アプリ&レビュー

2022/07/13

nosh(ナッシュ)は高い? サービス比較やインタビュー調査でわかった本当の評価

nosh(ナッシュ)が高いのかを他サービスとの比較、利用者へのインタビューを実施して徹底調査。

そもそもナッシュとは低糖質・低塩分の健康に配慮した冷凍の宅配弁当を販売するサービスのこと。一流シェフが監修する料理が評判で、一人暮らしや共働きの家庭、子育てに忙しい世代などから人気を集め、累計3,000万食の販売実績があります。

本記事では「なぜナッシュは高いという評判が出るのか」、「弁当に対する評価はどうなのか」にフォーカスを当てて解説していきます。現在ナッシュを利用しようか迷っている方は、この記事を一読して判断してみてください。

また当サイト限定でもらえる初回限定2,000円OFFクーポンの配布も行っています。もしも本記事を読んで「使ってみたい」と思った方は、まずこちらのクーポンを利用して試してみましょう。

\初回利用限定2000円OFF!/

ナッシュを利用してみる

ナッシュは高い? 送料込み一食あたりの料金をチェック

そもそもナッシュの使用料金はいくらなのでしょうか? 単純にプランごとの一食あたりの料金をまとめてみました。「20食プラン」が一番お得ですが、こちらは初回注文できず、2回目以降から注文可能です。

プラン毎の一食当たりの料金(送料無し)

6食セット 8食セット 10食セット 20食セット
一食あたり料金 ¥698 ¥623 ¥599 ¥592
合計料金 ¥4,190 ¥4,990 ¥5,990 ¥11,837

※税込み価格

より正確な料金を調査するため、送料込み地域別一食あたりの料金表も作成したので、参考にしてみてください。

「とりあえず一度試したい」という方のために、当サイトから登録するともらえる初回2,000円限定クーポン適用時の料金を表示しています。

送料込み一食当たりの料金(初回2,000円OFFクーポン適用時)

エリア 北海道 北東北 南東北 関東 信越 北陸
6食プラン 723円
(1,056円)
591円
(924円)
573円
(906円)
545円
(878円)
549円
(882円)
532円
(866円)
8食プラン 642円
(892円)
543円
(793円)
530円
(780円)
509円
(759円)
512円
(762円)
499円
(749円)
10食プラン 614円
(814円)
535円
(734円)
524円
(724円)
507円
(707円)
509円
(709円)
500円
(700円)
エリア 中部 関西 中国 四国 九州 沖縄
6食プラン 532円
(866円)
521円
(855円)
532円
(866円)
532円
(866円)
549円
(882円)
727円
(1,060円)
8食プラン 499円
(749円)
491円
(741円)
499円
(749円)
499円
(749円)
512円
(762円)
645円
(895円)
10食プラン 500円
(700円)
493円
(693円)
500円
(700円)
500円
(700円)
509円
(709円)
616円
(816円)

※()内は割引適用前の価格
※価格はすべて税込

プラン数で変動しますが、8食プランで見た時の料金は初回限定クーポンありで平均500円程度、割引なしでは750円程度と考えられます。

送料が発生する関係上どうしても価格に地域差があり、北海道や沖縄などは途端に料金が高くなってしまいう点に注意です。

プラン毎の正確な料金や詳細な送料の情報をチェックしたいという方は、ぜひ下記記事も参考にしてみてください。

\初回利用限定!/

2,000円引きクーポンを使う

他の宅配弁当との価格を比較

宅配弁当サービスは当然ながらショップで直接購入するよりも手間が掛かるため、直接購入よりも割高になるのは仕方のないことです。

そこでナッシュが高いかどうかを判断するため、同じ宅配弁当サービスで金額の比較をしてみましょう。以下に宅配弁当サービス同士での比較料金表をまとめてみました。

nosh 三ツ星ファーム 食宅便 Dr.つるかめキッチン
1食あたりの最安料金※ 599円~ 674円~ 560円 923円
送料 935円~ 全国一律990円 全国一律390円(定期コース) 全国一律無料(定期コース)
メインクーポン 当サイト限定2,000円オフ 14・21食プランは初回送料無料 LINEの友達追加で500円オフ 各プランで28%オフ
主なプラン 6・8・10・20食プラン 7・14・21食プラン 7食プラン 7・14・21食プラン

