アプリ&レビュー

2022/06/14

「那須川天心vs武尊」のライブ・見逃し配信を安く見るならAbemaプレミアム!

「那須川天心vs武尊」の注目の試合が見られる「THE MATCH 2022」は、2022年6月7日(火)に開催決定! 2015年から切望されてきたビッグマッチは「Abemaプレミアム」のみで配信されます。

・「那須川天心vs武尊」のライブ配信を観たい
・「那須川天心vs武尊」の見逃し配信を見たい
・「那須川天心vs武尊」の結果発表後にじっくり観戦したい
・「THE MATCH 2022」を全試合視聴したい

このような要望・悩みを抱えている人は必見です! ほかにも「那須川天心vs武尊」のチケット特典やほかの選手による勝敗予想なども取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

※フジテレビでの地上波放送はなくなりました。

「THE MATCH 2022」のライブ配信&見逃し視聴なら「Abemaプレミアム」がおすすめ

「Abemaプレミアム」なら「THE MATCH 2022」のチケットを安く買える!

出典元:Abemaプレミアム

東京ドームでの観戦チケットは安くても15,000円。これに対して「Abemaプレミアム」のPPVは5,500円です。現地のVVIP最前列席(チケット料金300万円の席)と同じアングルで試合を楽しめる“300万シートアングル”にて、全試合を視聴できます。

またAbemaプレミアム会員の方なら通常5,500円のところ4,392円で購入できます。

さらに応援チケット特典では試合前後の交流会やセコンドカメラ、控え室カメラ、直前スパーリングの独占公開などファンなら嬉しい特典が盛りだくさん! 詳細は「Abemaプレミアム応援チケット」に記載しています。

AbemaプレミアムPPVのメリット
  • 「THE MATCH 2022」の全試合を見られる
  • チケット料金4,392円と安く買える
  • VVIP最前列席(300万)と同じアングルで試合楽しめる
  • 応援チケットの特典で試合の裏側も楽しめる!

「Abemaプレミアム」でのチケット購入方法

「Abemaプレミアム」では14日間の無料体験が実施中。無料期間中に解約すれば月額料金がかからないため、チケット料金の4,392円のみで試合を見られます。

1.Abemaプレミアムにアクセス

まずは「Abemaプレミアム」にアクセス。「¥0トライアル」をクリックして、手続きを進めましょう。

Abemaプレミアムにアクセス

2.メールアドレス・パスワードを設定する

3.認証コードを入力

設定したメールアドレス宛に認証コードが届くので、コピーして入力しましょう。

4.支払い方法を入力

クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いの4つから支払い方法を選択します。

5.ホーム画面から「THE MATCH 2022」と検索

6.「THE MATCH 2022」の画面から「購入する」を選択

一般プレミアムチケットのほか、那須川天心選手、武尊選手の応援チケットもこちらの画面で選べます。

7.コインを購入して、チケット購入

チケットの購入にはコインが必要です。登録した支払い方法でコインを買ったのち、チケットが買えます。

14日間の無料体験期間中がすぎると月額料金が発生します。「那須川天心vs武尊」の試合のみ楽しみたい人は解約を忘れずに済ませましょう。

解約について詳しくはこちら

「Abemaプレミアム」のサービス概要

「ABEMAプレミアム」とは、無料の動画配信サービス「ABEMA(アベマ)」の有料会員プランです。

ドラマ、アニメ、映画、韓流、音楽、スポーツなど幅広いジャンルの動画を配信しており、月額960円(税込)で見放題。特にオリジナル作品は高校生から20代までの若年層に人気です。

「ABEMA」では動画の途中に広告が流れていたものが、「ABEMAプレミアム」では広告なしで視聴できるため、ストレスフリー。「追っかけ再生」や「コメント」など、便利で楽しい機能が充実していることもポイントです。

詳しくはこちらをチェック

「THE MATCH 2022」の情報まとめ

「THE MATCH 2022」の大会情報

東京ドームに5万人の大観衆を集めて行われる注目イベント「THE MATCH 2022」。RIZE、RIZIN、K-1の各格闘技団体からそれぞれ最強を極めた男たちが集結する、この日限りのドリームマッチです。日本のエンタメ史上最高額”300万円”の座席が完売し、話題を呼んでいます。

格闘技ファンが待ち望んだ世紀の一戦「那須川天心vs武尊」のメインイベントは見逃せません!

