アプリ&レビュー

2020/03/27

iPhoneの機種変更の方法とは。バックアップや復元手順などを解説

iPhoneの機種変更では、パソコンやiCloudによるバックアップや復元を行い、新iPhoneを快適に使える状態にすることが重要です。クイックスタートによる全データの移行についても理解を深め、状況に合ったデータ移行の方法を選びましょう。

iPhoneの機種変更時にやることは?

iPhoneを機種変更するにあたって、古いiPhoneのデータや設定を引き継ぐ手続きは重要です。正しい手順を踏めば、すべてのデータを引き継いで快適に新しいiPhoneを使えます。 機種変更後のiPhoneを快適に使うために、まずはバックアップと復元について把握しておきましょう。

データをバックアップし、復元しよう

新しいiPhoneに古いiPhoneのデータを引き継いで使いたい場合、基本的にはデータの『バックアップ』と『復元』が必要です。 デバイス(この場合はiPhone)の中のデータをパソコンやクラウドストレージなどにコピーすることを、バックアップといいます。このバックアップデータを任意のデバイスにコピー(上書き)するのが復元です。 iPhoneを機種変更する前に、旧iPhoneのデータのバックアップと新iPhoneで復元を行う手順を覚えておきましょう。

バックアップ前に準備すべきこと

バックアップの手順を正しく踏めば復元は問題なく完了しますが、何らかのエラーが発生すると復元に失敗するケースもあります。 復元ができないというトラブルを回避するために、バックアップ前に準備すべき五つのポイントを見ていきましょう。

Wi-Fiと電源の使用環境を整える

バックアップの処理中には大量のデータ通信が行われるため、処理が完了するまでは安定した接続を維持することが必要です。 バックアップ中に接続が途切れたり、デバイスの電源が切れたりしてしまった場合、バックアップは正しく完了しません。 壊れたバックアップデータからの復元では予期せぬエラーが発生し、復元が不可能となるおそれもあります。 クラウドストレージを利用するなら、安定したWi-Fi接続が確立できる場所で、電源ケーブルを接続した状態で行いましょう。 Lightningケーブルを使った有線接続の場合は、処理中に接触不良を起こさないことが必要です。

OSをアップデートする

新旧iPhoneのiOSのバージョンが古い場合、バックアップや復元の処理を正しく完了できないケースがあります。バックアップをとる旧iPhoneと復元をする新iPhoneの両方で、iOSのアップデートを済ませておきましょう。 なお、後述する『クイックスタート』によるデータ移行を行う場合には、新旧両方のiPhoneがiOS 12.4以降を搭載していることが必要です。 『設定』アプリの『一般』→『ソフトウェア・アップデート』から、iOSのアップデートを欠かさず行っておきましょう。

アプリをアップデートする

インストールしているアプリによっては、バックアップ・復元の処理だけでは正しくデータ移行できないケースがあります。 古いバージョンのアプリでは引き継ぎに対応できないケースがあるため、最新バージョンにアップデートしたうえで、アプリごとに引き継ぎの仕様を確認しましょう。 アプリのアップデートを手動で行う場合は、『App Store』の右上のアイコンから、『すべてをアップデート』やアプリ個別でのアップデートが可能です。 また、機種変更による引き継ぎ方法はアプリごとに異なります。アプリごとに引き継ぎ方法を確認し、引き継ぎパスワードの発行やSNSアカウントのひも付けを行うことが重要です。

アカウント情報を確認する

新しいiPhoneの初期設定やバックアップ・復元には、『Apple ID』とパスワードが必要です。Apple ID(メールアドレス)は、『設定』アプリを開いて、最上部のユーザー名をタップすれば確認できます。 パスワードを忘れた場合は、同じ画面の『パスワードとセキュリティ』から『パスワードの変更』をタップし、パスワードの再設定を行いましょう。 このパスワードはApple IDのパスワードであり、ロック解除に使う6桁の『パスコード』とは異なります。 また、SNSなどのサービスに関しては、新iPhoneで改めてアカウント情報を入力してログインすることが必要です。利用しているサービスそれぞれのログインIDやパスワードも確認しておきましょう。

2ファクタ認証を突破できるデバイスの確認

Apple IDの『2ファクタ認証』をオンにしている場合には、新iPhoneで同じApple IDを使う際、『信頼できるデバイス』に確認コードが表示されます。 Apple IDとパスワードに加えて確認コードを入力する認証方法であるため、信頼できるデバイスが確認コードを受信・表示できる状態でなければ、新iPhoneでApple IDのサインインや復元が行えません。 新iPhoneの初期設定前に旧iPhoneを初期化したり、通信できない状態になったりした場合、新iPhoneの操作ができなくなることに注意が必要です。
次のページ バックアップ方法

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る