アプリ&レビュー

2021/02/26

雑誌読み放題サービス10社比較&おすすめをタイプ別に紹介【2021】

雑誌1冊分の値段で何百冊もの雑誌がスマホで読み放題! サブスクリプション(定額制)サービスが普及した昨今、雑誌の読み放題サービスもたくさん登場しました。その反面ユーザーがどのサービスを選べばいいのか迷いやいのも事実。

そこで雑誌読み放題サービス10社を比較し、ユーザーのタイプ別におすすめサービスを紹介します。これでもう迷う事はありません。

雑誌読み放題サービス10社比較。定番から穴場まで

今回比較する雑誌読み放題サービスは以下の10社です。コストパフォーマンスの良い定番から、雑誌以外のコンテンツも充実したサービス、無料で利用できる穴場(もちろん合法)まで、幅広く集めました。

雑誌数 料金
(税抜)
雑誌以外のコンテンツ バックナンバー 無料期間
dマガジン 500誌以上 400円/月 - 31日間
楽天マガジン 500誌以上 380円/月
3,600円/年
- 31日間
Kindle Unlimited 1万誌以上
(※1)
891円/月 本、マンガ、ラノベ、洋書 30日間
ブックパス 300誌以上 380円/月
562円/月
本、マンガ、ラノベ、るるぶ 30日間
ブック放題 350誌以上 500円/月 マンガ、るるぶ 1ヶ月
読み放題プレミアム 110誌以上 462円/月(※4) マンガ 特殊(※6)
U-NEXT 80誌以上 1,990円/月 動画、本、マンガ、ラノベ - 31日間
FODマガジン(※2) 100誌以上 880円/月 動画、マンガ - 14日間
BOOK☆WALKER 80誌以上 760円/月 マンガ △(※5) -
Fujisan.co.jp 5,000誌以上(※3) 無料 - いつでも
無料

(※1)バックナンバーを含めた総数
(※2)FODプレミアムに加入した場合
(※3)一部読める雑誌と一冊全部読める雑誌の合計
(※4)Yahoo!プレミアム会員の料金
(※5)加入月以降のバックナンバーのみ閲覧可能
(※6)Yahoo!プレミアムのキャンペーンによる
なお全10サービスでオフラインでの閲覧と、PC(パソコン)での利用が可能

ユーザータイプ別おすすめを紹介

雑誌の読み放題サービスは雑誌専門、雑誌以外にも本や動画があるなどサービスにより傾向が異なるため、おすすめのユーザーも変わります。分けると以下の通りです。

コスパ重視! 雑誌だけ読めればOKな人におすすめ

・dマガジン
・楽天マガジン

詳しくはこちら

雑誌以外の書籍やマンガも読みたい人におすすめ

・Kindle Unlimited
・ブックパス
・ブック放題
・プレミアム読み放題

詳しくはこちら

動画も観られる! 映画・ドラマ・アニメ好きにおすすめ

・U-NEXT
・FODマガジン

詳しくはこちら

マンガ・アニメ・ゲーム雑誌に特化! サブカル好きにおすすめ

・BOOK☆WALKER

詳しくはこちら

無料で最大限楽しみたい人におすすめ

・Fujisan.co.jp

詳しくはこちら

コスパ重視! 雑誌だけ読めればOKな人におすすめ

『dマガジン』dポイント利用者の有力候補。楽天マガジンと要比較

『dマガジン』は『楽天マガジン』に並ぶメジャーな雑誌読み放題サービス。収録雑誌数は500誌以上で、週刊誌からビジネス、スポーツ、ホビーまで幅広く網羅されています。

月額は400円と『楽天マガジン』に比べわずかに高め。ですがこちらではdポイントが貯まるため(使用は不可)、ドコモユーザーなどdポイントを日常的に利用する人にはこちらが有力となります。

それでも迷う場合は、一度両サービスの雑誌ラインナップを見比べて、読みたい雑誌が多い方を選ぶのがおすすめです。

▲「雑誌から選ぶ」、「記事から選ぶ」のほか、「おすすめ」機能もあり。トレンドをチェックするのにもピッタリ。

31日間無料!

