アプリ&レビュー

2022/01/18

海賊版サイトは違法! 安全に無料漫画を楽しめるサービス12選

無料で漫画が読めるサイトと有名な海賊版サイトですが、利用することでさまざまなトラブルに見舞われる恐れがあります。

この記事では、そんな海賊版サイトの危険性や実際に起きたトラブル事例、安全に無料で漫画を読む方法を解説します。

「漫画が無料で読めるのは魅力的だけど、安全性に問題があるのは怖いな……」という方に向けて、無料漫画を安全に楽しめるおすすめサービス12社を紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

無料で漫画が読める海賊版サイトの違法性とは

2018年から2020年ごろに、漫画が無料で読める海賊版サイトが大きな話題となりました。しかし、海賊版サイトは例外なく違法です。安易な気持ちで利用していると思わぬトラブルに発展する恐れも。実際に海賊版サイトに関わった人が逮捕された事例もあります。

ここからは海賊版サイトが違法な理由と悪質性について詳しく解説するので、無料で漫画を読めるサイトを使おうと検討している方はしっかり確認しておきましょう。

違法アップロードは「著作権法」違反

海賊版サイトが問題になる原因は、「著作権法」に違反しているから。著作権法とは、漫画や映画などのメディア(著作物)を創作した著作者を守るために作られた法律です。

著作権法侵害に当たる行為は細かく定義されており、無料漫画が読める海賊版サイトについて日本政府は以下のように説明しています。

インターネット上に違法にアップロードされたものだと知りながら侵害コンテンツのダウンロードを行う行為が、幅広く違法となりました。これまで違法ダウンロードの規制対象は音楽と映像のみでしたが、今回の改正により、規制対象が、漫画、雑誌、小説、写真、論文、コンピュータープログラムなど全ての著作物に拡大されました。

【中略】

なお、権利者の許可なく著作物をインターネット上にアップロードする行為は、引用などの権利制限規定に該当するなどの場合を除き、既に違法とされており、刑事罰(10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(またはその両方))の対象にもなっています。
出典元: 政府広報オンライン

簡単に言えば、「誰かが作ったものを創作者に無断で自分の利益のために利用してはならない」ということです。漫画のほかに写真や動画、インターネット上の文章なども著作物に該当します。

運営者が逮捕された事例

2018年に、当時最も有名であった海賊版サイトの運営者が逮捕されて大きな騒ぎとなりました。この事件では運営者だけでなく、その仲間(実行役)の男女も著作権法侵害の罪で逮捕されています。

仲間の男女はそれぞれ執行猶予ありの罰金刑。運営者は執行猶予なし・懲役3年・罰金1,000万円・追徴金約6,200万円の判決が言い渡されました。

続々と海賊版サイトが閉鎖している現状

運営者の逮捕を受けて、それまで乱立していた海賊版サイトは続々と閉鎖しているのが現状です。海賊版サイトの取り締まりは今後さらに厳しくなるとみられ、現在残っている海賊版サイトもそのうち閉鎖されていくと考えられます。

海賊版のダウンロードも「著作権法」違反

海賊版サイトによる被害の大きさを受けて、政府は2020年に著作権法を改正しています。この法改正により、違法アップロードされたデータをダウンロードした利用者も著作権法違反の罪に問われることとなりました。

また、今後はダウンロードしていなくても海賊版サイトで漫画を無料で読む行為(ストリーミング再生閲覧)だけで違法となる可能性があります。

違法サイトで無料漫画を読む危険性・被害

「無料で漫画が読めるならちょっとくらい危険でもいいや」などと気軽な気持ちで海賊版サイトを利用するのは危険です。なぜなら、海賊版サイトにアクセスするだけでさまざまな被害に遭う危険性があるから。

「海賊版サイトなら気軽に無料で漫画が読める」と考えていた方は、しっかりリスクについても理解しておきましょう。

アクセスでウイルス感染するリスクがある

海賊版サイトが無料で漫画を配信しているのは、サイトのアクセス数を増やすため。その目的が広告収入ならウイルス感染のリスクは低いですが、なかにはウイルス感染が目的の違法サイトもあるので注意が必要です。

