アプリ&レビュー

2022/02/24

ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』動画を全話無料視聴する方法! おすすめの配信サービスを紹介

人気ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』は、動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」で見放題です。初回31日間無料体験を利用すれば、全話無料で視聴できます。

「1話から見直したい」「違法ではなく公式配信で観たい」「タダで『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』をフル動画で観賞したい」「配信しているサブスクはどこ?」という方は要チェックです。

ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』配信中!
U-NEXTの31日間無料トライアルに登録する

\全話見放題!/

31日間無料「U-NEXT」で『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を観る

ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』作品概要

話数 12話
放送年 2010年
放送日 4月6日~ 毎週火曜日 22時00分
放送局 フジテレビ系
監督/演出/脚本/プロデューサーなど 後藤法子
制作会社 関西テレビ放送
MMJ
キャスト 白鳥圭輔:仲村トオル
田口公平:伊藤淳史
和泉 遥:加藤あい
佐藤伸一:木下隆行
栗山弥生:浅見れいな
滝沢秀樹:松坂桃李
永山康友:足立 理
浅野和彦:竹内太郎
藤原真琴:名取裕子
花房美和:白石美帆
速水晃一:西島秀俊
長谷川崇:戸次重幸
関連リンク 公式サイト
あの田口&白鳥コンビが帰ってくる!

 累計780万部突破の大ベストセラー、「チーム・バチスタの栄光」シリーズ。
 その中でも、シリーズ最高傑作の呼び声高い第3作「ジェネラル・ルージュの凱旋」に、オリジナルのストーリー&ミステリーを加え、新しいメディカル・エンターテインメント・ドラマが誕生します!

2010年春、前代未聞の救急医療ミステリーが誕生します!
 今回の舞台は、現代医療の最前線「救命救急センター」。一瞬の迷いや判断ミスが命取りになる現場に、素性も病名もわからぬまま搬送されてくるさまざまな患者たち。
 でも、原因は必ずある。
 ヒントは患者のカラダ、言葉、生活の中。
 奇病から難病まで現代人をむしばむさまざまな病気を徹底的に究明していく救命医たちの謎解き医療ミステリーです!
 本ドラマでは、一話完結の医療ミステリーを展開しつつ、全話を通して“救命医療の理想と現実”を描いていきます。
 真相を究明するのはもちろん、2008年秋の連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』、2009年のスペシャルドラマ『ナイチンゲールの沈黙』でおなじみの、人がいい心療内科医・田口公平(伊藤淳史)と厚生労働省の変人官僚“ロジカルモンスター”・白鳥圭輔(仲村トオル)。
 田口は今、救命医療の現場で必要性が叫ばれている救命救急精神科医として、また白鳥は厚生労働省として病院監査のため、過酷でリアルな救命現場に実際に飛び込み、医療の謎に迫ります。
 そしてこのでこぼこコンビと、時に敵となり時に味方となりながらともに究明していくのは、患者を救うためならどんな汚いことにも手を染めかねない天才救命医で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名をもつ速水晃一。
 田口が患者の心と向き合い、白鳥が膨大な知識と情報データで論理分析、そして、速水の経験値と判断・実践力とで病因を解明していきます。天才救命医・速水晃一の加入で、バチスタシリーズからさらにパワーアップすることは間違いありません!
出典元: チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を公式で無料視聴できるサイト

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』の配信状況

サービス名 配信状況 お試し期間など

U-NEXT

見放題
31日間無料
600ポイント付与

Hulu

見放題
2週間無料
ポイント付与なし

FODプレミアム

見放題
2週間無料
100ポイント付与

Paravi

見放題
2週間無料
ポイント付与なし

ABEMAプレミアム

見放題
2週間無料
ポイント付与なし

Amazon
プライム・ビデオ

レンタル
30日間無料
ポイント付与なし

TELASA

レンタル
2週間無料
ポイント付与なし

TSUTAYA TV

レンタル
30日間無料
ポイント付与なし

Netflix
×
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし

dTV
×
配信なし
31日間無料
ポイント付与なし

Disney+
(ディズニープラス)
×
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし

2022年2月15日時点の情報です。最新の配信状況は各サービスをご確認ください。

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』第1話からのあらすじ一覧

第1話:

第1話のあらすじ  ある日、東城医大病院・救命救急センターでは、医師の佐藤伸一(木下隆行)ら救命チームが次々と運び込まれてくる重症患者の対応に追われていた。そんな中、勤務中に突然意識を失ったキャビンアテンダント・杉山沙希(田畑智子)を搬送したいとの連絡が入る。すでに満床だと断ろうとする佐藤。ところが、そこに現れたセンター部長の速水晃一(西島秀俊)が佐藤を遮り、強引に沙希の受け入れを決めてしまう。