試合が見られるのはAbemaプレミアムのみ

「那須川天心vs武尊」の試合のみフジテレビで地上波放送予定でしたが、放送しないことが決定しました。

フジテレビ公式HPでは「6月19日(日)の「THE MATCH 2022」は、主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせいたします。」との記載があります。

そのため試合が見られるのは「Abemaプレミアム」のみです。

「THE MATCH 2022」のチケット料金

東京ドーム

前売りチケットは完売していますが、チケット追の加販売が発表されました。5月21日(土)10:00よりイープラス、チケットぴあ、ローソンチケットにて追加席を販売しています。

イープラス
チケットぴあ
ローソンチケット(申込みはスマホのみ)

座席料金一覧

座席 料金
VVIP 1列席 3,000,000円
(特典つき)
VVIP 2列席 2,000,000円
(特典つき)
VVIP 3列席 1,000,000円
(特典つき)
VIP席 300,000円
(特典つき)
SRS席 100,000円
RS席 50,000円
SS席 30,000円
S席 25,000円
A席 15,000円

Abemaプレミアム一般チケット

ABEMAプレミアムのPPVは税込5,500円(4,580コイン)で購入できます。なおABEMAプレミアム会員は20%OFFの税込4,392円(3,660コイン)と破格。

現地で見るには少なくとも15,000円必要なので、10,608円もお得です。

第1試合からメインの「那須川天心vs武尊」までを見られることに加え、「VVIPアリーナ1列席」の300万円シートと同じアングルを体験できる「マルチアングルカメラ」で視聴可能!。

Abemaプレミアム応援チケット

Abemaプレミアムでは那須川天心選手・武尊選手それぞれの応援チケットが販売中。2選手とも価格は税込7,700円(6,410コイン)。

ABEMAプレミアム会員であれば20%OFFの税込6,160円(5,120コイン)になります。こちらの応援チケットでは以下6つの特典があります。

応援チケットの6大特典
  • ファンと選手がつながる“ラストセッション”
  • 直前スパーリング独占公開
  • 計量密着生中継
  • 控室カメラ
  • 日本史上初の「セコンドカメラ」
  • 試合直後の交流会独占生中継

試合直前のスパーリングや計量、控え室カメラ、セコンドカメラ、交流会などファンなら見てみたい姿を全て配信しています。

また''ラストセッション"では、試合前にファンと選手が繋がり、試合に向けて選手へ応援メッセージを贈ることができます。さらに豪華なゲストも参加予定です。

「THE MATCH 2022」の対戦カード

「THE MATCH 2022」の対戦カードを紹介します。なお試合順は現時点では未定ですが、注目の「那須川天心vs武尊」は21:00からの配信を予定しています。

「THE MATCH 2022」の試合一覧

対戦カード
那須川天心vs武尊
山下力也vsシナ・カリミアン
那須川龍心vs大久保 琉唯
山田洸誓vs安保瑠輝也
内田雄大vsマハムード・サッタリ
江幡睦vs璃明武
笠原友希vs中島千博
海人vs野杁正明
"ブラックパンサー"ベイノアvs和島大海
原口健飛vs山崎秀晃
白鳥大珠vsゴンナパー・ウィラサクレック
YA-MANvs芦澤竜誠
志朗vs玖村将史
鈴木真彦vs金子晃大
風音vs黒田斗真

那須川天心vs武尊

出典元:ABEMA

那須川天心選手の獲得タイトル
・RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者
・初代RISE世界フェザー級王者
・第6代RISEバンタム級王者
・BLADE FC JAPAN CUP 55kg 2015 トーナメント優勝
・RIZIN KICKワンナイトトーナメント(57kg)2017優勝
・ISKAオリエンタルルール 世界バンタム級王者
・ISKAフリースタイルルール 世界フェザー級王者

武尊選手の獲得タイトル
・第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者
・初代K-1 WORLD GPフェザー級王者
・初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者
・初代Krushフェザー級王者

山下力也vsシナ・カリミアン

出典元:ABEMA

山下力也選手の獲得タイトル
・第9代MA日本キックボクシング連盟ヘビー級王者
・第5代ACCELヘビー級王者

シナ・カリミアン選手の獲得タイトル
・初代・第3代K-1 WORLD GPクルーザー級王者
・WKNアマチュア世界ヘビー級王者
・WKUアマチュア世界ヘビー級王者
・IKNアマチュア世界ヘビー級王者
・WKFアマチュア世界ヘビー級王者
・IFMAアマチュア・ムエタイ世界ヘビー級王者

