鈴与シンワートは2月1日、運転前アルコールチェック&検温クラウドサービス「あさレポ」が、Nauto Japan(Nauto)が提供するAI搭載安全運行管理プラットフォーム「ナウト」とサービス連携すると発表した。
 国内600社以上の導入実績をもつナウトは、わき見運転、運転中の携帯電話使用、居眠り運転やその前の段階の「眠気」など、さまざまな危険運転を検知してリアルタイムに警告するAI搭載ドライブレコーダーと、ドライバーの運転習慣を分析、数値化して効果的な安全運転指導を実現するウェブアプリケーションを組み合わせた交通事故削減ソリューション。

 あさレポは、運転前のアルコールチェックと検温記録を専用のクラウドサーバーで一元管理するサービス。運転前に利用することで酒気帯び運転や発熱時運転を予防する。道交法のアルコール検知器使用義務、2024年4月1日施行の旅客自動車運送事業運輸規則改正などに対応する。

 今回のサービス連携により、Nautoが開発した運転日報作成ツールで、あさレポのアルコール検査記録をナウトの運転日報に取り込むことが可能となる。あさレポのアルコール検査結果をCSVファイルにエクスポートし、ナウトの運転日報作成ツールへインポートすることで、簡単にアルコール検査記録付きの運転日報を作成することができる。