アプリ&レビュー

2021/06/18

Amazonプライムデー2021を徹底攻略! おすすめ商品をもっとお得に買う方法

Amazonプライムデーは2021年6月21日(月)~6月22日(火)に開催される、Amazonプライム会員限定のビッグセールです。Amazonデバイスをはじめ、Apple製品や生活家電などが大幅値下げをします。中には50%以上値引きする商品も。

本記事では、そんなプライムデーで損をしないための攻略方法を徹底解説。プライムデー開催前の準備から、セール当日の動きまで詳しく説明していきます。

2021年の目玉商品も紹介するので、これからプライムデーに参加する方は要チェック!

Amazonプライムデー攻略の秘訣はキャンペーンの活用!

Amazonプライムデー(以下、プライムデー)で、よりお得に買い物をするコツはプライムデーで開催されているキャンペーンを使いこなすことです。

プライムデーにはポイント還元のあるキャンペーンや、1,000円OFFになるクーポンなど利用しておきたいキャンペーンがたくさんあります。

以下に「開催前」と「開催中」に分けて紹介していくので、参考にしてみてください。

プライムデー開催前にやるべき9つのこと【6月20日(日)まで】

ここでは、プライムデーの開催前にやっておくべき準備について解説していきます。プライムデー当日には終了しているキャンペーンなどもあるので、必ず6月20日(日)までに確認しておきましょう。

開催前にやるべき9つのポイント
  • 【重要】Amazonプライム会員になっておく
  • 【重要】『Amazonショッピングアプリ』をインストールしておく
  • 【重要】ポイントアップキャンペーンにエントリーする
  • 合計で10,000円以上になるように商品をピックアップ
  • 欲しい商品は「ほしい物リスト」に登録しておく
  • 中小企業応援キャンペーンで1,000円OFFクーポンをもらっておく
  • Amazonギフト券(チャージタイプ)でチャージしておく
  • 500円クーポンがもらえるキャンペーンにエントリーしておく
  • 『Paidy』の最大5%ポイント還元キャンペーンにエントリーしておく

【重要】Amazonプライム会員になっておく

既にプライム会員に加入済みであるなら、この見出しは飛ばしてしまって構いません。

未加入の人はプライムデーへの参加条件として、Amazonプライム会員かPrime Studentへの登録は必須です。Amazonプライムなら30日、Prime Studentならなんと12ヶ月の無料体験があり、無料体験期間中でもプライムデーに参加可能となっています。

税込みで月額500円(年間プランなら4,900円)かかってしまいますが、プライム会員になると送料無料(通常送料約400円前後)となるため、月に2回以上Amazonを使用するなら入って損はありません。

映画の見放題や音楽の聴き放題と言ったサービスも利用できるのもお得です。学生(大学生・専門学生)にはPrime Studentという専用サービスがあり、こちらは税込みで月額250円(年額2,450円)でプライム会員とほぼ同じサービスが使えます。

Amazonプライム会員へ登録

プライム会員について詳しくはこちら

【重要】『Amazonショッピングアプリ』をインストールしておく

プライムデーで開催されるポイントアップキャンペーンを利用するには、『Amazonショッピングアプリ』が必須です。必ずインストールしておきましょう。

またウォッチリストや欲しい物リストに商品を登録しておくことで、Amazonショッピングアプリ限定のタイムセールの開始通知機能が利用できます。より便利にAmazonで買い物できるため、特に理由がなければスマホにダウンロードして置きましょう。

さらにAmazonショッピングアプリを利用すれば、スマの搭載のカメラを使って商品を検索できたり、商品バーコードを読み取ってAmazonで商品を探したりできるなど、セール以外でも便利に使えます。

【重要】ポイントアップキャンペーンにエントリーする

プライムデーでお得に買い物をする上で必須ともいえるのが、このポイント還元キャンペーンです。

キャンペーンにエントリーボタン後、セール期間中に合計10,000円以上の商品をショッピングアプリを通して買い物すると、最大10%のAmazonポイントが還元されます(※上限:10,000ポイント)。