※送料を除いた一食当たりの最安料金。ナッシュは初回10食プランで計算。

表の結果からナッシュは高いとはいえず、むしろ比較的安い価格帯で弁当を提供しているサービスと言えるでしょう。

しかし送料について工夫しているサービスもあり、この送料がナッシュのボトルネックになって高いという評判がついていると推測されます。

コンビニ弁当との価格を比較

コンビニの弁当との料金も比較。コンビニ弁当もメニューによって料金に幅があるので、各コンビニの定番メニュー「ハンバーグ弁当」の金額で比較しました。

ナッシュの価格は関東からの配送込み、初回限定2,000円クーポン利用時で比較しています。コンビニは配送料0円ですが、手軽さを考慮して比較するためです。

またコンビニで比較するのであれば、カロリー面も気になるところ。そこで価格に加えて各お弁当とのカロリー比較もあわせて記載します。

【2022年7月調査】コンビニ弁当との比較表

サービス名※ 価格 カロリー
ナッシュ
(チリハンバーグステーキ)
509円
(割引無し:759円)
304kcal
セブン-イレブン
(ロコモコ丼 グレイビーソース)
680円 634kcal
ファミリーマート
(肉の旨み感じるビーフハンバーグ弁当)
598円 764kcal
ローソン
(これがハンバーグ弁当)
599円 709kcal
ミニストップ
(おろしソースのBIGハンバーグ)
496円 679kcal

※()内に商品名を記載

初回2,000円割引適用時はナッシュの方が安いですが、通常料金で比較した場合はやはりナッシュは少し高い印象が残ります。

しかしカロリーで比較してみると、ナッシュは圧倒的に低カロリーであることがわかります。「量が少ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、チリハンバーグステーキのボリュームは一食約270g。他の弁当と遜色ない量です。

長期的な視点から食べ続けた時の健康面での影響を考えると、ナッシュの弁当を食べ続けたほうが身体に良いというのは間違いないでしょう。

結論:地域・プラン次第ではあるが十分に安い

以上の比較結果をまとめると、ナッシュは料金設定が若干高めながらも宅配サービスである点、健康面での配慮がされている点を踏まえれば妥当な金額と言えるでしょう。

ただし送料が発生するため地域による料金の変動が大きく、製造所がある関西を起点に離れるほど、あるいは交通の便が悪くなるほど料金は割高になってしまう点には注意です。

もう一つのポイントとして、ナッシュには永続的に安くなる「nosh club(ナッシュクラブ)」という制度があります。長期の購入が必要ですが、このシステムを利用すればさらに安く利用が可能です。

総合してナッシュの料金は地域やプラン次第とはいえ、他の宅配弁当サービスと比較しても十分に安いサービスです。

ナッシュのコスパは? 利用者の評判をチェック

ここまで読み進めた方は、ナッシュの料金感については概ねイメージができたかと思います。

しかし食品サービスは値段が安ければ安いほどいいというものでもありません。大事なのは料金に対してそのサービスが満足できるか、いわゆるコスパの高さも重要です。

そこで実際にナッシュを利用していた人と途中で利用をやめてしまった人から、ナッシュについての”本音”をインタビュー形式で語っていただきました。

ナッシュのサービスについての満足度はどのくらいなのか、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ナッシュを利用している人にインタビュー!

若干送料に不満点はあるものの、ナッシュのサービス自体は高評価のようです。また健康面への配慮が大きく、実際に身体に良い影響があったようです。

ナッシュをやめてしまった人のインタビュー

話を聞いている限りでは、食品のジューシーさが足りないという意見が目立ちました。カロリーや糖質・塩分を制限しているため、人によっては一部のメニューに若干のパサつきは感じるようです。

とはいえそこはメニューの選び方次第で満足度をあげることはできるでしょう。実際に汁気の多いシチューについては評価が高かったです。

今回のインタビューで、味や触感について気になった人もいると思います。TOPICS編集部内で実際に食してみたレビューを下記リンクにてまとめているので、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

ただしナッシュは、サービスとして「低糖質・減塩にこだわったサービス」なので、もしも「カロリーや糖質制限等気にせず本当においしいものを食べたい」という方がいれば、あまり向かない可能性があります。

結論:価格として安くはないが、コスパは高い

今回のインタビューのほか、TOPICS編集部で調査した評価などもまとめると、「価格として安いわけではないが、コスパ(満足度)は高い」という結論になりました。

インタビューやレビューでは料金面で少し高いと答える方が多いものの、サービスの品質に対する満足度は高いようです。

実際にただ安く食事を済ませるだけであれば、スーパーのセール品で出ているお惣菜などの方が安いでしょう。しかし「配送で買い物に行く手間が省ける」「メニューが豊富で栄養バランスが取れている」というメリットは、価格以上のものがあります。