以下にウイルス感染した場合の事例をまとめたので、危険な目に合わないための知識として確認しておきましょう。

個人情報が流出する可能性がある

ウイルス感染で恐ろしいのは個人情報流出の恐れがあることです。氏名や住所、クレジットカード情報などが知らない間に危険人物の手元に渡っていることも。

流出した個人情報やクレジットカード情報を使って不正に買い物をされるなど、犯罪被害リスクの増加や金銭面などでも問題が起きる可能性があります。また、自分のメールアドレスから無作為にウイルスを送り付けるような事例もあります。

なかにはウイルス感染に気づかないケースもあり、知らないうちに甚大な被害を受けているという場合も少なくありません。

アクセスした端末に負荷がかかる

海賊版サイトにアクセスした端末の動作が急に重くなったり、端末自体が発熱したりすることがあります。このパターンで多いのが違法サイトによるマイニングの被害を受けているケースです。

マイニングについて簡単に説明している文が以下の内容です。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の取引承認に必要となる複雑な計算(コンピューター演算)作業に協力し、その成功報酬として新規に発行された仮想通貨を得ること。
出典元: 大塚商会|IT用語辞典|マイニング

つまり、パソコンの処理能力を使って仮想通貨を見つける作業をマイニングと言い、そのマイニングをアクセスした端末に強制的に行わせるのがマイニングウイルスなのです。

マイニングはアンチウイルスソフトで検出されにくいものもあります。つまり、「ウイルスソフトを入れてるから海賊版サイトにアクセスしても大丈夫だよね!」という思い込みは危険なのです。

逮捕される可能性がある

違法サイトの取り締まりは今後どんどん厳しくなっていくと考えられます。2020年1月以前は刑事罰の対象外だった違法ダウンロード(違法にアップロードされたコンテンツをダウンロードすること)も、法改正により違法となりました。

違法ダウンロードにより逮捕された場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)が課せられます。今後も法改正が進めば、違法サイトの漫画を無料で読む(ストリーミング)だけでも逮捕されるようになることは十分考えられます。

漫画家や出版社に売り上げが入らない

漫画家や出版社は、作品が購入されることで収益を得ます。つまり、海賊版サイトで違法アップロードされた作品を無料で読まれても漫画家や出版社には一切利益が入らないということです。

利益にならないと漫画家や出版社は仕事として成り立ちません。漫画家は作品を書けなくなり、収益も新作もない出版社は潰れてしまいます。

つまり、海賊版サイトは漫画業界を衰退させる原因であり、その利用者は漫画家や出版社が潰れるのを後押しする加害者となってしまうのです。

安全に無料漫画を読む方法

「海賊版サイトの危険性や悪質性は分かったけれど、無料で漫画が読めるのは捨てがたいなぁ……」という方におすすめなのが電子書籍です。

電子書籍なら、無料作品や読み放題サービスの無料お試し期間を利用できます。以下に無料で漫画を読む方法の特徴についてまとめたので、ご覧ください。

電子書籍の無料作品を読む

最近では、さまざまな電子書籍サービスで無料作品がアップされています。シリーズ作品の数話あるいは数巻が無料で読めるので、暇つぶしやまだ知らない作品に出合いたい方にピッタリ。

会員登録が必要なサイトもあれば、登録不要ですぐに読めるサイトもあります。「電子書籍ってどんな感じなのかな?」と疑問をお持ちの方は、登録不要のサイトで試してみるのがおすすめ。

記事の後半で無料漫画が読める安全なサイト12選をご紹介するので、そちらも参考にしてください。

電子書籍の読み放題(お試し期間)を利用する

じっくり漫画を読みたい方はお試し期間がある電子書籍の読み放題サービスを利用してみましょう。対象作品なら好きなだけ読めるのが読み放題サービスの魅力です。なかには、小説や雑誌も読み放題対象の電子書籍サービスもあります。

お試し期間で多いのが1週間から1か月程度に設定されているパターン。期間中に解約すれば完全無料で漫画が楽しめるので活用してみましょう。

お得なクーポン・サービスを利用する

電子書籍サービスでは、お得なクーポンの配布やサービスを実施していることが少なくありません。例えばお得なセールと題して通常価格の70~90%など大幅値引きのクーポン・サービスが利用できる場合も。

▲特定の作品が無料や大幅値引きになるキャンペーンもある。

出典:ebookjapan

こうしたクーポンやサービスを使えば無料作品以外の書籍を読みたくなったときに、タダ同然で書籍を購入できる場合もあります。「タダ同然じゃなくて完全無料がいい!」という人はポイント支払いもうまく利用しましょう。