 速水の指示を受け、テキパキと病室の確保に動く救命医の和泉遥(加藤あい)と看護師長の花房美和(白石美帆)。神がかり的な医療技術で天才とも呼ばれる速水が、救急患者を決して断らず、院内の状況もお構いなしに受け入れてしまうのはいつものことだった。「いつかウチはパンクしますよ」とこぼす救命医の長谷川崇(戸次重幸)を、佐藤が「速水先生だからしょうがない」となだめる。

 そんな折、心療内科特別愁訴外来で患者の話に親身に耳を傾けていた医師の田口公平(伊藤淳史)は、たずねたいことがあると救命救急センターに呼ばれる。沙希に特別愁訴外来で診察を受けた記録があり、そのときのことを覚えていないかというのだ。沙希の受診は2年前。しかもカウンセリングは一度きりだったが、病歴や家族構成、キャビンアテンダントを目指していると話したことまで克明に覚えていた田口に舌を巻く佐藤ら。

 その直後、意識がはっきりしないままベッドに横たわっていた沙希が突然ビクンと体を起こし、すぐにまた失神する異常な症状を示した。何が起きたのかと慌てる長谷川。とそこに、スーツ姿の男がやって来ていきなり一同に声をかけると、沙希の症状を勝手に診断し始める。傍若無人な男の振る舞いを和泉らが怪訝に見守る中、ただひとり「白鳥さん、なんで?」と声をあげる田口…。白鳥圭輔(仲村トオル)がまたも厚生労働省から乗り込んできたのだった。

 まもなくそこに現れた速水に白鳥は、『チーム・バチスタ』の事件以来、厚労省が定期的に行っている抜き打ち監査で、今回の監査対象が救命救急センターになったと告げる。「よろしくね、速水センセイ?」と不敵に笑う白鳥を、速水は探るような表情でじっと見返して…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第2話:

第2話のあらすじ  救命救急センターに“集団過呼吸”を起こした若い女性たちが運び込まれた。彼女らはミスコンテスト日本代表の座をかけ、2週間後に迫った最終予選に向けてレッスンを受けていたが、その中のひとり・青木恵理(藤井美菜)が突然過呼吸を起こしたことからほかにパニックが伝染したという。
 まもなく、症状が落ち着いた女性たちは帰宅を許可される。だが恵理だけは足もとがふらつき、手に麻痺が残っていた。速水(西島秀俊)は恵理を残らせ、検査入院させることに。田口(伊藤淳史)は数日で済む検査だと説得するが、恵理はレッスンを休むわけにはいかないと抵抗。心配する仲間に「ライバルが減って喜んでるくせに!」と暴言を吐き、再び過換気を起こして倒れてしまう。
 一方、白鳥(仲村トオル)は院内で見かけたメディカル・アソート社の佐々木英二(堀部圭亮)に声をかけ、速水との関係を問いただす。15年ほど前、速水がデパートの大規模火災で多くのケガ人を救い、“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”と呼ばれるようになったころからメディカル・アソート社と深くかかわるようになり、時を同じくしてメディカル・アソート社が一大医療代理店へ急成長を遂げたことを指摘する白鳥。その追及をかわした佐々木は「あなたには関係のない話だ」と言い捨てて立ち去る。
 翌日、恵理の検査が行われるが、体のどこにも異常が見当たらず、和泉(加藤あい)は精神的なストレスが過換気を引き起こしたと診断。田口や長谷川(戸次重幸)もこれに同意し、退院させても問題ないと判断する。ところが速水は「いや、まだ何かある」とつぶやき、佐藤(木下隆行)に引き続き恵理の状態を観察するよう指示する。
 病室を訪ねた田口らに、恵理は「早く退院させて」と懇願。自分が入院している間にライバルたちに先を越されてしまうと焦りを募らせていた。そんな折、恵理の婚約者・菅原誠(金井勇太)が心配して駆けつけるが、恵理は面会を拒否。花房に「一生隠し続けるつもりの秘密を隠し続けるのが苦しくなったら、あなたならどうする?」と謎めいた言葉を投げかける。
 この後、誠に会った田口は、恵理が無理なダイエットをしていたことを聞く。一方、恵理の観察を続けていた佐藤らはある深刻な異状に気づく。そんなとき、恵理が病室から逃亡。病院を抜け出してレッスンに戻ろうとするが、ふいに視界が歪んで階段から転落してしまい…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第3話:

第3話のあらすじ  飲み屋や風俗店の並ぶ深夜の繁華街で腹を刺された塚田康史(渡辺哲)が救命救急センターに搬送されてきた。目撃証言によれば、塚田は大声をあげながらチンピラ風の男に殴りかかり、反撃に出た男にナイフで刺されたらしい。

 警察は、酔っぱらい同士のケンカと判断。救命センターに駆けつけた塚田の妻・基子(根本りつ子)に事情を聞くが、基子はおとなしい性格の塚田がケンカなどするわけがないと信じられない様子。ましてや普段から酒を一滴も口にしない塚田が、なぜ夜の繁華街に行ったのかもわからないと言う。そして検査の結果、塚田の体からアルコールは検出されず、飲酒の形跡はなかった。