\当サイト限定初回2,000円OFF/

ナッシュを使ってみる

本記事では家庭をお持ちの主婦層を中心に調査を行いましたが、一人暮らしの方はまた違った目線での評価やおすすめポイントがあります。

下記記事では一人暮らしの方がナッシュを利用するメリットについてまとめているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

ナッシュを利用するメリット

ナッシュは高いかどうかについて話してきましたが、当然利用するにおいてどんなメリットがあるのかは気になりますよね。

そこでナッシュを利用するメリットについては、以下のようにまとめました。

ナッシュ利用のメリット

  • プロ監修の本格派料理が手軽に楽しめる
  • 賞味期限が長く、長期保存も可能
  • 苦手食材やアレルギーなど食材フィルタをかけられる
  • 低糖質でダイエット作用も期待できる
  • 頼みたくないときはスキップ・停止ができる

プロ監修の本格派料理が手軽に楽しめる

和食・中華・洋食それぞれの一流シェフが監修することで、オリジナリティーあふれる料理を次々に開発し、味だけでなく見た目にもそのこだわりが伝わってきます。

もちろん人によっての味の好みはありますので、メニューやSNSを見て、ご自身に合いそうなものを注文してみると良いでしょう。

また、専属の管理栄養士が糖質・塩分・タンパク質に配慮した健康を第一に考えた商品が開発されているので、安心して利用することができます。

賞味期限が長く、長期保存も可能

「ナッシュ」の冷凍弁当はどれも賞味期限が約6ヶ月~1年間と長く、余ほどのことがない限り賞味期限切れになることはありません。

そのため10食セットや20食セットのプランで注文したとしても、余裕をもって冷凍弁当を食べきることができます。一度頼んだ後は「停止」機能を使って定期配送を止めつつ食べきるタイミングで再開するという使い方もアリです。

苦手食材やアレルギーなど食材フィルタをかけられる

nosh(ナッシュ)ではアレルギーのある人でも安心して食べられるように、食材フィルタ機能があります。メニューを選択するときにこのフィルタ機能を使うと、アレルギーのある食材が使われるメニューが除外された状態になります。

ただ、全商品を同じ工場で製造しているため、100%確実に成分を排除できるものではありません。アレルギーによって重篤な症状が出る方は、公式に問い合わせたほうが良いでしょう。

▲29項目の食材から、アレルギーが起きる食材を選択。するとその食材が除外された状態でメニューを選ぶことができる。

またこの機能を応用することで、自分の苦手な食材も登録が可能です。好き嫌いがある場合は、早めに設定しておきましょう。

低糖質でダイエット作用も期待できる

ナッシュユーザーの口コミを集めていると、「ナッシュで痩せた」という評判も耳にします。夜の食事の置き換えで痩せた人もいましたが、計画的にダイエットを行いたい人は、カロリーや糖質を計算して注文すると良いでしょう。

またダイエットだけでなく肥満防止や糖尿病の方にも嬉しい低糖質であることも魅力です。

頼みたくないときはスキップ・停止ができる

ナッシュを続けていると、同じ周期で弁当が届いていると食べきれなくなったり、余計に頼んでしまったりすることもあるでしょう。

そんなときナッシュには「スキップ・停止」機能があるので、活用すれば解約や余計な注文をせずに済みます。

詳しい手順は下記記事にて画像付きで解説しているので、サービス利用を開始する前に一読しておくとスムーズに利用できます。

\当サイト限定初回2,000円OFF/

ナッシュを使ってみる

ナッシュを利用するデメリット

一方でナッシュを利用していて実際に不満点として挙げられていたポイントも紹介します。

ナッシュ利用のデメリット

  • 配達ごとに送料がかかり、地域によっては高額に
  • まとめ買いが基本で、冷凍庫に入らないことがある
  • 味の好みが分かれる料理も多い

配達ごとに送料がかかり、地域によっては高額に

「ナッシュ」の送料は1回の注文ごとにかかるほか、注文したプランや地域によって異なり、935円~2,849円の料金が発生します。そのため「ナッシュ」を何ヶ月もの長い間、利用することを考えている場合は、20食セットのプランがおすすめです。

