トヨタ・世界販売が4年連続首位、1123万台で過去最高

トヨタ自動車が30日発表した2023年の世界販売実績(ダイハツ工業、日野自動車含む)は前年比7・2%増の1123万3039台で、独フォルクスワーゲン(VW)を上回り4年連続で首位だった。全地域で半導体不足の影響が緩和したほか、主に北米や欧州などの需要が底堅く推移した。ダイハツ・日野自を含むグループの世界販売で1100万台を超えるのは初めて。これまでの過去最高は19年の1074万台だった。

※自社作成

トヨタ・レクサスブランドでも世界販売は同7・7%増の1030万7395台となり、19年の971万台を超え、過去最高を更新した。トヨタ・レクサスブランドで1000万台を超えるのは初めて。VWの923万台を上回った。

主にハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車がけん引。トヨタでは「顧客のニーズに合う車種を提供できている」とした。

電動車販売は同35・0%増の367万9557台。このうちHVは同31・4%増の342万4台で、初めて300万台を突破した。電気自動車(EV)は同4・3倍の10万4018台で過去最高だった。

【関連記事】 トヨタの世界戦略を支える強力な「日独連合企業」