▼まさに悪魔のようなディアブロ


▲1990年に登場したディアブロ。イタリア語で「悪魔」を意味し、19世紀に活躍した闘牛の名前が由来


▲ミッドに搭載されたのは5707ccのV12。最高出力492ps/7000rpmというまさに悪魔のようなエンジンが積まれていました


▲ドアを開けると迫力倍増。なんだか威嚇されているような気にも…。ちなみにヘッドライトに注目してみてください。何かのクルマに似ていませんか?


▲真正面から顔付きだけ見てみると…そう、あれですね


▲正解は日産のフェアレディZ(Z32)。初期のディアブロはリトラクタブルヘッドライトだったんですが、デイライト法(常時ヘッドライトを点灯)の施行がらみでリトラがダメになり、白羽の矢を立てたのがZ32だったというわけです

 

(広告の後にも続きます)

▼あふれるパワーを4輪で受け止めるムルシエラゴ


▲ディアブロの後継的存在として2001年にデビューしたのがムルシエラゴ。こちらも19世紀に実在した闘牛の名前が由来


▲パワートレインは、6.2L V12エンジンに6MTの組み合わせ。最高出力は580ps/7500rpmと、500psオーバーどころか600psに手が届きそうなド級の性能に


▲たった2輪で600ps近いパワーを伝えきるのは難しいと判断したのかはわかりませんが、ムルシエラゴの駆動方式は4WDのみとなっています。まるで飛んでいるような問答無用のバックシャン


▲2006年にLP640へと進化し、排気量は6.2L→6.5Lに、最高出力は588ps→640psとなり、ついに600psオーバーという異次元のスペックに


▲バンパーに付着した虫の数が速度を物語ってます。ちなみにLP640の全幅は、なんと2m越えの2058mm。ハマー H2の全幅(2062mm)に限りなく近いとは…


▲ドアを開けてズラリと並ぶLP640。バリケードのようにも見えるし、何かを発射しそうな雰囲気も