでなく人間工学に基づいた設計は装着感にも優れ、メガネを掛けたままでも使用できます。

ストラップはホイールで調整可能。カウンターバランスを取り前後の重量バランスが均等に分散。ヘッドセット後部のPUレザーには滑り止め加工を施し優れた装着感を実現。さらに、クッション部には吸汗速乾性に優れた素材SuperSkinを採用しています。

映像は片目2K、合わせて4K相当の高画質。最大90Hzのリフレッシュレートによる遅延の少ないスムーズな映像と、105度のウルトラワイドな視界で眼前に美しい映像が広がります。

そして改良されたコントローラーとのポジショニングシステムにより、さらに正確で素早い操作が可能となっています。バッテリー性能は最大で3時間ほどのゲームプレイが可能な容量で、急速充電機能付き。テュフ・ラインランド社の低ブルーライト認証も取得し、長時間没頭しても目の負担を軽減します。

PC不要のオールインワンだから、ゲームや多彩なビデオコンテンツ、フィットネスアプリを手軽にVRならではの没入感で楽しめます。VRのヘッドセットは重いし使いづらいし…なんて感じていた人は一度体験してみては。現在、予約受付中です。

>> PICO

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆メガネ外してVRしたい!じゃあゴーグルに乱視&近視対応レンズを付ければいいじゃない

◆5Kディスプレイを搭載した“完全ワイヤレス”VRヘッドセットが気になる!

◆軽くてコンパクトでメガネのようなVRグラスなら持ち歩きも苦じゃないね