那須川龍心vs大久保 琉唯

出典元:ABEMA

那須川龍心選手の獲得タイトル
・2021年RISE Nova 全日本大会 -55kg級トーナメント 優勝
・Stand Up Aクラストーナメント-55キロ級 優勝
・2021年RISE NovaジュニアAクラストーナメント-50kg級優勝

大久保 琉唯選手の獲得タイトル
・K-1甲子園2021 -55kg王者
・第11回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -55kg優勝
・第37回K-1アマチュア チャレンジAクラス -55kg優勝

山田洸誓vs安保瑠輝也

出典元:ABEMA

山田洸誓選手の獲得タイトル
・第4代RISEスーパーライト級王者

安保瑠輝也選手の獲得タイトル
・第4代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者
・K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント準優勝

内田雄大vsマハムード・サッタリ

出典元:ABEMA

内田雄大選手の獲得タイトル
・HOOST CUP日本ヘビー級王者

マハムード・サッタリ選手の獲得タイトル
・K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント優勝
・第2代Krushクルーザー級王者
・M-1世界ヘビー級王者
・WAKOアマチュアムエタイ世界ミドル級王者
・ムエタイ プレジデントカップ2012 優勝
・ムエタイ アジアンビーチゲーム2014 優勝
・ムエタイ アジアインドア&マーシャルアーツ 2017優勝

江幡睦vs璃明武

出典元:ABEMA

江幡睦選手の獲得タイトル
・WKBA世界バンタム級王者
・第5代新日本キックボクシング協会フライ級王者

璃明武選手の獲得タイトル
・第7代Krushスーパー・バンタム級王者
・K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント第三位
・第19回K-1アマチュア チャレンジAクラス -55kg優勝

笠原友希vs中島千博

出典元:ABEMA

笠原友希選手の獲得タイトル
・第16代SB日本スーパーフェザー級王者
・第5代SB日本フェザー級王者

中島千博選手の獲得タイトル
・第10代Krushスーパー・フェザー級王者
・極真会館2017年第34回全日本ウエイト制 軽重量級 優勝
・極真会館2017年オールアメリカン大会無差別級 3位
・極真会館2018年USウエイト制 軽重量級 優勝

海人vs野杁正明

出典元:ABEMA

海人選手の獲得タイトル
・SB日本スーパーウェルター級1位
・S-cup2018世界王者
・第12代SB日本スーパーライト級王者
・初代KNOCK OUT-BLACKスーパーウェルター級王者
・第2代REBELS-BLACKスーパーウェルター級王者

野杁正明選手の獲得タイトル
・第2代K-1 WORLD GPウェルター級王者
・第2代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者
・K-1 WORLD GP 2016 -65kg 日本代表決定トーナメント準優勝
・第2代Krushウェルター級王者
・Krush YOUTH GP 2011王者
・K-1甲子園2009王者
・NDC -66kg王者
・Road to GLORY JAPAN -65㎏SLAM王者
WBCムエタイ日本スーパー・ライト級王者
2009全日本新空手K-2軽量級王者

"ブラックパンサー"ベイノアvs和島大海

出典元:ABEMA

"ブラックパンサー"ベイノア選手の獲得タイトル
・第2代RISEウェルター級王者

和島大海選手の獲得タイトル
・第4代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者
・K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント準優勝
・第1回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -70kg優勝
・第6回K-1アマチュア チャレンジAクラス -70kg優勝

原口健飛vs山崎秀晃

出典元:ABEMA

原口健飛選手の獲得タイトル
・RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝
・第6代RISEライト級王者

山崎秀晃選手の獲得タイトル
・第5代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者
・K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント優勝
・第4代Krushスーパー・ライト級王者
・第3代Krushライト級王者
・Krush-63kg WILDRUSH League 2012優勝

白鳥大珠vsゴンナパー・ウィラサクレック

出典元:ABEMA

白鳥大珠選手の獲得タイトル
・RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者
・第5代RISEライト級王者
・RIZIN KICK ワンナイトトーナメント優勝

ゴンナパー・ウィラサクレック選手の獲得タイトル
・第4代K-1 WORLD GPライト級王者
・第5代Krushライト級王者
・K-1 WORLD GP初代ライト級王座決定トーナメント第三位
・WPMF世界スーパー・ライト級王者

YA-MANvs芦澤竜誠

出典元:ABEMA

YA-MAN選手の獲得タイトル
・2018年 RISING ROOKIES CUP フェザー級準優勝

芦澤竜誠選手の獲得タイトル
・K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント第三位
・第3代INNOVATIONフェザー級王座