「合計10,000円以上の購入」が対象なので単品で10,000円以上の商品を購入する必要はなく、またプライムデー期間内に購入した金額の合計が10,000円以上になっていれば、ポイント還元の対象となります。

Amazonの大型セールではいつも行われているものですが、プライムデーの場合は普段のポイントアップキャンペーンと異なり、通常上限5,000円のところ、上限10,000ポイントとなっています。

エントリーボタンを押すだけのかんたん手順なので、ぜひ利用してみましょう。

▲Amazon公式で発表されている、還元率の早見表。購入金額の合計が1万円以下の場合はキャンペーン適用外な点に注意。

出典:Amazon

ポイントアップキャンペーンにエントリーする

合計で10,000円以上になるように商品をピックアップ

直前の見出しで紹介したポイントアップキャンペーンに連なる話ですが、ポイントアップキャンペーンのポイント還元は、合計10,000円以上からの適用となっています。

そのため「当日になってから買うものに迷ってしまった」ということが起こらないよう、事前に合計金額が10,000円以上になるように買いたいものをまとめておきましょう。「ほしい物」リストに入れておくとなお良しです。理由については、次の見出しで解説していきます。

欲しい商品は「ほしい物リスト」に登録しておく

「ほしいものリスト」に欲しい商品を入れておくと、値段が下がったりタイムセールの対象になったりした時にAmazonショッピングアプリで通知をしてくれる機能があります。

明確に欲しい物が決まっているのであれば、とりあえず「ほしいものリスト」に入れておくクセを付けておくことで、プライムデーのセールが始まった段階で通知され、商品が安く買える場合があります。

通知については『Amazonショッピングアプリ』からしか通知されないため、アプリは入れるようにしましょう。

▲「ほしい物リスト」に追加しておくと、自分の買うべきものをいつでも見返せるほか、セール時に通知も来る。

ほしい物リストについて詳しくはこちら

中小企業応援キャンペーンで1,000円OFFクーポンをもらっておく

6月20日(日)までに対象商品を1,000円以上購入すると、プライムデー限定で使える1,000円分のクーポンがもらえるキャンペーンです。こちらのキャンペーンは期間がプライムデーの前日までとなっている点に注意しましょう。

このキャンペーンを利用して事前に1,000ポイントOFFクーポンをもらっておけば、実質プライムデーの買い物で1,000円分お得になります。買うものも米やマスクなど日常で消費するものを買っておけば無駄がありません。

キャンペーンの詳細はこちら
キャンペーン対象商品を探す

Amazonギフト券(チャージタイプ)でチャージしておく

Amazonギフト券(チャージタイプ)は、メールタイプや印刷タイプと違い、Amazonポイントの還元があるギフト券です。現金でチャージすると通常最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%のポイント還元があります。

最低金額は5,000円~で現金チャージの場合一度に9万円チャージすれば、通常会員1,800円、プライム会員2,250円分のポイントがもらえる計算です。

クレジットカードならプライム会員限定で「0.5%のAmazonポイント+クレジットカード自体のポイント還元」の二重取りが可能です。

大型セールの前に使う分をギフト券購入してから買い物をすることで、さらに安く商品を購入できます。

Amazonギフト券(チャージタイプ)について詳しくはこちら

現金でチャージする

500円クーポンがもらえるキャンペーンにエントリーしておく

エントリー後、1回の注文で対象のAmazonギフト券を5,000円以上購入すると、500円分のクーポンがもらえるキャンペーンが開催されています。このキャンペーンですが、なんとギフト券(チャージタイプ)も対象となっています。

贈り物にせずとも、自分のアカウントにギフト券(チャージタイプ)で5,000円以上チャージするだけで、ポイント還元と500円クーポンを二重取りできます。

対象期間は6月22日(火)23:59までなので、事前に下記リンクからエントリーしチャージしておきましょう。

エントリーはこちらから
Amazonギフト券の購入はこちら

『Paidy』の最大5%ポイント還元キャンペーンにエントリーしておく

キャンペーン期間中にAmazon.co.jpにて『Paidy(ペイディ)』を利用して決済を行うたび、合計金額から最大5%分(小数点以下切捨て)のポイントが還元されるキャンペーンです。

