アプリ&レビュー

2021/07/06

「Yahoo!カーナビ」で東京オリンピックの進入禁止エリアなどを回避可能に、7月19日から

 ヤフーは、カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」において、東京2020オリンピック・パラリンピックの「関係者輸送ルート」「進入禁止エリア」などを回避できる機能を、7月19日から提供する。

東京オリンピックにおける交通規制

 東京2020組織委員会は、出場選手などの関係者を安全かつスムーズに輸送するための「関係者輸送ルート」を設定している。

 また、会場周辺の道路混雑を防ぐために一般車両の通行を禁止する「進入禁止エリア」や通過交通を制限する「通行規制エリア」、会場近くを通り抜けようとする車両に迂回を促す「迂回エリア」なども設定されている。

 そのため大会期間中は、通常であれば利用可能な道路に一部規制がかかる見込み。

「Yahoo!カーナビ」で提供予定の機能について

 Yahoo!カーナビで目的地を検索し、画面上の「回避ルート利用」をタップすると、関係者輸送ルートを回避した経路が自動で提案される。同機能の対象となるのは、東京圏の高速道路。

 進入禁止エリアや通行規制エリア、迂回エリアは、地図上に色分けされてわかりやすく表示される。同機能は、東京圏を対象としたものとなっている。

ケータイ Watch

関連記事

Yahoo!カーナビ、安全運転判断の「ドライブ記録」機能を追加 Yahoo!カーナビ、安全運転判断の「ドライブ記録」機能を追加 「Yahoo!カーナビ」地図システムをMapboxに変更ナビをより見やすく、アプリ起動時間を約80%高速化 「Yahoo!カーナビ」地図システムをMapboxに変更ナビをより見やすく、アプリ起動時間を約80%高速化 「Yahoo!カーナビ」に施設周辺の混み具合を予測する「混雑予報」 「Yahoo!カーナビ」に施設周辺の混み具合を予測する「混雑予報」

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る