『dマガジン』に登録する

『楽天マガジン』お得な年間プランに注目。楽天ポイントも貯まる

『dマガジン』に並ぶ、メジャーな雑誌読み放題サービス。こちらは380円の月額プランと3,600円の年額プランが用意されており、年額プランなら960円お得になります。

雑誌数は500誌以上で、13ジャンルにバランス良く分類されています。SPA!、週刊ダイヤモンド、non-noなど主要な雑誌は一通り網羅。多くの雑誌が最新号の発売日と同時に配信されるのもポイントです。

さらに楽天ポイントの利用と獲得ができるので、楽天ヘビーユーザーの最有力候補です。

▲アプリ版のホーム画面。雑誌検索のほか、記事検索機能やトレンド表示機能もあり、読みたい情報を見つけやすい。

31日間無料!

『楽天マガジン』に登録する

雑誌以外の書籍やマンガも読みたい人におすすめ

『Kindle Unlimited』豊富なジャンルの雑誌+12万冊の和書が読み放題

Amazonの電子書籍読み放題サービス。雑誌数は非公開で、検索結果画面では1万冊以上。ただこれはバックナンバーを含めた総数である点は留意する必要があります。

雑誌のジャンルはビジネスからファッション、コミック、アダルトまで網羅されており豊富。加えて和書(本、マンガ、ラノベ)12万冊、洋書120万冊が読み放題で、全体のボリュームは最大級です。

その分月額料金は税込で990円と雑誌専門の読み放題サービスに比べると少々高め。ですが新規・再登録者を中心に割引キャンペーンも頻繁に開催されています。

実際に記事執筆時点の2021年2月24日では、新規登録で2ヶ月299円で利用できるキャンペーンが実施されています。

▲豊富なジャンルが揃っており、雑誌だけでも読み応え十分。加えて読み放題サービス最大級の和書・洋書が揃っている。

30日間無料!

『Kindle Unllimited』に登録する

Amazonプライム会員なら『Prime Reading』が利用可能。雑誌もあり

Amazonプライム会員なら会員特典として『Prime Reading』が利用可能です。これは『Kindle Unlimited』のコンパクト版と言えるもので約900冊の和書が読み放題になるサービス。そのうち約150冊の雑誌が読み放題です。

▲「✔prime」と付いている本が『Prime Reading』対象。雑誌もあるので、一度チェックしてみると良し。

『ブックパス』ラノベやグラビアも。「総合コース」がコスパ抜群

KDDIの電子書籍ストア『ブックパス』。「マガジンコース」と「総合コース」の2種類の読み放題コースが用意されています。2種類のコースで読める雑誌は同じ。

「マガジンコース」は月額380円で300誌ほどと、『dマガジン』などと比べるとボリュームは少なめ。

一方で月額562円の「総合コース」は雑誌に加え本、ラノベ、グラビア写真集、アダルトなど多彩なジャンルの本が読み放題になるため、コストパフォーマンスに優れています。

▲雑誌のほか本やラノベが月562円で読み放題。ほかグラビア、官能小説など大人向けの書籍も読めるのが特長。

30日間無料!

『au ブックパス』に登録する

『ブック放題』コスパの良いバランス型。マンガ、るるぶも読める

『ブック放題』はソフトバンク系列の雑誌・マンガ読み放題サービスです。月額500円で雑誌数は350誌以上と、ブックパスと似たような内容。ほか30,000冊以上のマンガが読み放題のため、そこに魅力を感じるなら検討の余地ありです。

また『dマガジン』など雑誌専門の読み放題サービスを除けば、るるぶを読める貴重なサービスでもあります。総合的に見ればコストパフォーマンスは妥当なラインです。

なおYahoo!プレミアム、ソフトバンク、ワイモバイルのいずれかのユーザーなら、『ブック放題』の簡易版『読み放題プレミアム』が追加料金なしで利用できるため、まずはそちらからお試しください。

▲他のサービスと同様、新刊雑誌を発売と同時に配信。ほかマンガ30,000冊以上が読み放題。

1ヶ月無料!

『ブック放題』に登録する

『読み放題プレミアム』Yahoo!プレミアム会員なら最初にお試しを

Yahoo! プレミアム会員(月額462円)の特典の一つで、Yahoo!プレミアム会員のほか、ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザーも追加料金なしで利用可能です。『ブック放題』の一部コンテンツが利用可能という形。

一部と言っても雑誌110誌以上、最新・バックナンバーの両対応とボリュームはなかなか。対象の人はまずこちらを試してから、他のサービスと比較検討をするのがおすすめ

なおマンガ読み放題サービスもありますが、2021年3月30日に終了予定です。その代わり3月16日より新たにSafari、STORY!、SPA!の配信が開始される旨がアナウンスされています。