ポイントについては「電子書籍で無料漫画を読むメリット」の見出しで詳しく説明しているので、そちらをご覧ください。

電子書籍で無料漫画を読むメリット

電子書籍で漫画を読むメリットは、無料で読めることだけではありません。

電子書籍で無料漫画を読むメリット
  • 気になる作品を手軽に読める
  • ポイントが貯まる・使える
  • 安全に読書が楽しめる

紙の漫画では得られないメリットもあるので、電子書籍の導入を検討してみてください。

メリット①気になる作品を手軽に読める

電子書籍サービスのメリットのひとつは、気になる作品を手軽に読めることです。電子書籍の購入は、販売サイトで気になる作品を検索して支払い手続きをするだけ。

購入した電子書籍はネット環境さえあればすぐにダウンロード可能です。ダウンロードが完了すればすぐに閲覧できるので、電子書籍は今すぐ読みたい作品があるときにピッタリ。

紙の書籍に比べてかさばらず持ち運びしやすいので、時間や場所に縛られず好きなときに気になる漫画を読みたい方は電子書籍がおすすめです。

メリット②ポイントが貯まる・使える

ポイント支払いに対応している電子書籍サービスは数多くあります。たとえば『楽天kobo(コボ)』では楽天ポイントが、『ebookjapan(イーブックジャパン)』ではTポイントでの支払いが可能です。

普段貯めているポイントが使える電子書籍サービスを選べば、お得に漫画が購入できます。また、電子書籍を購入することでポイントを貯めることも可能です。

お得に使える電子書籍サービスをお探しなら、日頃から貯めているポイントが使える・貯まるサービスを選びましょう

メリット③安全に読書が楽しめる

電子書籍サービスはセキュリティがしっかりしているため、ウイルス感染の心配なく安全に読書が楽しめます。また、漫画作品が合法的に販売・配信されているから違法行為による逮捕の心配もありません。

無料漫画が読めるうえに安全性が高いサイトがあるからこそ海賊版サイトは使う必要なし。「あのとき違法に無料漫画を読むんじゃなかった!」と後悔しないよう、この記事でご紹介する安全かつ魅力的な電子書籍サービスで漫画や読書を楽しみましょう。

電子書籍で無料漫画を読むデメリット

メリットの多い電子書籍サービスですが、一方で以下のデメリットも存在します。

電子書籍のデメリット
  • 全巻無料で読めるケースはほぼない
  • 読める作品(冊数)が限られる

「無料で漫画が読みたい!」という人にとっては気になるデメリット。ではなぜ合法の電子書籍サービスにはこうしたデメリットがあるのか、その理由と対処法について解説していきます。

デメリット①全巻無料で読めるケースはほぼない

無料漫画でよくあるのが、「1巻が完全無料!」「1話から3話が無料」など読める範囲が限られているパターン。無料で読んでみて続きが気になったら購入するのが前提なので、全巻無料で読めるパターンはほぼありません。多くてもせいぜい5巻くらいまでです。

「全部無料で読めないなら意味ないよ!」という方は、先述のお得なポイントサービスなどを利用して楽しみましょう。

デメリット②読める作品(冊数)が限られる

無料で読める電子書籍サービスですが、対象作品や1日に読める冊数が限定されている場合もあるのがデメリット。

無料漫画の対象となるのは、主に名作や新作など話題性のある作品です。そのため、ニッチな作品を読みたい方は「読みたい漫画が無料作品の対象にならないなぁ……」と感じるかもしれません。

さまざまな漫画を楽しみたい人や気になる作品を一気読みしたい人は、読み放題サービスの無料お試し期間を利用するのがおすすめです。

漫画が無料で読める!おすすめ電子書籍サービス12選

ここからは、漫画が無料で読めるおすすめ電子書籍サービス12選を紹介します。

無料で漫画が読めるおすすめ電子書籍サービス12選
  • 『コミックシーモア』
  • 『BOOK☆WALKER』
  • 『U-NEXT』
  • 『マンガZERO』
  • 『ebookjapan』
  • 『pixivコミック』
  • 『コミック.jp』
  • 『めちゃコミック』
  • 『マンガUP!』
  • 『FANZAブックス』
  • 『まんが王国』
  • 『マンガワン』

