エクセルソフトは1月30日、開発者向けに、oneAPIマルチアーキテクチャ開発、AIなど急速に成長しているワークロードの最適化、トレーニングのために「インテル デベロッパー・クラウド」プラットフォームの導入支援を提供すると発表した。
 インテル デベロッパー・クラウドは、インテルの最新のハードウェアとソフトウェアを利用可能で、AIアプリケーションの開発、最適化、スケーリングを実現できるクラウド・プラットフォーム。エクセルソフトは、日本のソフトウェア開発者やソフトウェアベンダー向けのIT製品とサービスを拡大し、加速するコンピュートとAIの需要の増加に対応する。また、インテル デベロッパー・クラウドを実際に体験できる「インテル デベロッパー・クラウド体験ワークショップ」を2月28日にオンライン開催する。

 2023年9月19日(米国時間)に開催されたインテルコーポレーション主催のイベント「Intel Innovation 2023」で、インテル デベロッパー・クラウドの一般提供が発表された。インテル デベロッパー・クラウドでは、オープン・ソフトウェアとoneAPIや最先端のソフトウェアツールとともに、最新のAI向けのCPU、GPU、その他のアクセラレータを利用可能。開発者は、現行、最新、将来のハードウェア・プラットフォームに早い段階で効率良くアクセスできる。企業は、インテルのさまざまなテクノロジーに基づいて構築された新機能やパフォーマンスに合わせて、自社の製品やソリューションをいち早く最適化し、迅速に市場に投入することができる。

 インテル デベロッパー・クラウドの一般的な利用としては、アーキテクチャの評価、アプリケーションの開発と最適化、モデルとワークロードの最適化、研究と学術学習、oneAPIとLLM/MLOps向けの教育やトレーニングに加えて、AI開発と設計認証などの用途がある。システムインテグレーター、独立系ソフトウェアベンダー、サードパーティーSaaS組織を含む企業、エンタープライズによる一般的な利用としては、大規模なAIトレーニングと推論のプロダクション・ワークロードの実行とテスト、認証とベンチマーク、サードパーティーAI SaaS向けのインテルのコンピュート・サービスなどの用途がある。計算の高速化、消費電力の削減、セキュリティの向上を実現するハードウェアと最先端の開発者ツールにアクセスすることにより、ビジネス価値をより早く達成できる最適化された製品を開発できる。

 AIコンピュートでは、開発者とデータ・サイエンティストは、小規模・大規模なAIトレーニング(LLMまたは生成AI)の実行、モデルや推論のワークロードの最適化、そしてインテルのCPU、GPU、インテル Gaudi2 AIアクセラレータを搭載した小規模から大規模な仮想マシン(VM)、完全なシステム、クラスタの利用を実現できる。

 インテル デベロッパー・クラウドは、さまざまなワークロード向けにチューニングされた仮想マシンとベアメタルアクセス用の複数の構成を提供している。第5世代と第4世代インテル Xeonスケーラブル・プロセッサ・ベースのシステムや、AIやディープラーニングに最適なインテル データセンターGPUマックス・シリーズ、フレックス・シリーズとインテル Gaudi2 AIアクセラレータが含まれる。

 クラウドには、生成AIのモデル、トレーニングのエッセンシャル・モジュール、開発を支援するソフトウェアツールが事前にインストールされたJupyter Notebookが含まれており、Visual Studio Codeもサポートする。LLMワークロードがインテル アーキテクチャ上でどのように動作するか、サンプルコードで確認できる。また、クラウドでは、最新のインテル ソフトウェア開発ツールを使用したC++with SYCLや、OpenVINOツールキットを使用したAI関連のハンズオン・トレーニング・リソースを無料で利用できる。

 三つのサービスレベルがあり、「Standard」では、無料のトレーニング・コンテンツにアクセスでき、コミュニティーによるサポートを利用できる。「Premium」では、有償のエンタープライズ向けクラウドサービスにアクセスでき、インテルのテクニカルエンジニアによるサポートが提供され、一人のユーザーが利用できる。「Enterprise」では、有償のエンタープライズ向けクラウドサービスにアクセスできる。インテルのテクニカルエンジニアによる優先サポートが提供され、複数のユーザーが利用できる。