 翌日、田口(伊藤淳史)がICUの塚田を訪ねると、昨夜とは別人のように穏やかな様子。ところが事件の前後の記憶はまったくなく、気がついたときには病院にいたという。さらに塚田は現場近くの心療内科に通っていたことを告白。定年を目前に気が塞ぐことが多くなり、基子には内緒で診察を受けていたらしい。そして喉が渇いたと水を飲み始めた塚田を残し、田口はICUを後にする。

 まもなく、看護師の弥生(浅見れいな)が取り乱した様子で医局に駆け込んできた。塚田が急に暴れ出したというのだ。和泉(加藤あい)が駆けつけると、塚田は酔ったような状態で「おまえらじゃ話にならねえんだよ!」などと看護師に暴言を吐いていた。さらに脈をとろうとする和泉を乱暴に突き飛ばし、水差しから水をがぶ飲みすると、奇声をあげて失神してしまう。

 その頃、田口は塚田が通っていた心療内科を訪れ、担当の医師に話を聞いていた。塚田は、ときどき自分が自分でないような気がする、眠りも浅く、不安を覚えるといった症状を訴えていたという。医師は人生の後半に差し掛かった中高年が自己喪失感や不安に襲われる“ミッドエイジクライシス”と診断し、精神安定剤を処方したというのだが…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第4話:

第4話のあらすじ  フリージャーナリスト・目黒(嶋田久作)の容態が急変し、救命救急センターの初療室に運び込まれた。妻の光子(広田レオナ)が目黒に離婚を切り出そうとしていた矢先の出来事。速水(西島秀俊)らは懸命に救命処置を行うが、目黒は心停止に陥ってしまう。退院も近いと聞かされていた光子は、回復していたはずの夫の体に何が起こったのかと取り乱す。

 急変の原因は心臓の血管の一部が詰まったことによる心筋梗塞だった。一刻も早く血流を再開させ、心臓に血液を送らなければ蘇生の見込みはない。速水は詰まった箇所をカテーテルで拡げる治療を試みようとするが、設備の整ったカテーテル室に空きがない。そこで速水は初療室でカテーテル治療を行うと言い出す。必要な設備もない環境ではリスクが高すぎると佐藤(木下隆行)や長谷川(戸次重幸)らは反対するが、ほかに方法はないと速水に押し切られる。

 速水の無謀な決断を和泉(加藤あい)から聞き、驚いた田口(伊藤淳史)は初療室へ。そのとき一瞬目を見開いた目黒が、「光子に『函館』と伝えて欲しい」とつぶやき、再び意識を失った。一方、白鳥(仲村トオル)は初療室の様子をうかがう佐々木(堀部圭亮)を見かけ、目黒の容態を確認しに来たのかと詰問。速水との収賄関係を暴く情報を目黒に握られ、邪魔になって消そうと仕組んだのではないかと疑惑をぶつけるが、一蹴されてしまう。
 その直後、白鳥は光子から手術の承諾を得ようとカテーテル治療の説明をしていた佐藤に出くわす。「危険すぎる」と佐藤に詰め寄る白鳥の言葉を聞いた光子は、ことの重大さを知ってがく然。初療室へと駆けだしていく。

 初療室では、速水が必死に心臓マッサージを続け、目黒の命を繋ぎとめていた。まったく反応のない目黒の姿にショックを受けた光子は「助からないなら楽にしてあげて」と涙を浮かべて懇願。だが速水は「助かるかもしれない命です。このまま諦めたくはない」と不安がる光子を説得し、手術を承諾させる。

 そんななか、白鳥は田口に速水への疑いを漏らす。リスクの高い治療を速水があえて強行するのは、収賄の証拠をつかんだ目黒の口を封じるため、治療に見せかけて殺そうとする意図があるのではないかというのだ。「助けるためのカテーテル? 殺すためのカテーテル?」という白鳥の言葉に田口は絶句する。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第5話:

第5話のあらすじ  人気歌手の真山香苗(岩田さゆり)がレコーディング中に倒れた。過密スケジュールをこなす香苗にはここ半年休みがなく、最近は咳や高熱が続くなど体調は悪かったという。だが母親でマネジャーのみどり(森口瑤子)は、1カ月後に全国ツアーを控えた香苗の入院を長引かせるわけにはいかないと速水(西島秀俊)に詰め寄って騒ぎ立て、救命チームの手を焼かせる。

 同じ頃、白鳥(仲村トオル)と田口(伊藤淳史)はある高級クラブを訪れていた。店のママは、目黒(嶋田久作)が撮った写真に国会議員の鴨志田一郎(本田博太郎)、メディカル・アソート社の佐々木(堀部圭亮)とともに写っていた斎藤彩子(麻生祐未)。白鳥は2人との関係について探りを入れるが彩子は取り合わず、白鳥と田口をけんもほろろに追い出してしまう。

