アプリ&レビュー

2018/04/01

防災アプリ2018年版!避難訓練機能も試してみた

image こんにちは。ライターの内田ありです。

東日本大震災から今年で7年。震災直後の恐怖心は時が経つにつれて少しずつ薄れ、災害への備えもなんとなく曖昧になっている方もいるのではないでしょうか。でも、震災は突然にやってくるもの。みなさんの家では、緊急時に持ち出せる災害グッズをきちんと用意していますか?すぐ持ち出せる場所にありますか?消費期限などは大丈夫?そこで、災害から7年という節目をきっかけに、もう一度災害に対する備えを見直してみましょう。なかでも、いざというときに活躍してくれるのがスマホの災害アプリ。今回は、災害時においてさまざまな役割を果たしてくれる災害アプリをチェックします。

goo防災マップ(避難所、公衆電話、公共施設等を地図表示)
Android iOS
防災速報 – 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け
Android iOS
NHK ニュース・防災
Android iOS
東京都防災アプリ

避難訓練をしておけば、避難所までの道のりをアプリがナビ!

goo防災マップ(避難所、公衆電話、公共施設等を地図表示)
Android iOS
実際の震災時に安全な場所へと導いてくれるのが「goo防災マップ」。現在地から近い避難所やコンビニエンスストア、公衆電話、病院、公共施設などをマークで知らせてくれます。外出中に災害に遭って、どこへ避難していいかわからないときに便利に使えそうですね。また、指定した場所のおよそ3キロ範囲の地図データを端末に保存できるので、そのエリアであればオフラインでも地図を利用することができます。

image image

もう1つ便利なのが、今いる地点の海抜を色で教えてくれる機能。右上の山のマークをタップすると、マップが一面緑色に。緑だと海抜が低く、高くなるにつれて黄色から紫色に変化していきます。津波がくる恐れがある場合は、海抜が分かればなるべく高い場所へ避難を。スマホが向いている方向を矢印で示してくれているので、自分がどこへ進んでいるのかもわかりやすいですね。

image image

個人的に便利だなと思ったのが、避難訓練機能!実際に避難する予定の避難所へ歩いてみて、その道のりを登録しておくことができるのです。今回は、実際に新宿御苑の避難所まで歩いてみました!

image image

避難所を選んで、右下のマークにある人マークをタップ。避難訓練を行う場合は「OK」をタップします。そこから避難所へ安全な道を通りながら進み、避難所へ到着したら右下の人マークをもう一度タップして停止。これで、登録は完了です。新宿御苑は18万人以上の避難者を受け入れてくれる避難所になっているので、そのような情報を知っておくのも大切ですね。

image image

いざ、避難所へ避難するときには、このルート記録を再生して案内に従って避難することができます。自宅や会社近くの避難所の確認と、安全なルートであるかの確認などの意味でも、一度避難訓練をしておくと安心です!

災害時のプッシュ通知の内容を細かく設定できて便利!

防災速報 – 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け
Android iOS
このアプリを1つ入れておけば、地震・暴風警報・噴火警報・ミサイル通過などの政府発表など、さまざまな防災情報をいち早く知らせてくれます。もちろん、緊急地震速報にも対応。最大3カ所の地域を設定できるので、自宅やオフィス、実家などを登録しておきましょう。大きな災害以外でも、その地域の気象情報や事件・事故の情報など、日々の暮らしの中でも活躍してくれそうですよ。

image image

さらに、プッシュ通知を細かく設定できるのも魅力。たとえば、地震は「震度4以上」、豪雨予報は「30mm以上」など、どの程度でプッシュ通知がくるのかを自分で決めることができるのです。ほかにも、熱中症情報や火山情報など、自分がいる地域に関わる災害情報はオンにしておくと安心ですよね。

image image

次のページ 災害マップやライブ映像でいち早く知らせてくれる!

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る