エレベーターの鏡は髪型やメイクを直すためのものではない――エレベーターの豆知識とそれに付随する考え方についてのツイートが「初めて知った」「ためになる話」と注目を集めています。

 投稿したのは、兵庫教育大学の准教授で、日本障がい者ファッション協会(JPFA)の副代表を勤める、小川修史(ひさし)さん@ogatti21

 授業でエレベーターの内側に鏡がある理由について、身だしなみのためではなく「車椅子ユーザがバックで出るためのバックミラーなんです」と伝えると、一部の学生から「知らなかった!」という反応があったとのこと。ちなみに日本エレベーター協会でも「(車いすの方が)後ろ向きで出るときに後方を確認するため」と説明されています。

 リプライ欄では「そうだったのか…」と同様に初めて知ったという声も多く、「広く感じさせるためかと思ってた」や「スリとかの犯罪の警戒かと思ってました」といった声が寄せられました。また「脚の手術をして車椅子だったときに、『おお、この鏡はそのためか!』と気付きました」との声も。

 また上記ツイートには続きがあり、小川さんはそんな学生に向けて「鏡は車椅子ユーザのために設置されたものですが、多くの人の役に立つ。この感覚を知ってほしいです」と伝えたことを述べています。コメントでさまざまな“使い方”が寄せられたように、だれにとっても便利で使いやすい設計、これがまさにユニバーサルデザイン……!

 そんなわかりやすい教え方も相まって「これはためになる」「社会の周縁を中心に考えたシステムは、社会全体にも恩恵がある、という例」と拡散されています。

 なお、エレベーターの車いす専用ボタンは、押しやすい位置というだけでなく、一般用ボタンより「扉の開放時間」が長く設定されているとのこと。他にも気になる疑問の答えは日本エレベーター協会のFAQページにて書かれています。

話題になったツイート