各サービスの特徴やおすすめポイントをまとめているので、どの電子書籍サービスを選べばよいのかお悩みの方は参考にしてください。

『コミックシーモア』なら人気漫画も読み放題

NTTグループが運営する『コミックシーモア』は、17年以上の歴史がある電子書籍サービスです。幅広いラインナップと、ジャンルごとにタブ分けされているから読みたい本が見つけやすいのが『コミックシーモア』の魅力。

無料作品は15,000冊以上もあり、人気の新作や実写ドラマ化された人気漫画などが無料で読める場合もあります。『コミックシーモア』の無料立ち読みなら会員登録不要で利用できるので、電子書籍の雰囲気を知りたい方はこちらを利用してみましょう。

\50%OFFクーポン配布中!/

『コミックシーモア』で漫画を読む

『BOOK☆WALKER』はKADOKAWA作品好きにおすすめ

『BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)』は、大手出版社KADOKAWAが運営する電子書籍サービスです。漫画・ライトノベル・ビジネス書・雑誌などさまざまなジャンルのKADOKAWA作品が揃っているのが特徴。

支払い時にはニコニコポイントが利用できるほか、BOOK☆WALKERコインという独自電子マネーでも決済可能です。

漫画の購入方法は単品と読み放題の2種類。読み放題は月額836円(税込)で2万冊以上の漫画誌や単行本が楽しめます。また、無料作品の取り扱いも多く、4,000冊以上の漫画や1万冊以上の小説も無料で楽しめるのでチェックしてみてください。

\初回購入の半額を還元中!/

『BOOK☆WALKER』で漫画を読む

『U-NEXT』ならアニメ・実写映画も見放題

『U-NEXT(ユーネクスト)』は動画配信サービスですが、漫画や雑誌も楽しめます。『U-NEXT』の会員になれば映画やドラマなどの動画が見放題かつ雑誌も読み放題。無料の漫画作品も配信されています。

新規会員登録時には31日間無料で体験ができ、無料期間中に解約すればお金は一切かかりません。無料で漫画を読みたい方、映画や雑誌も楽しみたい方は『U-NEXT』をお試しください。

『U-NEXT』で漫画を読む

『マンガZERO』なら登録不要で漫画が読める

『マンガZERO』は、無料漫画をとことん読みたい人におすすめ。『マンガZERO』のアプリ版『ゼロコミ』なら会員登録不要で無料漫画が閲覧可能なので、今すぐ読みたい方はGoogle PlayもしくはApp Storeでアプリをダウンロードしてみましょう。

また、ブラウザ版は無料会員登録すると漫画が無料で読めるチケットが配布されます。チケットは毎日朝8時と夜20時に4枚ずつ配布。1チケットで1話分が無料となるため、1日で合計8話(約1巻分)が読める計算です。

アプリ版では朝晩のチケット8枚とCM視聴で得られるチケットにより、最大15話分が無料で閲覧可能。ブラウザ版とアプリ版を合わせれば1日23話(約3巻分)が無料で読めます。

『マンガZERO』で漫画を読む

『ebookjapan』なら無料でまとめ読みが可能

『ebookjapan(イーブックジャパン)』は、Yahoo!が提供する電子書籍サービスです。支払いにはYahoo!電子マネーのPayPayやTポイントが利用できるので、PayPayやTポイントユーザーの方におすすめ。

無料作品のほかに10円前後と超激安価格で買えるお得なキャンペーンもあるので、一気にまとめ読みをしたいときにピッタリです。各種キャンペーンについては『ebookjapan』の公式サイトをご確認ください。

『ebookjapan』のキャンペーン一覧

『ebookjapan』で漫画を読む

『pixivコミック』はBL作品が豊富

BL(ボーイズラブ)作品を無料で読みたい方には、『pixiv(ピクシブ)コミック』がおすすめ。プロの漫画家が描いた作品からpixivオリジナル作品までさまざまな種類のBL作品が揃っています。

もちろんBL以外の作品も配信中。無料漫画は会員登録不要ですぐに読めるので、「暇つぶしに今すぐ読みたい」という方にも最適です。

無料連載が終了した作品を読む場合は、ストアから購入が可能。ブラウザ版ストアはクレジットカード決済のみですが、アプリ版ストアならGoogle Play決済やApp Store決済が利用できます。

『pixivコミック』で漫画を読む

『コミック.jp』はTL作品が豊富

『コミック.jp』では毎月更新される無料作品コーナーがあります。対象作品のなかでもTL(ティーンズラブ)作品が豊富なのが『コミック.jp』の特徴。上司と部下、先生と生徒などドキドキするような恋物語が無料で楽しめます。

