マツキヨココカラ&カンパニーは7月15日、グループ内組織再編を行うと発表した。現在、グループ全体の営業企画・運営支援機能等を担う、完全子会社のMCCマネジメントに、グループ内のノウハウを集約して運営を支援することで、シナジーの創出・最大化を推進している。

<再編のイメージ>


今回、MCCプランニングの店舗開発・設計・営繕に関するノウハウ及びグループ会社に対して提供しているそれらの機能を移管、集約することを目的にMCCプランニングをMCC マネジメントへ吸収合併する。これにより一元的に運営支援及び機能提供を行いシナジーの創出・最大化を図るとともに、組織のスリム化とグループ経営の効率化も図る。

10月1日付で、MCCプランニングを消滅会社、MCCマネジメントを存続会社とする吸収合併を実施する。MCCプランニングは、MCCマネジメントの100%子会社であるため、吸収合併による対価の交付はない。