『Paidy』のあと払いサービスを利用している人は、キャンペーンページからエントリーしておきましょう。ポイントは毎月最大1,500ポイントまでとなっている点には注意です。

キャンペーン詳細はこちら

キャンペーンにエントリーする

プライムデー開催中にやっておきたい5つのこと【6月21日(月)から】

ここではプライムデー開始後にやっておくべきことを紹介します。プライムデーは2日間開催され、当然商品の入れ替わりが存在します。つまり狙っている商品があるならプライムデー開催中も、情報収集は重要です。

開催中にやるべき5つのポイント
  • 【重要】当日0時00分にセールをチェック
  • Alexaを活用してセール情報を調査
  • Chromeプラグイン『Keepa』で割引額を調査
  • カートに入れた商品はAmazonアプリで購入し、ポイント還元アップ
  • 『Paidy』利用者は、できるだけPaidyあと払いで決済を行う

【重要】当日0時00分にセールをチェック

プライムデーにおける重要な点として、Amazonの大型セールが通常9時頃から開始しているのに対し、プライムデーは当日0時00分から開催となっています。時刻を言い換えれば、前日である6月20日の24時00分です。

開始直後で売り切れが続出してしまうような商品もあるので、目玉商品を確実に抑えておきたいなら日曜日の夜からプライムデーをチェックするようにしましょう。

Alexaを活用してセール情報を調査

Alexa(アレクサ)はAmazon Echoシリーズを中心に搭載されている、Amazonクラウドベースの音声サービスです。話しかけるだけで天気予報などの情報を教えてくれたり、対応した家電を使用すると設備のコントロールをしたりすることもできます。

そんなAlexaですが、「アレクサ、プライムデーについて教えて」などプライムデーに関する情報について話しかけると、最新の情報を提供してくれます。所持している人は、積極的に利用しましょう。

Alexaの使用できる商品一覧

Chromeプラグイン『Keepa』で割引額を調査

『Keepa』はAmazon内で販売されている商品の割引情報を自動で追跡してくれる、PCブラウザ「Google Chrome」の拡張機能です。基本的にはPCでしか使うことができませんが、通常との価格差を調べられる本格的なツールです。

プライムデー当日にこれを利用すれば、リアルタイムで安くなった商品の情報をチェックできます。もしも利用できる環境であれば、ぜひ試してみてください。

▲Keepaの利用画面。トップページには値引きされた商品が並ぶほか、特定の商品を調べることも可能。

▲商品をクリックすると、いつから安くなったのか、定価と比較してどのくらい安いのかを調べられる。

Keepaを導入する

カートに入れた商品はAmazonアプリで購入し、ポイント還元アップ

記事中では何度か説明しましたが、ポイントアップキャンペーンはAmazonショッピングアプリから購入しないと利用できません。

逆に言えば、利用することで最大10,000ポイントまで、購入額の一定割合のポイント還元が発生します。

買い物後の会計時、アプリから購入しているかはきちんと確認しましょう。たまにスマホのブラウザ版ページから購入してしまう、というミスがあります。

『Paidy』利用者は、できるだけPaidyあと払いで決済を行う

開催前に『Paidy』の最大5%ポイント還元キャンペーンにエントリーしているなら、支払い方法はPaidyあと払いで決済しましょう。

Paisyあと払いでもAmazonポイントは問題なく利用できるので、他のキャンペーンと組み合わせて使用できます。支払い方法の変更方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

支払い方法の変更について詳しくはこちら

【厳選】プライムデーのおすすめ・目玉商品5選

ここではプライムデーで人気商品の中でも、特に話題性の高い商品をピックアップして5つ紹介していきます。

プライムデーで購入すれば必ずお得になる商品なので、まだ何を買うのか決めていない人は参考にしてみてください。

Fire TV Stick 4K

Amazonが販売しているメディアストリーミング端末(セットトップボックスとも)。メディアストリーミング端末とは、簡単に言うとインターネットのサービスをテレビやモニターで利用可能できる機器です。Fire TV Stick 4Kはその中でも最新モデルとなっています。

