航続距離最大180km…日産が投入する軽商用EVバンの仕様

日産自動車は12日に軽の商用電気自動車(EV)バン「日産クリッパーEV=写真」を発売する。三菱自動車「ミニキャブEV」をベースに、OEM(相手先ブランド)供給を受ける。航続距離は最大180キロメートル(WLTCモード)。急速充電約42分で80%、普通充電約7時間半で満充電できる。消費税込みの価格は286万5500―292万500円。販売目標は年300台。

軽貨物車の最大積載量350キログラムと、荷物を出し入れしやすい荷室性能を確保した。走行時や起動・停車時の静粛性が高く、早朝や深夜、住宅街の配送などに利用しやすい。

衝突回避を支援するブレーキ、車線逸脱警報(LDW)、前進時の踏み間違い防止機能などの安全装備を標準搭載する。

グレードは2シーター、4シーターがあり、2シーターにはスライドドアと後部ガラスが両側ともパネルとなっているルートバンのグレードもある。

【関連記事】 日産が新しいクルマ作りで必ず頼りにする機械メーカー