 翌日、香苗が若年層に多いマイコプラズマ病原体が原因の軽い肺炎を起こしていたとわかった。長谷川(戸次重幸)らはマクロライド抗生剤の投与による治療を開始する。速水は、香苗の退院の時期をしつこく聞き回っては病院スタッフを困らせているみどりへの対応を田口に指示。症状が軽いため入院は長引かないと田口が説明すると、みどりは「早くそう言ってよ」とそそくさと去っていく。

 だが、まもなくして香苗の全身に発疹が現れ始めた。速水らは、香苗にマクロライドのアレルギーがあると判断し、抗生剤をニューキノロンに変更。このことを田口から聞かされたみどりは、肺炎も治せないうえに発疹まで起こさせたのかと怒り出し、「お金だったらいくらでも払うから、1日も早く退院させて」と言い張って田口を困惑させる。

 その夜、弥生(浅見れいな)が長谷川を呼び出し、速水が佐々木から金を受け取っている現場を目撃したと告白。院内でもささやかれている癒着の噂を口にし、何かを企むかのように「噂が本当なら、速水先生を病院から追い出せるんですかね?」とつぶやく。一方、彩子のクラブのそばで張り込んでいた白鳥は、店の前で止まった車から佐々木と鴨志田が出てくるのを目撃する。

 そして香苗の入院から3日後、医局は思わぬ事態に騒然となっていた。香苗の炎症が肺の隅々まで広がり、回復するどころか急激に悪化していたのだ。抗生剤がまったく効いていないことにがく然となる救命チーム。知らせを受けた田口も医局に駆けつけるが…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第6話:

第6話のあらすじ  メディカル・アソート社が大規模な医療施設“MAH”の建設を計画していると知った白鳥(仲村トオル)と田口(伊藤淳史)。計画書にはセンター長として速水(西島秀俊)が名を連ねていた。田口は、速水が心血を注ぐ東城医大の救命救急センターを捨ててほかに移るはずがないと信じられない様子。そこで白鳥は、本人に真相を確かめようと田口を連れて速水の部屋に乗り込む。

 部屋では速水と佐々木(堀部圭亮)が密談中だった。白鳥はメディカル・アソート社に浮上している疑惑を佐々木にぶつける。医療機器の認可を早めるために賄賂をばらまき、臨床データの改ざんまで行っているのではないかと詰め寄る白鳥を、佐々木は「根も葉もない噂」と一蹴。一方、速水はMAHのセンター長に就任するつもりだとあっさり認め、田口を驚かせる。

 そんな折、自宅の階段から落ちて意識を失った女性・山崎智子(大路恵美)が救命救急センターに運ばれてきた。付き添ってきた車いすの少年は、息子の健人(桜田通)だった。健人が速水に直接電話をかけ、搬送を依頼してきたという。異例のことに病院スタッフは智子が速水の恋人ではないかと詮索。2人の関係に気を揉む和泉(加藤あい)に、健人は速水が「命の恩人」だと話す。

 5年前、健人は事故で瀕死の重傷を負ったが、速水の処置で命を救われたというのだ。ホッとした和泉は、健人のようなケガから回復した患者の元気な姿を見るとうれしいと告げる。これにほほえみを返した健人だが、和泉が去った後に笑みが消え、「僕のどこが元気そうにみえるんだろう」とつぶやくのを田口が聞いてしまう。

 智子は過労による軽い貧血と判明。すぐに回復すると佐藤(木下隆行)から説明を受けていた健人の前に速水が現れた。自分のことを覚えているかとたずねる健人。だが速水は記憶にないとそっけなく答え、命を救った患者のことは退院すればすぐに忘れてしまうと突き放す。

 この言葉に健人は逆上。近くにあった医療用のハサミをつかんで「救ったなんて言うな!」と速水に襲いかかる。命は助かったが下半身に残った障害のせいで車いす生活となり、母親に介護の負担を強いて過労に追い込んだと自分を責める健人は「あんたが死なせてくれればよかった!」と速水に怒りをぶつけると、突然、激しいけいれんの発作を起こす。騒然となる速水らは、発作の原因が5年前の事故にあるのではないかとにらむが…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第7話:

第7話のあらすじ  勅使河原聖也という源氏名でホストクラブに勤める鈴木浩(八神蓮)が接客中に意識を失った。血中アルコール濃度が高かったことから、和泉(加藤あい)らは急性アルコール中毒と診断。だが、聖也に付き添ってきた客の下村理沙子(末永遥)は、酔い潰れるほど酒は飲んでいなかったはずだと不審がる。