志朗vs玖村将史

出典元:ABEMA

志朗選手の獲得タイトル
・RISE DEAD OR ALIVE 2021 -55kgトーナメント優勝

玖村将史選手の獲得タイトル
・第6代Krushスーパー・バンタム級王者
・K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント準優勝
・K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント準優勝

鈴木真彦vs金子晃大

出典元:ABEMA

鈴木真彦選手の獲得タイトル
・第7代RISEバンタム級王者

金子晃大選手の獲得タイトル
・第3代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者
・第3代Krushバンタム級王者
・第2回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス-55kg優勝

風音vs黒田斗真

出典元:ABEMA

風音選手の獲得タイトル
・RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝

黒田斗真選手の獲得タイトル
・K-1 WORLD GP 2021 K-1バンタム級日本最強決定トーナメント優勝

「那須川天心vs武尊」について

那須川天心選手のプロフィール

あと1ヶ月 俺は負けない いや 俺たちは絶対に負けない みんなで チームで勝つぞ#THEMATCH2022 #Cygames#RISE pic.twitter.com/fuDqRzWhFG

— 那須川 天心 (@TeppenTenshin) May 19, 2022
氏名 那須川天心(なすかわ てんしん)
年齢 23歳
出身地 千葉県松戸市
身長 165cm
体重 58kg
特徴 サウスポー
戦績 41戦 41勝 (28KO) 無敗
獲得タイトル RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者
初代RISE世界フェザー級王者
第6代RISEバンタム級王者
BLADE FC JAPAN CUP 55kg 2015 トーナメント優勝
RIZIN KICKワンナイトトーナメント(57kg)2017優勝
ISKAオリエンタルルール 世界バンタム級王者
ISKAフリースタイルルール 世界フェザー級王者

武尊選手のプロフィール

いつも応援してくださる皆様へ
少し前にも書きましたが
ここから心と身体が限界になっていくと思うので
SNSやLINEを少しお休みしようと思います。

僕の人生を左右する大勝負になると思うので
必ず勝つ為に全てを懸けて
残り1ヶ月半過ごしたいと思います。
引き続き応援よろしくお願いします! pic.twitter.com/HKXPW4KSq9

— 武尊 takeru (@takerusegawa) April 30, 2022
氏名 武尊(たける)
年齢 30歳
出身地 鳥取県米子市
身長 168cm
体重 58kg
特徴 オーソドックス
戦績 41戦 40勝 (24KO) 1敗
獲得タイトル 第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者
初代K-1 WORLD GPフェザー級王者
初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者
初代Krushフェザー級王者

試合成立のきっかけ

2015年8月1日、那須川天心が大田区総合体育館で開催されたBLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015に参戦し優勝。試合後のマイクアピールで「まだ国内で1人やりたい選手がいる。K-1の武尊選手、かかってこいやって感じです」とコメントし、武尊との対戦をアピールした。同年8月5日、武尊は会見を開き所持していたKrushフェザー級王座を返上し、K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王座の防衛に専念することを表明、会見上で那須川からの対戦アピールについて質問が飛び「僕がK-1の世界チャンピオンになってから、世界中から僕と戦いたいとの声が届いていると聞いています。その中の一人としか思っていない。K-1で試合が組まれるならいつでもやってやる。K-1の世界チャンピオンは世界一強いと自負しているので、誰とやっても負けない。必ず倒す自信があります」と、K-1で試合が組まれれば受けて立つと語った。

2015年11月21日、国立代々木競技場第二体育館で開催されたK-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~にて、K-1 WORLD GP スーパーバンタム級王座を防衛しリング上で「僕、大みそかめっちゃ暇なのでよろしくお願いします」と語った武尊に、観客席にいたRISEバンタム級&BLADE-55kg王者の那須川が花道に歩み寄り、握手を求めて「大みそかで(戦いましょう)」と対戦を直訴した。


????#THEMATCH2022 参戦選手
????強化合宿トレーニングシーン


????ビッグミット????
那須川天心 @TeppenTenshin

????2022.6.19
????12:00開場/14:00開始
????東京ドーム#天心武尊#RISE #THEMATCH2022 pic.twitter.com/vwxRmtgKxi