主な使用用途は動画配信サービスの視聴で、自分の好きなタイミングで好きなコンテンツを視聴できます。ほかにはミラーリング機能でスマホの画面をテレビに映す、ゲームアプリをダウンロードして遊ぶといった事も可能です。

プライムデーで購入する大きなポイントとしては、なんとプライムデー2021にてAmazon史上最大割引となる43%OFFの3,980円で登場することです。テレビの大画面に高画質で映画を楽しめるのは非常に魅力的なので、まだ利用したことがないことはぜひ検討してみてください。

Fire TV Stickについて詳しくはこちら

『Kindle Paperwhite』

Kindle端末は『Kindle』サービスの本(マンが含む)を読める電子書籍リーダーです。そのうえでKindle Paperwhiteは、”一番売れていて評価も高いKindle端末”となっています。とにかくコストパフォーマンスが高く、電子書籍を体験するならこれを選べば間違いなしというほど。

その魅力は、小さい文字もはっきり読める高解像度と多少の濡れなら問題ない防水機能。また一度の充電で数週間稼働するため、旅行や出張などの長期外出の際のお供にもってこいな端末です。

2021年のプライムデーでの割引額は現時点で公開されていませんが、2020年のプライムデーではなんと定価の6,000円引きとなる7,980円まで値引きされました。今回も大幅な値引きが期待できるので、ぜひチェックしてみてください。

Kindle Paperwhiteについて詳しくはこちら

AirPods Pro

『AirPods Pro』はAppleが開発したワイヤレスイヤホンで、Amazonプライムデーでは初登場となります。

驚くべき特徴は、アクティブノイズキャンセリング機能。これは電車内の振動やバスのエンジンの音など、音楽を聞く上で邪魔になる音を逆位相となる音を生成することで相殺する機能です。

さらに外音取り込み機能により、周囲の音を集音して流すため音楽以外の物音が聞こえなくてトラブルを起こす、というリスクを回避できます。これにより、ランニング中やハイキングなどの外出中も音楽を聞きやすくなっています。よく旅行や外出をしていて、出先でも音楽や通話を楽しみたい人にはおすすめの商品です。

現時点で割引率は不明ですが「なくなり次第終了」とアナウンスされているので、限られた個数がセール対象になるものと思われます。争奪戦になること必至なので、ほしい物リストに入れて備えておきましょう。

Apple Watch

Appleで開発されたデジタル腕時計『Apple Watch Series 6』が、プライムデーに登場予定です。Apple Watchはただのデジタル時計ではなく、SuicaやApple Payと連携し、電車やコンビニの買い物などで利用できるのが魅力です。

財布やスマホを取り出す手間が省けるため、通勤や買い物時の外出を頻繁にする人は持っておくと世界が変わります。

こちらもAirPods Proと同じく、割引率不明かつ「なくなり次第終了」とアナウンスされています。そもそもApple商品はほとんどセールを行わないため、プライムデーの割引は非常に貴重です。

LG 55型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ

最新のゲーム機に適している、HDMI2.1対応4K有機ELテレビ。映像のカクつきやズレを低減するシステム内蔵でゲームが快適に遊べます。またAlexaも搭載されており、話しかけるだけで操作を行えるのも特徴。

まさしく新しい時代のTVという感じで、特に自然環境映像などを観ると画質の違いが実感できます。Fire TV Stickもあわせて購入し、迫力映像で映画を楽しむのもおすすめです。

他にもお得なキャンペーンが開催中

今回はAmazonでお得に買物をするために重要なキャンペーンを紹介しましたが、それ以外にもAmazonのサブスクリプションサービスの3ヶ月無料体験やKindle本のセールなどお得なキャンペーン満載です。

1年に1度しかやってこないプライムデー。折角の機会なので、他のキャンペーンも利用してこの大型イベントを楽しんでいきましょう。

Amazonのキャンペーンを詳しく知りたい方はこちら

こちらの記事もおすすめ

Appliv TOPICS

関連記事

完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【6月18日更新】 完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【6月18日更新】 LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る