アプリ&レビュー

2022/06/24

NTTが原則リモートワークの新制度、日本全国どこに住んでもOK

2021年9月の新経営スタイル発表時に示された資料

 NTTグループは、日本全国どこに住んでいてもリモートワークで働ける新制度「リモートスタンダード制度」を7月1日に導入すると発表した。

 導入されるのは、国内の主要グループ会社で、NTT(持株)、NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェア、NTTデータ、NTTアーバンソリューションズ、NTTファイナンスなどが含まれる。

 新制度では、リモートワークを基本として仕事を進められる組織を「リモートスタンダード組織」として、その組織のスタッフが対象となる。開始当初は、主要会社の本体社員のうち約5割が対象になると想定されている。

 勤務する場所が自宅となり、オフィスへの通勤圏内に住む必要がない。リモートワークに加えて、出社することもあり、ハイブリッドワークというかたちになる。社員の希望や業務内容に応じて、個人単位で適用/適用除外もできるという。

 これにより、日本全国どこからでもリモートワークで働けるようになり、転勤、単身赴任をともなわない働き方を拡大していくという。

ケータイ Watch

関連記事

NTT(持株)が新たな経営スタイル/環境対策を発表、デジタル庁の接待問題についても言及 NTT(持株)が新たな経営スタイル/環境対策を発表、デジタル庁の接待問題についても言及 テレワークのメリットに「通勤時間を有効活用できるようになった」、モバイル社会研究所調査 テレワークのメリットに「通勤時間を有効活用できるようになった」、モバイル社会研究所調査

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る