ガンダム最新作「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の前日譚、「PROLOGUE」に登場するモビルスーツ「ベギルベウ」のプラモデルが、どういうわけか初代ウルトラマン最後の敵「ゼットン」になってしまいました。ほぼ色を替えただけのアレンジで、だいぶそっくり。

 投稿主はTwitterユーザーのえぬせ(@nseman)さん。「HG 1/144 ベギルベウ」のクリアパーツや側頭部の形がどうしてもゼットンにしか見えなくり、白・黒・オレンジでそれらしく塗り替えてしまったそうです。

 驚くことに、形状はほぼキットのまま。頭部の十字形をゼットンに寄せてまっすぐに変更し、ビルダーズパーツ(公式のガンプラ改造用パーツ)のブレードアンテナをツノに見立てて追加しただけだそうです。

 えぬせさんはこの作品を、「最終話『さらば水星の魔女』に登場」と、ウルトラマンの最終回をもじって投稿。素材を生かした巧みなアレンジは違和感なく受け入れられたようで、「ひと目で脳がゼットンと認識する」「1兆度の火球放ちそう」「ハンドガンに付けたミサイルでバラバラになりそう」と好評を博しています。

「どう見てもゼットン」なガンプラ 反応まとめ