アプリ&レビュー

2020/11/05

NTTドコモがeスポーツ事業に参入 「PUBG MOBILE」や「League of Legends:Wild Rift」の大会を運営 賞金総額3億円以上に

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が、eスポーツ事業へ参入し、2021年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始することを発表しました。

NTTドコモ( @docomo )さんより、RiotGamesとのパートナーシップについて発表されました #ワイルドリフト の大会を2021年に開催予定となっています
詳細はまた後日発表します!お楽しみに #ワイリフ pic.twitter.com/BNU9kkGiK7

— Riot Games Japan (@RiotGamesJapan) November 5, 2020

以下、リリース引用。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、「eスポーツ」事業へ参入し、2021年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始いたします。

ドコモは、世界的に人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE(ピーユービージーモバイル)」のeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営を開始。プロ契約を行った選手に参戦いただき、年間を通じて試合を開催いたします。

また、2021年にはRiot Games(合同会社ライアットゲームズ)とのパートナーシップにより、「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定しています。
世界的に人気のゲームはもちろん、5Gにより今後のモバイルゲームの市場拡大も視野にゲームタイトルを増やしていきます。

「eスポーツ」の日本における市場規模は、2019年から2022年で約2倍に拡大すると想定されており、成長が見込まれる産業です。
近年主流になりつつあるオンライン対戦など、ネットワークを介して他者と一緒にゲームを楽しむスタイルは、5Gによりさらに大きく加速していくと考えています。5Gを活用した、より臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供し、人気ゲームタイトルを用いたeスポーツリーグを開催することで、eスポーツ産業を盛り上げていきます。

なお、これらのeスポーツリーグおよび大会開催にあたり、チームオーナー、スポンサーを募集します。

ドコモは、日本におけるeスポーツ市場の拡大に貢献するため、プレイヤーや視聴者に対してよりリアルな感動や熱狂を提供し、世界レベルの選手を多数輩出できるeスポーツリーグの運営をめざします。

eスポーツリーグ、大会の概要、チームオーナーおよびスポンサーの募集は、公式ページをご覧ください。

公式ページ:「eスポーツ」事業に参入

eスポーツプレス

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る