アプリ&レビュー

2021/08/04

楽天が独1&1社の完全仮想化ネットワーク構築支援、約10年契約で

 楽天グループは、独1&1社と携帯電話ネットワークの構築に関する長期的なパートナーシップを締結することで合意した。

1&1社とは

 1&1社は、携帯電話サービスや固定電話サービスを手掛けるドイツの通信企業。同社Webサイトの沿革によれば、1988年に創業し、ドイツ国内で固定通信サービスを展開した同社は、1998年にはフランクフルト証券取引所へ、最初に上場したインターネット企業となった。

 2010年には、ボーダフォンとドイツにおける最初のMVNO契約を締結し、携帯電話サービスをスタート。2019年にはドイツの5G周波数オークションに参加。楽天によれば、その後、1&1社自身のモバイルネットワークの構築が始まっており、今年5月にはスペインのテレフォニカとドイツ国内におけるローミング契約を締結していた。

受注額は非開示、楽天モバイルとは別設備に

 今回のパートナーシップは、2030年ごろまで。受注額は非開示。

 1&1社が楽天の「Rakuten Communications Platform」(RCP)が包括的に採用されたとのことで、特定のベンダーに依らず、完全仮想化モバイルネットワークおよびO-RANによる携帯電話ネットワークを構築できるようにする。マルチベンダーでの構築となるが、どのベンダーを採用するかは、1&1側が最終的に決める。

 楽天は、1&1の既存ネットワークの構築を引き継ぐ。コアネットワークは、4つの中欧データセンターの設置が計画されているとのことで、ドイツ国内にある数百の分散型データセンターと繋がり、そこへさらに数千の基地局が光ファイバーでつながる。データセンターと光ファイバーは1&1の姉妹会社という1&1 ヴェルサテルが提供する。日本の携帯電話事業である楽天モバイルのコアネットワークとは別の設備での運用となる。

「Rakuten Syphony」

 あわせて楽天グループでは、通信プラットフォーム事業や関連の子会社を集約する新部門「楽天シンフォニー」(Rakuten Symphony)を設立すると発表した。

 4日に買収が発表されたアルテオスター社、RCP事業などが集約され、グローバルで通信ソリューションを展開する。

 楽天モバイルは、日本における携帯電話サービスの事業会社となる。

ケータイ Watch

関連記事

楽天グループ決算、三木谷氏「モバイル事業は十分利益が出る」 楽天グループ決算、三木谷氏「モバイル事業は十分利益が出る」 楽天モバイル、UAEの通信事業者とネットワーク開発に関する覚書締結RCPを活用したモバイルブロードバンドとOpen RANのリファレンスデザイン開発 楽天モバイル、UAEの通信事業者とネットワーク開発に関する覚書締結RCPを活用したモバイルブロードバンドとOpen RANのリファレンスデザイン開発 楽天モバイル、シンガポールに子会社を設立――「Rakuten Communications Platform」の国際的な開発・販売拠点 楽天モバイル、シンガポールに子会社を設立――「Rakuten Communications Platform」の国際的な開発・販売拠点

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る