 同じ頃、東城医大に糖尿病で通院中の老人・寺内昭三(でんでん)が搬送されてきた。昭三は腰痛を訴えていたが、自分の足で歩けるほど元気な様子。どうやら、病院に向かうタクシー代わりに救急車を呼びつけたらしい。ICUに入院させろと騒ぎ立てる寺内。田口(伊藤淳史)が断ろうとすると、怒り出した寺内は鴨志田(本田博太郎)と自分の関係をちらつかせ、「先生に頼んだらお前なんか一発でクビだ」と言い放つ。

 内科の担当医から寺内の扱いに注意しろと警告を受けた田口は、腑に落ちないながらもICUで寺内の面倒を見ることに。このことを田口から聞かされた白鳥(仲村トオル)は、寺内と鴨志田の関係に興味を抱く。

 そんなとき、事務長の三船大介(利重剛)が白鳥に、速水(西島秀俊)の不正を暴く証拠は見つかったのかと声をかけてきた。速水の排除を目論む三船は、応急処置や短期入院では対応できない心筋梗塞などの重篤な患者を扱う“三次救急”を廃止するつもりだと断言。あらゆる患者を受け入れ、検査や薬品に莫大な金を使う速水のやり方では赤字がかさむばかりで、このままでは東城医大の経営が破綻しかねないと速水を疎ましく思っていたのだ。

 翌日、佐藤(木下隆行)はこのところ頻繁に速水を訪ねてくる佐々木(堀部圭亮)の姿を見かけて複雑な表情に。速水がメディカル・アソート社から金を受け取っているという噂を佐藤の耳に入れた長谷川(戸次重幸)に「それ、誰にもしゃべってないよな?」と釘を刺す。同じ頃、寺内から話を聞こうとICUに勝手に入り込む白鳥。寺内が鴨志田の地元の支援者であることを聞き出すが、割って入った花房(白石美帆)にとがめられ、追い出されてしまう。

 一方、聖也は順調に回復し、理沙子に付き添われて退院。ところが、自宅マンションに戻ると突然錯乱状態に陥り、理沙子の制止を振り切ってベランダから飛び降りようとする異常な行動を示し…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第8話:

第8話のあらすじ  田口(伊藤淳史)の提案で倫理委員会が招集され、ついに速水(西島秀俊)の収賄疑惑が追及されることに。和泉(加藤あい)は怪文書を書いたのは自分だったことを田口に告白。誰にも見せずに処分したはずの怪文書が、なぜ三船(利重剛)に渡っていたのかわからないと慌てふためき、委員会で速水を守って欲しいと田口に頼み込む。

 そんな折、腰痛でICUに入院している寺内(でんでん)が末期ガンに冒されていたことが判明。娘の坂崎裕美子(渋谷琴乃)が病院に駆けつけるが、寺内は金の無心に来たと決めつけて罵倒し、面会を拒む。裕美子は7年前、寺内に結婚を反対されて家出して以来、寺内とは絶縁状態。5歳になる息子が生まれていたことすら知らせていないと聞いた田口は、寺内と孫を引き合わせようと病室へ。初めて孫の顔を見た寺内は、裕美子の面会を受け入れる。

 倫理委員会では田口、白鳥(仲村トオル)、三船や心臓血管外科の黒崎教授(榎木孝明)ら東城医大のそうそうたる面々が会議室に顔をそろえた。患者の治療を優先し、定刻に遅れて現れた速水と佐藤(木下隆行)に黒崎はぶ然とし、ルールを守らない男だと非難。そんな中、高階病院長(林隆三)の不在を知り「あの人がいないんじゃ、話にならない」と言い放つ速水を、田口が説得。

 ようやく委員会が始まった。議長である田口は三船に送られた怪文書と、救命救急センターでのメディカル・アソート社のカテーテル使用頻度を示した資料をもとに、怪文書に書かれていた不正は事実なのかと速水を追及。すると速水は賄賂を受け取っていたことを平然と認め、一同を騒然とさせる。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第9話:

第9話のあらすじ  病棟の廊下で倒れていた寺内(でんでん)の呼吸はすでに停止していた。佐藤(木下隆行)は手を貸そうとする速水(西島秀俊)を遮り、和泉(加藤あい)、長谷川(戸次重幸)ら救命チームのメンバーだけで蘇生させようとする。しかし、懸命な救命処置も空しく、寺内は息を引き取ってしまう。

 白鳥(仲村トオル)は寺内の死因に疑問を呈する。末期ガンとはいえ、数時間前まではしっかりと意識もあった寺内の病状が、これほど急激に悪化することは考えられない、と。そんな中、田口(伊藤淳史)が点滴装置に異常を発見。短時間で大量に注入すれば呼吸停止の危険もある鎮痛剤が、規定の10倍もの量で投与されるよう設定されていたのだ。「このチームの誰かが注入量を間違った。寺内さんの死因は医療ミスの可能性がある!」と指摘する白鳥の言葉にショックを受ける一同。