20食セットのプランは他プランよりも送料が少し割高ですが、2回分の送料だと考えれば、かなりお得です。初回は10食プランまでしか注文できない点には注意しましょう。

まとめ買いが基本で、冷凍庫に入らないことがある

「ナッシュ」の一番のデメリットとも言えるのが、冷凍庫がいっぱいになることです。とくに一人暮らし用に小さいサイズの冷凍庫だと、すべての冷凍弁当が入りきらない場合もあるので、注文する前に一度冷凍庫の空き具合を確認しておくことをおすすめします。

「ナッシュ」の最新のパッケージサイズは、横18.0cm×縦16.5cm×高さ4.5cm。1パッケージの大きさは約1.34Lなので、計算上は6食で約8L、8食で約11L、10食で約14L、20食で約27Lになります。

▲5食分を積み重ねたときの高さは、500mlペットボトルの高さと同じぐらい。

冷蔵庫のスペースをうまく作れない場合は、まず6食セットから頼んでみて調整するのもアリです。こちらの記事ではどれくらいの冷凍庫ならいくつ入るのかなど実際に試していますので、気になる方はチェックしてみてください。

味の好みが分かれる料理も多い

「ナッシュ」は減塩や低糖質にこだわっているため、どうしても牛脂たっぷりのハンバーグやラードで揚げた唐揚げなどと比較すると、若干風味に癖がでてしまいます。苦手な味ばかりだと継続して食べるのも嫌になると思うので、注文時のメニュー選択はとても大切です。

利用者のレビューを踏まえたうえで、注文するときはまず肉と魚をそれぞれ頼んでおいしく食べられるかどうかをチェックしてみると良いでしょう。

野菜類はある程度苦手なものでも我慢できますが、メインデッシュはおいしく食べられるものを選ぶのがおすすめです。

そのほかナッシュのシステム面に関するメリットや注文時に気を付けたいポイントなどを下記記事でまとめているので、安心してナッシュを利用したい方はチェックしておきましょう。

ナッシュを安く利用する方法は?

"少し高い"という評価のナッシュですが、実はお得に使うためのコツがあります。ナッシュを安く利用する方法は以下の通りです。

ナッシュを安く利用する方法
  • 読者限定!初回2,000円OFFクーポンを使う
  • nosh club(ナッシュクラブ)を使って長期的にお得
  • 10食以上のプランを継続利用する
  • お友達紹介1,000円クーポンで最大6,000円クーポンをゲット
  • スキップ・停止機能を活用して過剰な配送を抑える
  • 不定期に配布されるクーポンやキャンペーンをチェックする

当サイトでは初回限定で使える2,000円OFFクーポンを配布しています。これは2022年7月現在、最も割引率が高いクーポンです。

もし少しでも安くナッシュを利用してみたいのであれば、まずはこちらのクーポンを試してみましょう。登録の詳しいやり方は以下の記事を参考にしてみてください。

また最大で永続100円割引が使えるナッシュクラブの仕組みや、最大6,000円分のクーポンがもらえるお友達紹介クーポンの詳細などは下記ボタンリンクからチェック可能です。

ナッシュを安くお得に使う方法をチェック

不定期なクーポン情報については、最新情報を下記記事でまとめています。イベント時にもらえる500円分のクーポンはかなりお得なので、見逃さないようにしましょう。

ナッシュのよくある質問

\初回利用限定!/

2,000円引きクーポンを使う

1.マイページを下にスクロールし、「はじめての方へ」をタップ
2.「定期配送の停止・解約について教えてください」をタップ
3.下までスクロールし「サービスを解約する」をタップ
4.会員ランクの失効を確認した上で「継続せずに解約する」をタップ

画像付きでの解説や注意点については下記記事にまとめているので、ナッシュを利用する予定であれば目を通しておくことをおすすめします。

ナッシュのコスパは良好!お試しは当サイト限定2,000円OFFクーポンで

ナッシュは「宅配のため買いに行く手間が無い」「バラエティ豊富なメニューで栄養面でのバランスが良い」というポイントを考慮すれば、間違いなくコスパは良いと言えるでしょう。

おいしく食べられてカロリーもコンビニ弁当の半分となれば、十二分にお得ですよね。また当サイト限定の初回2,000円OFFクーポンを利用すれば1食あたり最安365円(送料抜き)で利用できるので、ぜひ試してみてください。

\初回利用限定!/

2,000円引きクーポンを使う
Appliv TOPICS

関連記事

完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る