元自衛官で、自衛隊でのセクハラ被害を告発している五ノ井里奈さん(@judo_gonoi)は7月21日、第三者委員会による公正な調査を求め、オンライン署名サイト「Change.org」で署名を募集開始しました。署名には開始から約10時間で1万6000人以上の賛同者が集まっています。

 五ノ井さんは現在22歳で、2022年6月27日まで陸上自衛隊に所属していました。陸上自衛隊の退職を機に、TwitterやYouTubeなどで自分自身が受けたセクハラについて告発。五ノ井さんによると、陸上自衛隊では日常的にセクハラを受けており、2021年8月3日に起きた性被害をきっかけに告発を決意したといいます。

 

 当時の性被害について、五ノ井さんは「訓練場所の宿舎で、先輩の男性隊員3名が、かわるがわる私の首をキメて押し倒し、私の股を広げ、陰部に性器を何度も押し当てるようにして、腰を振ってきたのです。その様子を見ていた男性隊員は他にも十数名いたのにも関わらず、止めてくれる隊員はおらず、笑ってみている状態でした」と振り返っています。

 五ノ井さんは被害を申告し、自衛隊の総務・人事課にあたる1課で取り調べ。その後、自衛隊内での犯罪捜査を専門とする警務隊に被害届を提出し、取り調べの結果、検察庁に強制わいせつ罪で書類送検されました。しかし、「(目撃者であるはずの他の男性隊員)20人が見ていない、やっていないと言った」こともあり、2022年5月31日には不起訴に。2022年6月7日に検察審査会に不服申立をし、現在は結果を待っているところです。

 五ノ井さんは「審査はいつまでに結果が出るのかも分かりません」「各メディアの記者さんも防衛省や自衛隊に問い合わせをしてくれていますが、誰がどの様に再調査しているのかは、当事者の私でさえ分からない状況です」などとコメント。事実を明らかにするため、第三者委員会による公正な調査を求め、今回の署名の募集開始にいたったと説明しています。

 また、オンライン署名にあわせて、今後の再発防止策を求める活動にともない、自衛隊内でハラスメントを受けた経験者から経験談を募集する「自衛隊内におけるハラスメントの経験に関するアンケート」を開始しました。アンケートには匿名で回答できます。

 五ノ井さんは「お預かりした皆さまの声は、SNSやメディアでご紹介していくほか、防衛省等関係機関に対応を求めていく際のデータとして使わせて頂きます。個人情報は適正に管理し、本活動以外では使用しません」と述べています。

 

 

 

 

 

五ノ井さんによる過去の投稿