▲週刊誌、スポーツ、ファッション、グルメなどジャンルは豊富。お試しとして見ると十分なボリューム感。

『読み放題プレミアム』を利用する

動画も観られる! 映画・ドラマ・アニメ好きにおすすめ

『U-NEXT』動画配信サービスとしてのボリュームは最大級

U-NEXT』は動画配信サービスとしてはメジャーなサービス。映画、ドラマ、アニメどれも妥協がなく、動画の配信本数は17万本以上を誇ります。

メインは動画配信ながら書籍の配信・販売を行っているのも特長。雑誌は週刊誌、ファッション、エンタメなどのメジャーどころ70誌以上が読み放題、ほかに本・マンガ・ラノベの一部作品も無料開放されています。

料金は月額1,990円と今回紹介する10社の中では一番高額。ですが毎月付与される1,200ポイントで有料コンテンツの購入が可能。十分元を取れるシステムになっています。

▲ライフスタイル、ファッション、IT、スポーツなど9ジャンルのメジャー雑誌を網羅。

31日間無料!

『U-NEXT』に登録する

『FODマガジン』料金、雑誌数など『U-NEXT』に勝る点あり

FODプレミアム・競馬予想TV!月額見放題コース・ONE/TWOsmart 2チャンネルセット・NEXTsmartコース・ONE/TWO/NEXTsmart 3チャンネルセットのいずれかに加入すると、セットで付いてくる特典。本記事ではFODプレミアムに加入した場合で解説します。

料金は月額888円。雑誌数は100誌以上と、単純な数字では『U-NEXT』以上。ほか一部マンガの読み放題もあります。

動画配信サービスとしては、フジテレビの番組を中心に約40,000作品が見放題。またこちらでも毎月最大1,300円相当のポイントが配布され、有料コンテンツの購入に利用可能です。

『U-NEXT』と比較すると料金や雑誌数、動画配信数などで一長一短あり。加入を検討するだけの材料は十分に揃っています。

▲SPA!、FLASH、SRIDAYなど、週刊誌だけでもU-NEXTにはない雑誌が結構ある。

2週間無料!

『FODプレミアム』に登録する

マンガ・アニメ・ゲーム雑誌に特化! サブカル好きにおすすめ

『BOOK☆WALKER』電撃系列、きらら系列などサブカル系に特化

KADOKAWA直営電子書籍サイトの『BOOK☆WALKER』に、雑誌・マンガの読み放題サービスがあります。雑誌数は約80誌と少なめですが、マンガ・アニメ・ゲームなどいわゆるサブカル系の雑誌に特化しているのが特長。

電撃系列5誌、まんがタイムきらら系列4誌など、他サービスにはない雑誌が目白押しです。

ほかにもマンガ単行本が20,000冊以上読み放題。サブカル文化が好きな人には一見の価値があります。

▲芳文社のまんがタイムきらら、少年画報社のヤングキングアワーズなどサブカル系雑誌が充実。出版社の枠を越えて読み放題。

『BOOK☆WALKER』に登録する

無料で最大限楽しみたい人におすすめ

『Fujisan.co.jp』雑誌を1冊丸ごと「タダ読み」できる唯一のサービス

数ある雑誌読み放題サービスの中でも、唯一無料で利用できるのが『Fujisan.co.jp』の「タダ読み」サービス。取り扱われている雑誌数は5,000冊以上です。

残念ながら全部が1冊丸ごと読めるとはいかず、最新号などは10ページ程度の試し読みに留まります。ですが最後まで読める雑誌も毎日更新されています。

特定の雑誌を定期的に読むよりも、日々新しい情報を取り入れたい時に向いています。

▲多彩なジャンルの雑誌が1冊全部タダ読みの対象に。公開終了まで30日近くあるため、余裕を持って読める。

【無料】Fujisanで雑誌を読む

読みたい雑誌・料金・好みを考慮して、ピッタリのサービスを選ぼう

雑誌だけ読めればいいのなら、『dマガジン』・『楽天マガジン』のどちらかでOK! 読みたい雑誌と付与されるポイントを加味して決めましょう。

特に読む雑誌が決まっていないなら、無料の『Fujisan.co.jp』でお試しするのもありです。

雑誌以外の書籍も読みたいなら『Kindle Unlimited』、映画・ドラマ・アニメも幅広く観る人には『U-NEXT』、『FODマガジン』がおすすめです。

好みの雑誌のジャンルや雑誌を読む頻度に合わせて、ピッタリのサービスを選びましょう。

こちらの記事もおすすめ

Appliv TOPICS

関連記事

完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【2月26日更新】 完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【2月26日更新】 LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る