【2022夏 アウトドアファッション特集④】

「背中に汗をかいて不快だから」と、夏場はバックパックを忌避する人も多いことでしょう。じゃあ、どんなバッグを持てばいいのか。この由々しき問題に対して、選択肢として浮上するのがトートバッグやポーチ。とはいえ前者は片手が埋まってしまいますから、アクティブなシーンには不向き。後者は両手こそ空きますが、バッグにおいて重要な収納力に難あり。必要最低限+αくらいは入れて持ち運べないと、本末転倒というやつです。

以上から導き出されるジャストアンサー、それがショルダーバッグです。必要最低限のアイテムのみを持って、ちょっとお出かけ。そんなデイリーな場面から、夏ならではのアウトドア&アクティブな場面まで、幅広く活躍するだけでなく、シンプルな夏コーデのアクセントにもなると実に頼れるアイテム。そこで今回は、優れた機能性を有しながらカジュアルに使える、注目の5モデルを集めました!

1. 待望のコラボレーション第2弾は“カスタマイズ”がテーマ

DAIWA × GREGORY

「エバックウエスト+D」(1万2000円)

トップバッターは、日本が世界に誇る釣具メーカーDAIWA(ダイワ)とGREGORY(グレゴリー)によるコラボレーションバッグの第2弾。上半身が自由に使えて、どのような状況下でも必要な道具が素早く取り出せることから、釣行時ではメインバッグとしての役割を果たすウエストバッグ。

普通に腰に装着するだけでなく、肩から斜めかけするのもアリとシーンに合わせて、様々な使い方が可能です。


▲サイズ:H約8×W約28×D約19cm

また、ダイワならではのこだわりが光るのが、上部に備えられた8リングアタッチメント。ここには釣行時に使える4種類のアクセサリーバッグを装着することで、自分好みの使い勝手にカスタマイズ出来るとのこと。インナーにはスリットポケットが配されていたりと当然ながら収納力も十分です。

カラーはこのブラックのみの1色展開ですが、数量限定生産なので気になったらぜひチェックを!

>> DAIWA

 

(広告の後にも続きます)

2. 夏のアクティビティにも連れ歩けるミニクーラーポーチ

THE NORTH FACE

「フィルデンスクーラーポーチ」(9350円)

BBQやキャンプなど、夏のアクティビティにあると便利なのがクーラーボックス。ドリンクを冷たいままキープ出来るとありがたいですよね。この「フィルデンスクーラーポーチ」はそんな願いを叶える、ショルダーストラップ装備の3L容量ソフトクーラー。

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)がこういった便利グッズ的アイテムを作っているという意外性も相まって、周囲の視線を集めること請け合いです。


▲サイズ: H15×W25×D9cm

素材は、600デニールポリエステル(PUコーティング/TPUラミネーション)生地を使用。薄手のインナーフォームを内蔵し、縫い目が出ないウェルディング製法で仕上げることで、軽量かつ高い耐久性と耐水性を実現しました。

メインコンパートメントには350ml缶が3本収納可能。さらにフロントには小物が収納出来るジッパーポケットも備えているので、フェスなどでも活躍してくれるに違いありません。

>> THE NORTH FACE