載貨重量21万トン級、JFEスチールが鉄鋼原料輸送に使う「大型LNG船」竣工

JFEスチールは31日、自社の鉄鋼原料輸送に使う載貨重量21万トン級の大型LNG(液化天然ガス)燃料船が竣工したと発表した。海外産の鉄鉱石、石炭を国内製鉄所に輸送する。グループ会社のジャパンマリンユナイテッド(JMU)が建造し「SG(Sail Green) OCEAN」と命名した。

日本郵船との長期輸送契約に基づき、国内で製造された初のケープサイズバラ積みLNG燃料船。重油代替でLNGを使うことで、二酸化炭素(CO2)排出量約25%、硫黄酸化物(SOx)排出量約100%、窒素酸化物(NOx)排出量約75%削減できる。