「保険料控除申告書の書き方が知りたい」

「年末調整って何?」

と気になっている人は多いのではないでしょうか?

この記事では、保険料控除の種類や年末調整などについて説明します。

保険料控除申告書の書き方が知りたい

年末調整で申告する保険料控除は4種類あり、記入する項目が多いので一見難しいと感じてしまう人が多いでしょう。

ただ、基本的には控除証明書や払込証明書の内容を転記し、簡単な計算式で控除額を計算して記入することになります。

氏名や住所の書き方

氏名や住所の書き方に特別な決まりはありません。

本人の氏名と住所を書き、氏名にフリガナを忘れないようにしましょう。

(広告の後にも続きます)

保険料控除申告書の書き方

保険料控除申告書に記入するのは、生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛け金控除の4つです。

それぞれの申告書の書き方を説明します。

生命保険料控除申告書の書き方

生命保険料控除申告書は、一般の生命保険料、介護医療保険料、個人年金保険料を支払っている場合に記載します。

申告書を書くためには、加入している生命保険会社から郵送される「生命保険料控除証明書」が必要です。

この内容を申告書に転記するため、生命保険料控除証明書が届いていない場合は保険会社に連絡しましょう。

紛失してしまった場合には再発行の手配が必要です。

保険会社名や保険の種類、保険期間などは基本的に生命保険料控除証明書から転記することで記入できます。

また、控除金額は申告書の下部に記載されている計算式で計算を行い記載します。

生命保険控除証明書は申告書に添付して勤務先に提出する必要がありますが、勤務先の団体保険で勤務先が金額を把握している場合は証明書を添付する必要はありません。

地震保険料控除申告書の書き方

地震保険料控除申告書は、火災保険に地震保険特約を付けて加入して保険料を支払っている人が記載します。

地震保険控除の対象となるのは、自分や生計を一にする配偶者その他の親族が所有し、常時住宅として使用している建物と家財です。

損害保険会社から郵送される地震保険料控除証明書をもとに申告書を書いていきます。

保険期間が1年契約の場合は、契約時に保険証券に同封されていることがあるので確認しましょう。

基本的に記入事項は地震保険料控除証明書の内容を転記し、簡単な足し算をすることで記入が完了します。

社会保険料控除申告書の書き方

社会保険料控除申告書は、健康保険料や介護保険料、厚生年金保険料など勤務先から差し引かれている以外の社会保険料がある人や家族の社会保険料を支払っている人が記載します。

社会保険料控除証明書や保険料納付証明書を準備し、転記していきます。

社会保険料控除証明書は申告書に添付して勤務先に提出する必要があります。

小規模企業共済等掛金控除申告書の書き方

小規模企業共済等掛金控除申告書は、独立行政法人中小企業基盤整備機構の共済契約の掛金、確定拠出年金法に規定する企業型年金加入者掛金・個人型年金加入者掛金、心身障害者扶養共済制度の掛け金を支払っている人が記載します。

1年間に支払う掛金の全額が所得控除です。

郵送される小規模企業共済等掛金払込証明書をもとに申告書に転記しましょう。