アプリ&レビュー

2021/03/29

在宅ワークがもっと広がる!会社にしばられない新しい働き方「CARRY ME」とは?

4月から始まる新生活! 新しい環境で頑張る人にフォーカスされる時期ですが、新社会人・新入社員と「新」がついていない人だって4月は新しいこと始めたくなりますよね。

昨年の今頃は、否応無しに「在宅ワーク」と言われ家のネット環境を整えたり、デスク買ったり、仕事部屋を作ったり、忙しくしていた人も多いのではないでしょうか? もはや当たり前になった在宅ワーク、今年の4月からはもう少し仕事の幅を増やしてみてはいかがでしょうか?

広がる「しばられない」働き方

当たり前になったリモート会議。1年ですっかり慣れましたね〜

働き方改革が進み、副業・復業がOKな会社も増えてきましたよね。クラウドソーシングを活用して、社員の給料と同等もしくはそれ以上に稼いでいるなんて話も聞くようになりました。自分のスキルを今の職場以外でも活かしたいと考えている人には、いい時代になりましたよね。これまでの「働き方」は、会社で得たスキルを活かして他の企業で活躍するなんて許せない! なんて上司もいたかもしれませんが、今は逆に他でもレベルアップしてもらって企業にも還元してもらえれ全然OKという価値観も広がりつつあるようです。

とはいえ、新しいクライアントや職場以外でスキルを活かせる場を見つけるのは至難の業。私もフリーランスで3年働いていますが、新規で営業をすることはなかなかハードルも高くてできていませんでした。……とはいえ、新しい仕事はどんどんしていきたい! そんな人におすすめなのがビジネスでのマッチングサービス「CARRY ME」です。

キャリーミーは、企業の中核を担う案件を業務委託契約で紹介する、
ビジネス界におけるプロ契約のマッチングサービスです。

引用元:https://carryme.jp/

利用ステップもかなりシンプルで、使いやすそう

とのこと。私なんかは「お金かかるんじゃないの?」とか「登録しても仕事がないとかじゃないの?」なんて怪しんでしまうのですが(笑)、実際の利用の流れをみてみると特に料金はかからないとのこと。
また登録されている求人案件も3月1日時点で1,771件と多くの案件も掲載されているようです。案件の内容については無料でもみれるので、自分にあった案件があるかどうかチェックしてみると良いかもしれませんよ!

企業側もプロ人材側もまさにwin-winに

「CARRY ME」を活用することで、

企業側としては、「専門性の高い人材が欲しい」
雇用側としても、「専門性を活かして高収入を得たい」

と、まさに両者にとってウィンウィンな関係になっているのです。

今年、1月に発足した「日本の企業にプロ契約を」プロジェクトでは、このメディアを運営する株式会社Piece to Peaceの大澤社長が自身でもプロ人材で一緒に会社を盛り上げ、売り上げを伸ばした経緯を動画でも紹介していました。

運営会社が「プロ人材」を使って業績上げているなら納得!

面白い~!

今までの働き方といえば、正社員になってそこでキャリアを重ねていく……ということが当たり前でしたが、ここ数年ではそれが当たり前とはいえなくなってきましたよね。終身雇用制度が限界となり、Yahoo!のような大手企業も外部人材を採用するようになりましたし、働き方もどんどん自由になってきました。そんな時代を賢く生き抜くためにも、こういうサービスを活用することで利益も自由も得られるようになるなんて素敵ですね♪

プロジェクトに関する動画はこちらからどうぞ。

あの本田圭佑さんがアンバサダーに就任!

ちなみにこの「CARRY ME」の公式アンバサダーはなんとあの本田圭佑さん。「CARRY ME」のサービスに出資もしているということですが、このサービスのイメージにぴったりですよね。

5分くらいの動画ですが、「今」どんな働き方がトレンドなのかを客観的に語ってくれています。

新規事業を始めたい企業にとっても即戦力となる人材が見つかりやすいですし、登録している人たちにとっても毎日様々な企業と一緒にお仕事できると思えばとても楽しい場になるのではないでしょうか。

激しく変化する毎日で、自分のやりたいことを本気でやっていける人が増えて、日本の企業・社会人が元気になる日を楽しみにしていきたいですね!

andronavi

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る