現代社会において「ヒト・モノ・カネ」そして情報はすさまじい早さで飛び交い、それゆえに働き生きていく環境はこれまでにない速度で変化しています。こうした環境変化は豊かさを生む一方、人々は未知のものに対するストレスに直面しているとも言えます。本記事では、現代をいかにして生き抜くべきかについて考えていきます。

ストレスの原因は何か

まずは、どんなときにストレスを感じるか理解することから始めましょう。結論を先に述べると、ストレスと向き合うということは、恐怖と向き合うことなのです。

例えば、以前叱責を受けたことがある取引先へ商談にいかねばならないとき、「また怒られるかもしれない」という恐怖を感じるでしょうし、初めて訪問する会社に自社の商材を売り込みにいく際は、誰もが緊張して恐怖を覚えてしまうものです。これらは社会人が抱えやすいストレスに違いありません。

恐怖という感情は、死や危機を避けるために人間に備わっている機能です。人は恐怖を感じると、本能的に血流が下半身に集中しすぐに走り出せるように身構え、頭はヒヤッとしたように冴えます。そして体は臨戦態勢となり、精神は緊張した状態になります。

人間は、死ぬかもしれないと思ったとき、それを「怖い」や「つらい」という不快感として認識し、回避しようとします。そこで気持ちよさを感じるようでしたらすぐ死を選んでしまいますからね。

この不快感がストレスの正体です。

(広告の後にも続きます)

成長にはストレスが付きもの

成長とは「できなかったことができるようになる」ことです。

そもそも、「できていない」という事実に向き合うこと自体に、人は多大なストレスを感じます。仕事においては、全ての人は成長し続けることを求められるため、働いている限り、そこからはどうやっても逃げられないのです。

そう考えると、ストレスのない働き方を望めば望むほど不幸になることに気付きます。私も以前はストレスのある働き方は悪であると認識しつつ、一方で成長をしたいと思っていました。残念ながらその矛盾に挑んでいるうちに疲弊し、そして不眠症に苦しめられる日々もありました。

そうなったら素直に事実の仕組みに従えばよいのです。ストレスなき成長はありません。

ある詩人が、「鳥が飛ぶためには空気抵抗があるかだ」と言っているのを聞いたことがあります。空に羽ばたいていこうとするのなら、ストレスという空気抵抗をどう利用するかを考えるべきでしょう。