 そして、誰がミスをしたのかを巡る“犯人探し”が始まった。花房(白石美帆)は寺内に付き添っていた弥生(浅見れいな)に、長谷川は点滴の用意をした和泉に疑惑を向け、救命チームは殺伐とした空気に包まれる。だが田口には、優秀なチームのメンバーがこれほど重大なミスを犯すとは考えられない。そんな田口に白鳥は、誰かが故意に点滴を操作して寺内を死に追いやった“殺人”である可能性を指摘。寺内が鴨志田(本田博太郎)に関する重要なことを打ち明けようとしていたことから、不審な死には鴨志田が絡んでいるとにらんでいた。

 そんな折、知らせを受けて駆けつけた寺内の娘・裕美子(渋谷琴乃)が病院に到着。佐藤は医療ミスの疑惑を隠し、すでに息のなかった寺内の蘇生を行ったが力が及ばなかったと裕美子に伝える。一方、速水は「俺のチームにあんなミスをする人間はいない」と白鳥に断言。真相の究明を白鳥に託す。同じ頃、和泉は「ミスをしたのは私かも」と不安を田口に漏らし、「もう自分で自分が信じられない」と苦しい胸の内を訴える。

 翌日、白鳥は寺内の死因を明らかにしようと、田口とともに調査を開始。そんな折、あることに不審を抱いた裕美子が寺内の遺体を渡せと騒ぎ出し…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第10話:

第10話のあらすじ  寺内(でんでん)の死因は医療ミスではなく、事故に見せかけて殺されていたことが発覚。警察による捜査が始まった。白鳥(仲村トオル)は、所轄の武田刑事(山中崇)が顔見知りだったことから捜査に介入。殺害方法から医学の知識がある者の犯行と推理し、東城医大の内部の人間に疑惑を向ける。

 犯人が凶行におよんだと思われる時間帯は、弥生(浅見れいな)が寺内から目を離した18時過ぎから、倒れている寺内が発見された19時までの1時間。武田は救命チームに事情聴取を行い、その間のアリバイを調べる。佐藤(木下隆行)、和泉(加藤あい)と研修医らは初療室にいたことを互いに証言。しかし、長谷川(戸次重幸)を目撃したという者は誰もいなかった。

 そんな中、速水(西島秀俊)は花房(白石美帆)と一緒にいたと話すが、それを証明する手立てがない。救命センターのスタッフに次々と疑いを向け、追及しようとする白鳥。バチスタ事件の再来を予感させる状況に、田口(伊藤淳史)は「救命チームを疑って、真相を解明していくことが仲間を守ることになる」と疑惑解明へ意欲をみせる。そんな田口に白鳥は、病院の外部にも怪しい人物はいると告げる。白鳥は事件当時、救命センターを訪れていた佐々木(堀部圭亮)の姿を目撃していたのだ。

 寺内は、鴨志田(本田博太郎)の秘密を白鳥と田口に明かそうとした矢先に殺害された。鴨志田と繋がりのある佐々木が事件に関する重要な事実を知っている可能性は高い。さっそく田口は佐々木に話を聞こうとするが、出張中で連絡がとれない。事件が発覚したタイミングで姿をくらました佐々木に、白鳥はますます疑念を深める。

 一方、長谷川は犯行時間に院内にはいなかったと証言。だが、何をしていたかについての供述は曖昧で、アリバイは立証されないままだった。速水に不満を募らせていた長谷川が、速水の失脚を狙って医療ミスを仕掛けたのではないかと疑いを本人にぶつける白鳥。すると長谷川は、寺内が倒れていた現場の近くを慌てた様子で通り過ぎる花房を見たと明かす。白鳥と田口は花房を追及。何をしていたのかと問いただすが、花房は固く口を閉ざし…。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第11話:

第11話のあらすじ  意識不明の状態で発見され、東城医大に運び込まれた速水(西島秀俊)と佐々木(堀部圭亮)に騒然となる救命チーム。まもなく速水は意識を取り戻したが、佐々木はナイフで胸を刺される致命傷を負い、すでに死亡していた。2人に何があったのかを聞き出そうと速水を問い詰める白鳥(仲村トオル)。速水は、佐々木から寺内(でんでん)に大量の鎮痛剤を投与したと告白されたことを明かしたが、それ以外のことは何も覚えていないという。

 その夜、速水は佐々木からナイフを奪ったことを思い出し、「佐々木を殺したのは俺かもしれない」とつぶやく。田口(伊藤淳史)らは衝撃を受けるが、その直後、速水はけいれんを起こして再び意識を失った。そんな折、ビルから落下した看板の下敷きになり、頭部を打撲した女性が救命救急センターに搬送されてきた。その患者は、鴨志田(本田博太郎)や佐々木が通っていたクラブのママ・彩子(麻生祐未)だった。

 佐藤(木下隆行)や和泉(加藤あい)、長谷川(戸次重幸)ら救命チームは速水の異常に気を揉んでいた。発熱や頻脈が続き、けいれんまで起こす速水の症状は、単なる過労によるものとは思えない。そのうえ、速水の口から佐々木の殺害をほのめかすような言葉が飛び出したことに激しく動揺していた。