無料対象の作品は公式サイトの左側にある「無料・お得作品」のジャンルからチェックできます。読みたい作品をクリックすればブラウザですぐに閲覧可能。TL作品以外にも名作、人気作などいろいろ用意されているのでぜひチェックしてみてください。

『コミック.jp』で漫画を読む

『めちゃコミック』はオリジナル作品が豊富

CMでもおなじみの『めちゃコミック』では、1万以上の無料作品があります。50話・300話まで読み放題で楽しめるなど大量に配信される読みごたえ抜群のサービスも。人気作品だけでなく『めちゃコミック』のオリジナル作品も配信中です。

また、1巻当たりの料金がリーズナブルなのも『めちゃコミック』の特徴。漫画1巻は約10話前後収録されていますが『めちゃコミック』では1話当たり30ポイントで購入可能。漫画の相場は500円前後ですが『めちゃコミックなら』1巻300円前後で購入できます。

『めちゃコミック』で漫画を読む

『マンガUP!』なら好きな作品が探しやすい

『マンガUP!』は基本無料で利用できる電子書籍サービスです。Google PlayもしくはApp Storeから専用アプリをダウンロードすれば多様な漫画が無料ですぐに楽しめます。

漫画を読むにはMP(マンガポイント)が必要。MPは8時と20時に120ポイント付与されますが120ポイント以上は貯めておけません。1チャプターよむのに30ポイント使うので上限の120ポイントがあれば4チャプターが無料で楽しめます。

株式会社スクウェア・エニックスが運営しているため信頼性も抜群。フリーワードや人気ジャンル検索などを使って、さまざまな作品のなかから好きな作品を探してみましょう。

『マンガUP!』で漫画を読む

『FANZAブックス』ならアダルト作品が無料

DMM.comが運営するアダルト作品専門の電子書籍サービス『FANZA(ファンザ)ブックス』では月額1,480円(税込)で5万冊以上のアダルトコミックが読み放題です。

期間限定で読み放題が無料で試せるキャンペーンなどを実施しているので、その期間をうまく活用すれば大人向け作品が無料で楽しめます。ただし無料キャンペーンは期限が過ぎると自動で有料プランに切り替わるため、期限内に解約手続きを忘れないようご注意ください。

また、会員登録不要で読める無料作品もあるので個人情報を入力するのが不安な方はそちらをご利用ください。アダルト以外の作品も楽しみたい方は姉妹サイトの『DMMブックス』もおすすめです。

『FANZAブックス』で漫画を読む

『まんが王国』は名作漫画が無料でじっくり読める

いろいろな漫画を無料でじっくり楽しみたいなら、『まんが王国』がピッタリ。新作から名作まで3,000冊以上の無料作品があるので、暇つぶしや休日のリラックスタイムに楽しめます。

『まんが王国』の無料作品は会員登録なしでも閲覧可能ですが、会員登録すれば読める無料作品がさらに増えます。会員登録自体にお金はかかりません。

「漫画をとことん無料で読みたい!」という方は、『まんが王国』の会員登録手続きをしておきましょう。

『まんが王国』で漫画を読む

『マンガワン』ならアプリで無料漫画が読める

『マンガワン』を運営しているのは児童書から青年漫画まで出版している小学館です。閲覧には専用アプリが必要ですが、人気作品やオリジナル作品が手軽に読めるのが魅力。

『マンガワン』で漫画を読む際にはライフを使用します。ライフとは『マンガワン』のアプリ内通貨のようなもの。ライフ1つで1話分が読めます。

ライフは午前9時と午後9時にそれぞれ4つずつ付与されるので1日最大8話分が無料で読めるということです。毎日ログインしてお得に漫画を楽しみましょう。

『マンガワン』で漫画を読む

無料漫画を安全に読めるサイトはたくさんある!

無料で漫画が読める安全なサイトはいろいろあります。海賊版サイトとは違いウイルス感染や罰則・逮捕などの心配はないので、安心してご利用ください。

無料で漫画を読む主な方法は、「無料作品を読む」「サンプルを読む」「読み放題の無料期間を使う」の3パターン。自分に合った方法で無料漫画を堪能しましょう。

こちらの記事もおすすめ

Appliv TOPICS

関連記事

完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る