ローソンは28日、冷凍ベーカリーの新商品「板チョコデニッシュ」と「あんバターデニッシュロール」を全国のローソン約1万3900店舗で発売する。

 新型コロナウイルス禍で需要が高まった自宅でのストック需要に照準を定めて商品開発した。

 

 「板チョコデニッシュ」は、パリッとした食感の板チョコとバターが香るデニッシュ生地が特徴。解凍が不要で、冷凍庫から出してそのまま食べることができる。

 「あんバターデニッシュロール」は、レンジで加熱すると生地に練りこまれたバターの香りがふんわりと漂い、角切りのバターと絡まって程よい甘さと塩気が楽しめる。

 

 価格は「板チョコデニッシュ」が235円、「あんバターデニッシュロール」が279円(いずれも税込み)。

 

 なお同社によると、2021年度(21年3月~22年2月)の冷凍食品の販売は約1割伸びた。

ローソンから解凍不要の冷凍ベーカリー「板チョコデニッシュ」 自宅でのストック需要狙い新作2品は食品新聞 WEB版(食品新聞社)で公開された投稿です。