 そんな一同に白鳥は、速水が佐々木、さらに寺内まで殺害した可能性があると告げる。寺内と佐々木はメディカル・アソート社の療養施設の予定地が土壌汚染された危険な土地だったという秘密を知っていた。療養施設の建設にこだわっていた速水が自らの目的を遂げるため、秘密を守ろうと2人の口を封じたとも考えられるというのだ。

 そんなとき、花房(白石美帆)が寺内殺しの犯人は速水ではないと断言し…。

 翌日、凶器のナイフから佐々木と速水の指紋が検出され、警察は収賄関係にあった2人の仲間割れと見て捜査を開始。しかし、真相はほかにあるとにらむ白鳥と田口は、独自の調査に乗り出す。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

第12話:

第12話のあらすじ  血を吐いて倒れた速水(西島秀俊)は心不全に陥っていた。佐藤(木下隆行)ら救命チームは心筋梗塞とみてその原因を探るが、心臓の血管に異常はなく、心筋の炎症によって心機能が急激に低下していることが判明。速水の悪性リンパ腫が、脳だけではなく心臓までむしばみ始めているとすれば、心不全の進行は止めようがなく、絶望する佐藤ら救命チームのメンバー。

 一方、佐々木(堀部圭亮)が殺された事件の真相を追う白鳥(仲村トオル)と田口(伊藤淳史)は、自分が犯人だと主張する速水の証言に不審を抱いていた。速水がかばおうとする人物の犯行だとにらむ白鳥は、花房(白石美帆)に疑惑を。だが田口は、花房が倒れている速水を見捨てて現場を立ち去るはずはないと反論。2人は、速水の嘘を検証しようと犯行現場の城東デパート跡地に向かい事件現場を調べると、そこで意外な事実を知る。

 翌日、白鳥と田口は花房を連れて再び現場へ。佐々木が殺された夜、ここで速水が花房の姿を見たと話していると嘘をついてかまをかけると、花房は激しく動揺。やはり花房は、現場で速水が倒れていたことを知らなかったのだ。さらに白鳥は、実は花房が真犯人で、病状の重い速水がその罪を着たまま亡くなってしまえば好都合だと考えているのではないかと追及。すると花房は激怒し、「速水先生を守りたかった」と事件の夜、現場にいた理由を打ち明ける。

引用:チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 公式サイト

\全話見放題!/

31日間無料「U-NEXT」で『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を観る

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を無料視聴する方法

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を無料視聴する方法は、大きく2つあります。

①動画配信サービスの無料体験を使って視聴する
②テレビ地上波や「Youtube」「ニコニコ動画」「ABEMA」などの再放送を待つ

②の方法は自分の好きなタイミングで見られるものではなく、ピンポイントで観たい作品が配信される可能性は低いので、①の方法について解説していきます。

「過去の放送話をまとめて視聴したい」「再放送まで待てない」という人には、全話無料で視聴できる「U-NEXT」の利用がおすすめです。31日間の無料お試し期間中に退会すれば費用は一切かからず、『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』以外の作品まで楽しめます。

\全話見放題!/

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を31日間無料で視聴する

「U-NEXT」の無料トライアルで全話無料!

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』全話をイッキに観られるおすすめ配信サービスは、「U-NEXT」。「U-NEXT」は、21万本以上が見放題という、業界トップの配信数が魅力的な動画配信サービスです。

通常は月額2,189円が発生しますが、初回限定で31日間無料トライアルが利用可能。お試し期間中であれば見放題作品がすべて0円!登録・解約の手続きも2~3分ほどで終わるため、今すぐに『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』全話を視聴したい人におすすめです。

登録方法 4STEP

『U-NEXT』公式サイトへアクセス
② [まずは31日間 無料トライアル]をタップ
③ 必要情報を入力する
④ 支払方法を選択して登録完了

※数分で簡単に登録完了できます。

解約方法 4STEP

① メニューにある[アカウント設定]をタップ
② [契約内容の確認・解約]を選択
③ 月額プランの[解約はこちら]を選択
④ [同意する]にチェックして解約完了

※手順は簡単なのでご安心を。

\ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を配信中!/

U-NEXTに無料登録する

「U-NEXT」とは? サービス概要・特徴

「そもそも『U-NEXT』はどんなサービス?」「他に観られる作品は何?」と疑問に思う方いるでしょう。

そこで「U-NEXT」の概要と特徴を、わかりやすく紹介します。

「U-NEXT」の基本情報

『U-NEXT』はUSEN-NEXT HOLDINGS子会社、株式会社U-NEXTが運営する動画配信サービスです。

21万本以上の見放題作品に2万本以上のレンタル作品(PPV、ペイパービュー)、110誌以上のファッション雑誌や週刊誌が読み放題、マンガ・ラノベなど60万冊の電子書籍まで揃っています。