— RISE OFFICIAL (@RISE_2003) May 23, 2022

2017年12月31日、那須川がRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUNDの「Cygames presents RIZIN KICK ワンナイトトーナメント」に出場し優勝。試合後のマイクアピールで「皆さん誰と見たいですか?」とファンに問いかけると、大勢のファンから「武尊!」と名前が上がり、これを聞いた天心は「皆さんのこの歓声の声が答えだと思うんで、是非来年中にやりましょう」と武尊へ対戦を呼び掛けた。

2018年6月12日、K-1が那須川、その父、RIZIN運営会社を民事訴訟で訴えていると週刊新潮が報じた。上述の2017年12月31日に那須川が「皆さん誰と見たいですか?」と発言して観客に「武尊」と言わせたことが他団体の興行に対する不当な介入にあたるなどし、営業妨害によってイメージダウン、スポンサーが離れたという。これにより、那須川は武尊との対戦希望を積極的に口にしなくなる。

2018年12月8日、エディオンアリーナ大阪で開かれたK-1 WORLD GPスーパーフェザー級タイトルマッチで武尊は皇治に判定勝ちを収めた後のマイクアピールで「格闘技界を背負う、変えるとずっと言ってきているので、時期はわからないが、必ず実現させたいと思っている」と間接的に那須川戦への意欲を語った。

2019年9月16日、RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament 決勝で那須川は志朗に判定勝ちを収めた後のマイクアピールで「武尊選手、自分にはやりたいことがたくさんあります。僕は逃げも隠れもしないです。さっさと正式な話をください。俺は待ってます」と武尊へ対戦を呼びかけた。

試合まで残り三週間
絶対勝つ。 pic.twitter.com/IQzQ564YO1

— 武尊 takeru (@takerusegawa) May 29, 2022

2019年12月23日発売のFight&Life Vol.76でのインタビューで「それをやらないと、現役を終われないと思ってるんで。来年それがやれなければ、たぶん僕はそのままやめると思います。」とこの1戦が実現しなかった場合は引退を示唆する発言をした。

2020年12月31日、RIZIN.26において武尊が5年ぶりにRIZINに姿を現し、那須川天心の試合をリングサイドで生観戦。試合後に那須川と言葉を交わす。観戦後の公式会見において、武尊自身は今回のRIZIN観戦は那須川戦に向けた意思表示だと発言した。

2021年3月28日、日本武道館で開催されたK’FESTA.4 DAY.2の武尊の試合を那須川がリングサイドで観戦した。武尊はKO勝利のリング上で、那須川が見守る中「天心選手と最高の舞台で最高の試合をしたいです」とマイクで語るも、那須川は対戦の可能性について「まだ何も決まっていません。話もこれからです」と語るにとどめ、囲み会見を行うこともなく、即座にタクシーで帰宅した。

2021年6月1日、RIZINの榊原信行CEOが記者会見を行い、6月13日に東京ドームを押さえ両者の試合を実現させる予定であったが、上述の試合で武尊が右拳を負傷した為実現に至らず、RIZIN.28を開催することになったとの経緯を語った。翌日、K-1の中村拓己プロデューサーが囲み取材を行い、中立なリングでの試合に向けて調整に入っていたとの補足説明を行った。

出典元:Wikipedia

ほか選手らの勝敗予想

格闘技ファン注目のビッグイベント「那須川天心vs武尊」の試合は、さまざまなファイターたちによる勝敗予想動画が続々とあがっています。

彼らの戦いをどのような視点で読み解いているのか。観戦前後に目を通していくと違った面白さを発見できるので、ぜひ気になる人は一度覗いてみてください。

朝倉未来さん(予想は19:32〜)

魔裟斗さん、武蔵さん

京口紘人さん

よくある質問

「那須川天心vs武尊」を見るなら「Abemaプレミアム」一択!

「那須川天心vs武尊」などの試合が見られる「THE MATCH 2022」の配信は「Abemaプレミアム」のみ。

さらに応援チケットを購入すれば、直前スパーリングやセコンドカメラなどファンなら見てみたい特典が盛りだくさんです。

「Abemaプレミアム」をはじめて利用する人なら、14日間無料でお試し利用が可能。「THE MATCH 2022」の動画に限らず、バラエティや映画、ドラマなどが見放題・読み放題で楽しめるので、ぜひ検討してみてください。

こちらの記事もおすすめ

Appliv TOPICS

関連記事

完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 完全無料のLINEスタンプまとめ 隠しスタンプ・無条件スタンプ【12月27日更新】 LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINEの裏技・小ワザ52個 知ってると便利な使い方まとめ LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド LINE(ライン)の使い方まとめ 初心者も失敗しない完全ガイド

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る