労働新聞社Webサイトに2022年に掲載した記事で、2022年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

2022年2月15日掲載【安全スタッフ ニュース】

 厚生労働省は、金属アーク溶接などの作業で発生する溶接ヒュームに関する新たな規制について、経過措置としていた特定化学物質障害予防規則の一部を4月1日から施行する。屋内での溶接作業では、特定化学物質作業主任者を選任するほか、年3月31日までに個人用サンプラーを使って測定した溶接ヒュームの濃度に基づく呼吸用保護具の使用が事業者に義務づけられる。測定の結果に応じて、換気装置の風量増加や溶接ヒューム量の低減、集じん装置による集じんなど必要な措置も講じなければならない。

 建設業など屋外で行うアーク溶接作業でも、特定化学物質作業主任者を選任し、作業方法の決定、保護具の使用状況の監視などが必要になる。