毎月配布される1,200円分のポイントを使って、最新の映画レンタルやマンガ購入も可能。「観るのも読むのも、これひとつ。」と謳っているだけあって、動画から書籍までコンテンツが充実しています。

作品数 22万本以上
月額料金 2,189円(税込)※1
無料お試し期間 31日間 ※2
ダウンロード機能
有料レンタル(PPV)
同時視聴台数 4台 ※3
支払方法 クレジットカード
キャリア決済
楽天ペイ
Amazon.co.jp
Apple ID
ギフトコード/U-NEXTカード(プリペイドカード)
運営会社 株式会社U-NEXT
こんな人におすすめ 新作映画も観たい
具体的にどの作品を観たいか決まっていない
雑誌やコミックなど、幅広く楽しみたい

※1:iOS版アプリから登録した場合は2,400円(税込)。Webからの登録がおすすめ
※2:iOS版アプリから登録した場合は1ヶ月(翌月の登録日と同日に課金発生。登録月より翌月の日数が少ない場合は日数が繰り上げに。少し損をする場合がある)
※3:親アカウント1つ、子アカウント3つでの同時視聴。同じ作品の同時再生不可。

「U-NEXT」を使うメリット・特徴

「U-NEXT」の特徴は大きく分けて3つあります。

① 配信数業界トップ! 映画・ドラマ・アニメなんでも充実

② 毎月1,200円分のポイントがもらえる

② 電子書籍ストアも併設。40%のポイント高還元でお得

なんといっても21万本以上が見放題という、業界トップの配信数が魅力的です。洋・邦問わず、映画・ドラマ・アニメ・バラエティ・音楽など様々な作品が観られます。最近は韓国、中国、タイなどのアジアドラマも充実しており、さまざまな需要に応えています。

毎月1,200円分のポイントがもらえるのも嬉しいです。見放題になっていない最新作品のレンタルや、書籍の購入ができます。映画館のチケット購入に充てることもできるので、日常的にエンタメに触れている方であればかなり満足感があるでしょう。

併設されている電子書籍は最大40%ポイント還元と、他社と比べてもかなり高い還元率。原作マンガや小説もお得に楽しめるのは他のサービスにない強み。月額料金は一見すると少し高めに見えますが、総合的なコスパは高いサービスです。

「U-NEXT」の配信作品

『U-NEXT』で配信されている人気作品をピックアップしました。タイトルだけでもワクワクが止まらないラインナップですね。

配信中の作品

■邦画
るろうに剣心 最終章 The Final
地獄の花園
コンフィデンスマンJP ロマンス編

■洋画
ブラック・ウィドウ
ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
ザ・コンサルタント

■国内ドラマ
アバランチ
らせんの迷宮
アンナチュラル

■海外ドラマ
ドゥーム・パトロール
ナンシー・ドリュー
ゴシップガール

■韓国・アジアドラマ
太陽の末裔 Love Under The Sun
真心が届く ~僕とスターのオフィス・ラブ!?~
サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~

■アニメ
鬼滅の刃
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
見える子ちゃん

※最新の配信状況は『U-NEXT』にてご確認ください。

U-NEXTに無料登録する

「U-NEXT」をテレビで観る方法

「ドラマやアニメはやっぱりテレビの大きな画面で観たい」という方も多いでしょう。

動画配信サービスはスマホやタブレットでしか使えないと思っていませんか? 「U-NEXT」はテレビの大画面に写すこともできるんです!

一番簡単でおすすめなのは、Amazonが販売している「Fire TV Stick」です。

使い方はHDMI端子付きのテレビに差し込むだけ。あとはWi-Fi環境さえあれば、テレビで「U-NEXT」をはじめ、「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」「YouTube」「ABEMA」など様々な動画配信が観られるようになります。

「Fire TV Stick」の購入はちょっと……という方は、利用中のテレビを確認してみてください。ソニーの「ブラビア」など、ここ最近のスマートテレビであれば、テレビ自体に「U-NEXT」が使える機能が入っていることも多いです。

それでもダメなら、パソコンをHDMIケーブルでつなぐという手段も。テレビで観る方法はいくつかあるので、詳しくは下の記事をご覧ください。

よくある質問

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を観るなら動画配信サービス「U-NEXT」で

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』は「U-NEXT」で配信中です! 本作に加え、人気作品が多数見放題で充実のラインナップとなっています。

現在は初回31日間の無料期間が設けられていますが、いつか終了になる可能性もあります。実際に、「Netflix」が過去に実施していた無料体験を終了したという例も。

配信作品数No.1で豊富なジャンルの作品が楽しめる「U-NEXT」。気になる作品がある方は早めにお試しください。

\全話見放題!/

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』を31日間無料で視聴する

こちらの記事もおすすめ

Appliv TOPICS

関連記事

完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る